動作の中で「踏ん張る」という相は存在しない。〜脳血管疾患の動作について〜

脳血管疾患は、リハビリテーションを行うにあたり色々な要素が関わるため介入に難渋する代表的な疾患です。   麻痺そのものの問題が多く取り沙汰されますが、私達が実際に関わっているのは、「麻痺を抱えた状態で、どうやって動くか?…...

Scroll to top