沿革

 

2011年

「統合的リハビリテーションアプローチ(IRA)研究会」として創立。

4月

「一般社団法人 日本 Integrative Rehabilitation 協会」として登記。

初代会長に作業療法士仲村ケイが就任。「包括的リハビリテーションアプローチ」を提唱する。

9月

骨盤調整をメインとした研修会を初開催、その後、東北、関東、関西、沖縄地区にて講義を開始。

10月

「機能障害の治療ができる作業療法士講座」開催。ほか、骨盤、脊柱を中心とした骨格系テクニックの講義を多数開始。

11月

多数の単回講義を行うなか、スクール型講義にシステム構築していく。

12月

「第1期IRA研究会認定インストラクター養成講座」にて全国に10余名のインストラクターが誕生する。

 

2012年

1月

「(社)JIR協会認定プラクティショナー養成講座」として認定コースを開始。
DVD教材のリリース開始。
(社)JIR協会の支部として、東北支部、関東支部、東海支部、関西支部を発足。

9月

「IRAインストラクター総会」第1回開催。

 

2013年

1月

第1期BASICプラクティショナーが誕生する。

2月

「IRAインストラクター総会」第2回開催。

 

2014年

7月

名称を「国際統合リハビリテーション協会:IAIR」に変更。

理念を「患者様の為に結果が出せる療法士の育成」、「統合医療とリハビリテーションの融合」とする。

IAIRの支部として、北陸支部、東北支部、関東支部、東海支部、関西支部を発足。

 

2015年

4月

北海道(札幌)での認定講義開始。

5月

「(社)JIR協会認定複合的腰痛アプローチ法 ILPTインフォメーションセミナー」として、認定セミナー開始。  7月 九州(福岡)での認定講座開始。

8月

「第一回国際統合リハビリテーション学術大会~今こそリハビリテーションに求められる統合医療的視点~」開催。

9月

2代目会長に理学療法士森本義朗が就任。

11月

「IAIRインストラクター総会」第3回開催。

 

2016年

8月

「(一社)国際統合リハビリテーション協会」として名称変更。

9月

「IAIRインストラクター総会」第4回開催。

日本作業療法士協会の関連学会に登録。

10月

副会長に作業療法士齋藤信が就任。

「第二回国際統合リハビリテーション学術大会~リハビリテーションにおける統合医療の実践~」開催。

12月

第20回日本統合医療学会にて会長森本、東北支部代表渡邉、東海支部代表比嘉が登壇。

 

2017年

1月

第13回統合医療展2017にて会長森本が登壇。

演題名「リハビリ専門職による、リハビリを受けるからだにならないためのコツ

 

4月

理念を「夢の探求 学問の探究」に変更し、ビジョンも以下のように変更する。

1. クライアントと自分自身の両面を整え、より先を見つめることのできる人材を育成し、社会に貢献していきます。

2. 学問を追求し続け、統合していくことで見える真実を探求し、受講生と共に「人格」と「能力」を育んでいきます。

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?