膝関節リハビリテーション スクリューホームムーブメント 臨床への活用

膝関節のリハビリテーションにおいて、完全伸展位が取れるためには、スクリューホームムーブメントが起こらなければいけません。 多くはPT(理学療法士)だと思いますが、この動きが出来るようになるために、徒手的なアプローチや筋力…...

ウォーキング療法士として、社会貢献できる可能性が十分にある。〜東京大学石井直方教授。独占インタビュー報告Vol.3〜

前回、前々回に引き続き、筋肉博士こと東京大学石井直方教授に、IAIRの森本とシドニーオリンピック競歩日本代表の柳澤哲さんで、独占インタビューをさせていただきました。 前々回の記事はこちら。 「筋肉博士こと東大石井直方教授…...

距離感

リハ職が他の職種と決定的に違うたった1つのこと【5年目を過ぎた療法士の君へ】(27)

新人「はぁ……」 先輩「ん?どうしたの?」 新人「ええと……色々自信が無くなってきて……」 先輩「まあ、まだ二週間だし、今から落ち込んでても仕方ないよ。ねぇ?」 後輩「いやいや先輩、そうじゃないですって」 先輩「そうなの…...

ウォーキングが健康に及ぼすエビデンスとは!?〜東京大学石井直方教授。独占インタビュー報告Vol.2〜

前回に引き続き、筋肉博士こと東京大学石井直方教授に、IAIRの森本とシドニーオリンピック競歩日本代表の柳澤哲先生とともに、独占インタビューをさせていただきました。 前回の記事はこちら。 「ウォーキングの価値、魅力とは?〜…...

【IAIRニュース】パーキンソン病の原因タンパク質検出について/適正体重でも代謝異常に注意が必要

本日はリハビリの臨床と関係のありそうな、気になるニュースを2つお届けします。   1)パーキンソン病の原因タンパク質凝集体を脳脊髄液から検出   パーキンソン病の原因タンパク質と示唆されているα-シヌ…...

Scroll to top