Webで学べる基本評価とアプローチ 「立ち上がりの動作分析と介入」

【早割り】期間限定 6月22日(火)13:00まで ¥2,200- off!
リハビリテーションの目標にも上がりやすい立ち上がり動作。骨盤帯、股関節、足部コントロールまで、それぞれの運動に必要な機能解剖と評価法を学ぶことができます。

メンバーシップ・正会員の方は、会員価格でお申し込みいただけます。
リハカレにログインし「メンバーシップ特典の会員限定割引情報」からぜひご確認ください。


<開催日時 - ZOOMオンライン開催 – >

Webで学べる基本評価とアプローチ
『立ち上がりの動作分析と介入〜離臀から骨盤と足部コントロールまで〜』

・第1回:7月6日(火)20:00〜21:00
「立ち上がりに必要な骨盤帯周囲の運動」
・第2回:7月20日(火)20:00〜21:00
「離臀以降に影響する足関節・股関節の運動」


※5月1日より一般申し込み開始!!

 

■ 講義紹介

 

実施頻度とニーズが多い「立ち上がり」

 

立ち上がり動作は、日常生活の中で何度も行われる動作です。

そのため、リハビリテーションにおいても立ち上がりの自立や介助量の軽減などが目標になることも多くあります。

ですが実際の臨床場面では、

・前かがみになっても離臀ができない
・立ち上がっても膝が伸展してくれない
・分析は行ったけど、問題点が分からない
実際に何をしたら良いかよく分からない

というような声をよく聞きます。

立ち上がるという動作は比較的単純ですが、実際に遂行するためには様々な筋骨格系の要素が必要です。
また、立ち上がりに関しては特に、一見運動していないように見える部位についても、動作遂行に関わっている部位が多くあります。

だからこそ、「臨床として見るべきポイントとその評価」を知っている必要があります。

 

分析のために「見るべきポイント」を押さえる

 

例えば、立ち上がりで離臀が十分に行えずに手すりを使って動作を行う患者様の場合、骨盤帯の制限があまりない場合はどこをみたら良いでしょうか?

実は、離臀には安定した足関節の背屈が必要です。
そこで患者様の足関節が背屈しにくかった場合、なぜ背屈制限が起こっているのかをまた詳しく評価し、問題点を抽出していきます。

このように、「臨床として見るべきポイント」をまず確認し、その運動に必要な機能解剖や運動学を使うことで、より詳細な評価から問題点の仮説を立てることができます。

養成校で解剖学や運動学はしっかり学びますが、それを臨床でどう使うかは、また別の臨床的な知識です。

だからこそ本講義では、『臨床の動作と基礎知識を具体的に結びつける』ために、各運動で必要な要素とその評価を、整理して分かりやすくお伝えしていきます。

 

リハビリテーションカレッジ(リハカレ)は、臨床で療法士が活躍できるよう10年にわたって支援してきた『臨床教育機関』です。
リハカレは、療法士が臨床で『仮説→検証』の流れをスムーズにするために、様々なセミナーをご提供しております。

今回は日常生活で行う頻度の高い「立ち上がり」において、動作に必要な骨盤帯、股関節、足部コントロールまで、それぞれの運動について「注目すべきポイントと機能解剖から評価法まで」をお伝えしていきます。

 

< 立ち上がりの動作分析と介入〜離臀から骨盤と足部コントロールまで〜 >

・第1回:7月6日(火)20:00〜21:00
「立ち上がりに必要な骨盤帯周囲の運動」
・第2回:7月20日(火)20:00〜21:00
「離臀以降に影響する足関節・股関節の運動」

メンバーシップ・正会員の方は、会員価格でお申し込みいただけます。
リハカレにログインし「メンバーシップ特典の会員限定割引情報」からぜひご確認ください。

 

動作分析が現在苦手であっても、臨床に出た今だからこそ、運動学・解剖学を学ぶことで『何を評価すればいいのか?』が見えてきます。

経験年数の浅い新人さんや部署が変わった方など、基本からしっかり学びたい方のご受講をオススメします。

 

<早期割引中>
現在、新型コロナによって研修会に出向きにくい療法士の応援キャンペーンを実施しております。こちらのwebセミナーは普段2講義:税込8,800円のところを、《6月22日 13:00》までのお申し込みにて2講義:税込6,600円でご受講いただけます。

 

本講義は、開催から1週間後に当日の収録動画を1ヶ月間視聴出来るよう受講者に配信します。

移動時間や交通費を気にしなくて良いなど、オンライン研修は実はとても効率的です!
この機会に、自信を持って臨床が行えるよう、基礎からしっかり学んでみませんか?

 

※5月1日より一般申し込み開始!!

 

■ セミナー詳細

 

日時:

第1回:7月6日(火)20:00〜21:00
第2回:7月20日(火)20:00〜21:00

*各回全てにておいて、質疑応答とアンケート回答の時間を含みます。
終了時間は余裕を持ってご参加ください。
*各回全てにておいて、受講者には当日の収録動画を、1週間後からご視聴いただけるように配信いたします。(1ヶ月限定)
全日程の当日参加が難しい場合もご安心ください。

会場:ZOOMオンライン会議システムを利用
料金:6月22日(水)13:00まで6,600円税込(13時以降8,800円税込)
   ※メンバーシップ・正会員の方は、会員価格でお申し込みいただけます。まだ会員でない方は、よろしければこの機会にぜひご検討ください。
※会員の方はメンバーシップ限定のメール、もしくはリハカレにログインし「メンバーシップ特典の会員限定割引情報」からご確認いただけます。

申し込み締切:6月27日(日)
定員:450名(先着順のため、定員になり次第募集を締め切らせていただきます。)

※お支払いは【6月28日】までに完了ください。お支払いが完了した方のみzoomのリンクと資料が確認できるシステムとなっております。お支払いが確認できない場合は【自動キャンセル】となります。銀行振り込みをご選択の方はお気をつけください。

内容:
第1回 7月6日(火)
「立ち上がりに必要な骨盤帯周囲の運動」
1.動作分析の基本
2.立ち上がり3相と注目すべき運動
3.骨盤前傾に必要な要素とその評価法
4.離臀に必要な要素とその評価法

第2回 7月20日(火)
「離臀以降に影響する足関節・股関節の運動」
1.離臀から立位姿勢に必要な要素とその評価法
2.荷重下での膝関節の伸展と足関節・股関節の連動
3.荷重下での膝関節の伸展時の注目すべき要素と評価方法
4.足関節の背屈の運動学

■講師
リハビリテーションカレッジ認定講師
作業療法士  加藤 淳

※5月1日より一般申し込み開始!!

 

 

関連記事

  1. これだけは知っておきたい!疾患別シリーズ「慢性閉塞性肺疾患(COPD)のリハビリテーション」

  2. これだけは知っておきたい!疾患別シリーズ「糖尿病に対するリハビリテーションの基礎」

  3. これだけは知っておきたい!疾患別シリーズ 「心疾患に対するリハビリテーションの基礎」

  4. Webで学べる生活期リハシリーズ 「デイサービスのためのICFアセスメントの活かし方」

  5. Webで学べる基本評価とアプローチ「ROMexの効果的な実践方法と触診の基礎 下肢編」

  6. Webで学べる臨床評価とアプローチ「肩関節周囲炎のリハビリテーション」

メルマガ登録