姿勢制御 Tag

バランス評価の視点とリハビリコンセプト

From.IAIR 福留良尚   バランス能力の評価治療は、患者のADLを高めていく上で重要な課題です。 例えば… 大腿骨骨折による筋力の低下 脳卒中後の麻痺による感覚障害 パーキンソン病のような姿勢反射障害 など、多くの患者がバランスに問題を抱えています。   しかし、臨床場面でバランス評価を行うには多くの時間とスペースを要します。   代表的なバランス検査 リハビリテーションで行われるバランスの検査には、主に以下のようなものがあります。 片脚立位テスト Functinal Reach test(FRT) Time up and go test(TUG) Berg balance scale(BBS)   特にBBSは評価項目も多く、なかなか臨床で使うセラピストが少ないのが現状でしょう。 かといって、FRTやTUG、片脚立位テスト単体の評価では、バランス能力を包括的には見切れないということが指摘されています(Persad CC, 2010)。   これらのテストを組み合わせ、患者のバランス能力を包括的に見ることで、介入前後の変化を点数化し、アプローチの有効性を測ることは重要なことです。データとして蓄積していくことは、我々臨床家として重要な課題でしょう。自分が興味のある分野に関してはデータを取っていき、それを報告することで医療の質を高めていく必要があるはずです。   しかし、臨床の現場では毎日それを行うことがなかなか難しい。1単位20分という時間の中で、評価に時間を使えるのは冒頭2~3分というのが現状ではないでしょうか?そこで、臨床では短い時間の中で患者のバランス能力を把握することが重要になってきます。   患者の動き、例えばリハ室に入ってくるときの歩容、方向転換の際の状態、椅子やベットに腰かける時の安定性などを観察することで、ある程度のバランス能力を推察することが可能になります。これらの動きの観察はTUGのように時間は測れなくとも、同じような動きの評価(立ち上がる・歩き出す・方向転換・座る)になっていますね。   観察したい視点 全体的な動きやバランスを観ることも大切ですが、視点を絞ってみていくことでアプローチにつなげていくことが可能になります。   次の3つの部分の観察は重要です。 股関節 足関節 ステッピング 立位姿勢における安定性は、この3つの部分が担っていると言われ、これを姿勢戦略(ストラテジー)といいます。   股関節を中心に行われる股関節戦略(hip strategy) 足関節を中心に行われる足関節戦略(ankle strategy) ステッピング戦略(stepping strategy)       股関節ストラテジー 股関節戦略とは、バランスを保つ(安定させる)ために、股関節を屈曲させたり、伸展させたりすることを言います。FRTではここの機能を観ることが可能になります。   足関節ストラテジー 足関節戦略とは、足首の底背屈や内外反によって、体を傾けることで姿勢を変え、転倒してしまわないように姿勢の安定を図る戦略です。この戦略は、姿勢の安定化のために先行して働くのが普通で、高齢者はこの戦略を上手く使えなくなると言われています。その代償として股関節を屈曲(体幹前傾)させ、円背姿勢になることで代償的に安定していると考えられます。   ステッピングストラテジー ステッピング戦略は、一歩前に足を踏み出して姿勢を整える戦略のことです。急速に支持基底面を超えて重心が偏移してしまった場合に用いられます。パーキンソン病のような疾患では、この機能が上手く使えなくことが分かります。   特に高齢者の転倒の要因は、足関節戦略が上手く使えなくなることにあります。 背屈可動域 下腿三頭筋、前脛骨筋の筋力 足部のアーチ これらに問題がある場合はアプローチしていく必要があります。   距腿関節の動き、脛骨腓骨間のスライド、立方骨のアライメント調整。 これらのアプローチ方法は下肢セミナーでお伝えしています。   代償戦略 また、これらの戦略が機能しなくなることで、代償的に身体を固めてしまうことがあります。先ほどの円背姿勢もそうですし、膝の変形も発端はこの機能低下によるものと考えられます。ただ単にROM制限があることを問題にするのではなく、どこかを代償するために固定したことで制限が出た、と考えられるようになると、リハビリは対症療法ではなく原因解消の手段になります。   しっかり患者さんの問題点の本質を捉える評価を身に付けていきましょう。   それでは最後まで読んでいただけて感謝致します。     追伸:セミナー日程はコチラ 【IAIRセミナーページ】https://iairjapan.jp/calendar 全国各会場のセミナー申し込みを受け付けております。   ******************************* 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 理事 IAIR九州 理学療法士 福留 良尚 E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください) HP:https://iairjapan.jp/ Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/ 個人ページ:https://www.facebook.com/yoshihisa.fukudome *******************************...

Read More