勉強しないで勉強する方法【臨床共育】(33)

勉強しないで勉強する方法

ふと思ったのだが……もっと勉強が楽しくなる方法はないものだろうか。IAIRでは講義中に様々なワークを行う。もちろん技術研修なので、テクニックができるようになるものが中心。だが中には、自己紹介であったり、連想ゲームだったり […]

格差拡大? いる療法士、いらない療法士【臨床共育】(32)

いる療法士

いる社員、いらない社員とは最近のプレジデント誌のタイトル。タイトルを見ていたら「これが療法士に置き換わったら一体どうなるのだろう」筆者は思った。近年、SNSで様々な発信をしている療法士が増えるなか、今のリハビリ業界に対し […]

学問の探究は最適な提案の為に!【臨床共育】(30)

リハビリ

前回はIAIRの理念のうち「夢の探求」について紐解いていった。夢は誰でもみることはできる。誰に迷惑をかけるものではない。だが、夢を実行に移そうとすればそこに責任が生まれる。最も身近で今すぐできる事、自分との約束を守ること […]

いい療法士の条件とは?【臨床共育】(28)

いい療法士の条件

療法士とは○○であるべきである。××ができないなら療法士じゃない。△△は療法士らしくない。 療法士25万人時代として、IAIRでも過去に日本理学療法士協会、日本作業療法士協会、日本言語聴覚士協会の掲げる職業倫理規定をもと […]