「歩いて発見!となみ野サマーチャレンジ2019」応援のご協力依頼

IAIRが心から推し進めるもののひとつにウォーキング療法士というものがあります。 ウォーキング療法士という資格は、厚生労働省や経済産業省などでの活動報告も済ませていてなおかつ活動内容も理解されている、社会にとって必要不可…...

膝関節リハビリテーション スクリューホームムーブメント 臨床への活用

膝関節のリハビリテーションにおいて、完全伸展位が取れるためには、スクリューホームムーブメントが起こらなければいけません。 多くはPT(理学療法士)だと思いますが、この動きが出来るようになるために、徒手的なアプローチや筋力…...

ウォーキング療法士として、社会貢献できる可能性が十分にある。〜東京大学石井直方教授。独占インタビュー報告Vol.3〜

前回、前々回に引き続き、筋肉博士こと東京大学石井直方教授に、IAIRの森本とシドニーオリンピック競歩日本代表の柳澤哲さんで、独占インタビューをさせていただきました。 前々回の記事はこちら。 「筋肉博士こと東大石井直方教授…...

Scroll to top