ドーパミン活性で『思い出せない症状』が改善される!?

ドーパミン活性で『思い出せない症状』が改善される!?

ドーパミン活性で『思い出せない症状』が改善される!?

 

  

こんにちは!梅雨のジメジメで洗濯物干しが億劫になる(笑)MART認定講師、理学療法士の山田佳世です。

 

 

梅雨のどよっとした雰囲気を吹き飛ばすため、MARTでは本日7月9日から【オンライン復習講座】が始まります。

新しい情報や、1回だけでは理解が難しかった部分のブラッシュアップ、MARTならではの香りの嗅ぎ比べセット付き!(初級と中級で12種類!)

参加される皆さんは、有意義に時間を使い、楽しんでブラッシュアップしていきましょう!

 

 

さて、話は変わりまして、2019年の終わり頃にリハビリ業界にも重要になるであろう研究論文が発表されました。

 

 

 

本日の

お品書き

1:とある研究論文とは?

2:リハビリにも重要な体内時計とは?

3:メディカルアロマでドーパミン活性!?

 

 

1:とある研究論文とは?

 

さて、冒頭で話したリハビリ業界にも重要になるであろう研究論文とは、

東京大学の喜田聡教授を中心とした研究グループの、

 

【記憶を思い出すには体内時計の働きが必要である-脳内の体内時計が記憶を思い出させることの発見とその分子機構の解明-(2019)】

 

という論文です。

 

 

概要としては、

遺伝子操作により記憶中枢である海馬の生物時計が壊れたマウスの解析を進め、その結果、遺伝子操作マウスは記憶を思い出す能力が低下していること、特に、夕方の時間帯に思い出せなくなることを明らかにしました。

 

さらに、

体内時計は神経伝達物質ドーパミンの情報伝達を活性化させて、グルタミン酸受容体のリン酸化を引き起こすことで記憶を想起させるメカニズムを発見しました。

 

この結果に一致して、ドーパミン情報伝達を活性化させると、遺伝子操作マウスが記憶を思い出せるようになること(想起障害の改善)も示されました。

 

そして、この研究から体内時計が記憶想起に必要であること、さらに、記憶想起の分子機構が明らかにされました。

 

 

これらの結果によって、リハビリにおいても加齢に伴う想起障害の改善や想起能力の向上による認知症の改善への道が開かれることが期待されています。

 

 

 

 

 

2:リハビリにも重要な体内時計とは?

  

私たち人間を含む動物は、体内時計を有しています。

 

人間のおよそ24時間の生体内リズムであるサーカディアンリズムは、体温や脈拍数、血圧などの規則正しい変動をコントロールしている自律神経やホルモンの働きを決定している、と言われています。

そして、組織の合成や分解もサーカディアンリズムの影響を受け、このリズムに不調をきたすと疾病状態となりやすいとも言われています。

 

 

皆さんの受け持つ患者様や利用者様、このサーカディアンリズムに不調をきたしていませんか?

 

 

リハビリをする上で、このサーカディアンリズムというのはとても重要になってきます。

 

 

 

そして、そこにはホメオスタシスも関わってきます。

ホメオスタシスは生体の内部環境を大きく変動しないように、一定に保つ働きがありましたね!

 

 

ホメオスタシスも患者様や利用者様は逸脱している場合が多いですね。

そして、そこには自律神経の働きがあり、それ自体も乱れてしまうことがあります。

 

 

なので、患者様や利用者様には、なるべくメリハリのある生活を送ってほしいですし、大きく逸脱してしまったものが一定の状態に戻ることが望ましいです。

 

 

では、それをどうするのか?

 

 

MARTでは、初級でこの話をしていますね!

さぁ!!

皆さん、復習の時間ですよ!!(笑)

4つのルートや、体内動態(中級編)をしっかり思い出し、MARTで学んだことがどう活かせるのか…

ぜひ考えてみてくださいね!

 

 

 

3:メディカルアロマでドーパミン活性!?

 

さて、喜田教授の論文にもありましたが、体内時計はドーパミンの情報伝達を活性化させるドーパミンが記憶想起を制御する、ということが発見されています。

 

神経伝達物質の1つであるドーパミンの重要性がわかります。

 

 

実は、このドーパミン!

精油の中には、このドーパミンを促進してくれるものがあります。

 

 

それが、

レモン

ローズマリーシネオール

です!

 

 

この2つ、覚えていませんか?

初級編で紹介した浦上克哉先生の研究論文にも登場しています。

 

 

浦上先生の研究では、昼と夜で精油を変えていました。

昼には先ほど紹介した、

・レモン

・ローズマリーシネオール

夜には、

・ラベンダー

・オレンジ

です。

 

 

なぜ、昼と夜に分けて精油を使用したのか?

 

 

これは、メリハリに関係してきます。 

サーカディアンリズム、体内時計にも重要なメリハリ

  

繋がりがみえてきましたね!

こういった別々の研究でも繋がりが見えてくると、生理学や精油の面白さがグッと広がりますね!

 

リハビリを行う上でも、サーカディアンリズムやホメオスタシスなどにも意識を向け、

色々なアプローチが出来る事が分かってくるかと思います。

  

その中で、皆さんが学んだMARTの知識を、ぜひ活用していってください。

 

 

【参考文献】

・Satoshi Kida,Hippocampal clock regulates memory retrieval via Dopamine and PKA-induced GluA1 phosphorylation(Nature Communications,2019)
・木村有希,他(2005)「アルツハイマー病患者に対するアロマテラピーの有用性」,日本痴呆学会誌第19巻第1号

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

MART認定講師

理学療法士  山田佳世

 

P.S.
大変お待たせしておりましたが、ついにMART初級と中級のオンライン講義が開催となります!!!
オンラインでもしっかり体験してもらえるように、MART初級中級では鍵くらべセットやスプレー・トリートメント作成キットなども用意しています! 

↓↓ 詳細はこちら ↓↓
【7月19日まで早割り期間】となります♪
なかなか遠方で参加できなかったという方や日程が合わなくてという方も、この機会にメディカルアロマを深めてみませんか??どうぞお楽しみに、、😉!!

 

追伸:

良ければMARTの事務局、aroma@iairjapan.jpにコラム内容の希望をご連絡ください^^
皆さんの知りたいことを、ここで伝えられる範囲でお話ししていこうと思います。

 


  

【アロマが気になるけどちょっと知ってみたい!】

という方にはMART初心者用無料メール講座(7日間)がオススメです!

ご登録はお気軽にどうぞ^^!
→  無料メール講座を受け取る


また、MARTのHPには実際の講座の様子やインストラクターのコラムが見れます!

  コラムをブログで読む
→  コラムをFacebookで読む

新年のスタートダッシュに、脳から心身に介入する、メディカルアロマ × リハビリ《MART》 で学んでみませんか!?

******  NEW!!  2019年、MART第5期日程  ******

MART5期の受付は以下に開始しておりますので、どうぞご参考にしてください。

 

初級編:『メディカルアロマに触れる・実感する』
   2020年開催  <オンライン開催!>
7月26日 10時〜13時
  >> 詳細を見る

中級編:『メディカルアロマをより深く知る・生理学を学ぶ』
  2020年開催  <オンライン開催!>
  9月5-6日 10時〜14時(両日とも)
  >> 詳細を見る

上級編: 『メディカルアロマをより応用的・実践的に学ぶ』
  2020年開催
  COVID-19のため、現在調整中

 

 

****** MART入門 無料メール講座 ******

お友達や同僚など、メディカルアロマに興味を持っていらっしゃる方はおりませんか?

もしそんなお知り合いがおりましたら、ぜひこちらの無料メール講座をご紹介ください♪
初心者の方でもお気軽に読める内容となっております^^

↓↓  入門メール講座の詳細を見る  ↓↓

 


”医療やリハビリに 信頼できるアロマテラピーを”
Copyright(C)2011 国際統合リハビリテーショ ン協会  Allrights reserved


リプライを残す

*
*
* (公開されません)