働き方を選ぶための療法士の資質

医療保険でのリハビリテーション算定に日数期限が設けられ、多くの利用者が介護保険への移行を余儀なくされています。 リハビリの算定日数180日(整形疾患150日)を超えての同サービスを利用する場合には、介護保険での利用が原則…...

予防や健康増進という考えを医療介護の現場に

“予防”という言葉が社会全体で謳われています。 経済産業省が試算した予防の投資効果(医療費・介護費、労働力、消費)を見てみますと、予防を行った場合の2034年の60歳以上の医療費・介護費への影響は下のグラフのようになりま…...

「歩いて発見!となみ野サマーチャレンジ2019」応援のご協力依頼

IAIRが心から推し進めるもののひとつにウォーキング療法士というものがあります。 ウォーキング療法士という資格は、厚生労働省や経済産業省などでの活動報告も済ませていてなおかつ活動内容も理解されている、社会にとって必要不可…...

ウォーキング療法士として、社会貢献できる可能性が十分にある。〜東京大学石井直方教授。独占インタビュー報告Vol.3〜

前回、前々回に引き続き、筋肉博士こと東京大学石井直方教授に、IAIRの森本とシドニーオリンピック競歩日本代表の柳澤哲さんで、独占インタビューをさせていただきました。 前々回の記事はこちら。 「筋肉博士こと東大石井直方教授…...

ウォーキングが健康に及ぼすエビデンスとは!?〜東京大学石井直方教授。独占インタビュー報告Vol.2〜

前回に引き続き、筋肉博士こと東京大学石井直方教授に、IAIRの森本とシドニーオリンピック競歩日本代表の柳澤哲先生とともに、独占インタビューをさせていただきました。 前回の記事はこちら。 「ウォーキングの価値、魅力とは?〜…...

Scroll to top