認定脊柱講座

まずは、こちらをご覧ください。

 

円背、側弯などの変形にも効果があって驚いた

変形は、治らない。脊柱の硬さは周りの筋が硬いせいだと思っていました。 “脊柱”といっても、頚椎、胸椎、腰椎という3分割でしか認識していませんでした。 脊柱セミナー受講後は、それぞれの椎間関節がお互いにバランスを取っていることが体感的にわ かるようになり、サブラクセーション(真性歪み)を取ることで、インナーマッスルが活性化し、 アウターマッスルは緩み、患者様のバランス能力が向上しました。日常生活にも波及していったこ とで、円背や側弯の患者様の変形も改善しました。
(26歳 理学療法士)

治療において、サジを投げなくなった

脊柱の評価といえば、大雑把に円背とか側弯とか、腰椎の前弯後弯が強い、ぐらいしか見れてい なかった。それに対するアプローチといっても筋肉トレーニングしか考えられない。というか、そもそも「対応」できていませんでしたし、脊柱を触ることなんてありませんでした。
セミナーを受講していくうち、脳脊髄液や自律神経、筋トーヌスへの影響など視点が広がり、悩むようになった。悩むといっても悪い意味ではなく、前よりも一層「考える」ようになり、治療 に対してサジを投げなくなった。患者様も、変化がしっかり出るのでこちらの説明を聞き入れてくれやすくなった。
(40歳 作業療法士)

「実感なんて、、必要性すら感じてなかった」のが、今は脊柱治療はマストです。

脊柱のイメージといえば、上肢のための基礎、身体の土台、はっきりしないけどとにかく大切。 「脊柱」でひとつのもの!患者様に言う事は、「背筋伸ばして!」オンリー。でした。 脊柱へのリハビリといっても、捻るようなストレッチ?胸を張るような運動?。 脳血管系では、安定が必要?起立筋、コアに対する練習など? ICUのドレナージでも脊柱含めた胸郭をいじるぜ!ってしていたような。 今思うと、療法の実感、手応えは全く無かったような気がします。 結局アプローチの方法、その効果、介入の必要性、脊柱の重要性もろもろ、何も知らず何のイメー ジもなかった。わからないどころか、そもそも脊柱がこんなにもアプローチ対象、治療対象と思っ てなかった。。だから必要性すら感じない状態でした。
脊柱のセミナーを受講してからは、脊柱へのアプローチ、マストになりました。 すべき?して当然。全身はほんとうにつながっている、実感というより爽快な痛感。 身体の土台、ほんとに。実体験を重ね明確にそう考えるようになりました。 脊柱にアプローチしてホントに変化が起こる。その場で手足の症状が改善する、とか。 ただ、今はより複雑にも感じますね。昔よりもいろんな要素が見えてきすぎて。
(28歳 作業療法士)

 

【 実 績 】

 

体幹機能が根本から改善し、筋柔軟性UP、全身に波及するメカニズム

脊柱へのアプローチで体幹機能が根本から改善し、筋の柔軟性がアップしその効果が全身に波及 するのには理由があります。

脊柱の与える影響

「脊柱は「安定性と運動性」という、相反する機能を同時に働かせています。それを可能にして いるのが、大腰筋や多裂筋といった脊柱に付着している深層筋の存在。これらの筋が重力の刺激 に応じて収縮し、安定性に寄与しています。一方、それぞれの髄節から四肢抹消、そして内臓へ伸 びる末梢神経の通り道である椎間孔が、自重や重力によって圧縮されないようコントロールして います。その結果、適切な神経伝達が行われ、全身の運動性は保証されています。

脊柱へのアプローチでは、棘突起から操作して椎間を広げることで、組織間の固着を改善したり、 感覚受容器への刺激によって可動性が低下している部分の改善が期待できます。その結果、周囲 に付着する深層筋の機能が高まり、安定性に繋がることが考えられます。また、これらの深層筋 が機能することで、重力による椎間孔の圧縮が軽減され、全身への神経伝達の改善に繋がります。 適切な神経伝達は、疾病によって低下した運動性や内臓の機能、各組織の循環改善にも効果が期 待でき、脊柱へのアプローチは、全身の変化に結びつくと言ってもいいでしょう。

 

PT・OT・STのための脊柱の評価と調整法

講義内容説明

[脊柱セミナー1]

講義内容:

[脊柱セミナー2]

講義内容:

*脊柱全体の問題を生み出している椎骨を探す評価方法が学べます。
*脊柱セミナーは、認定Bクラスライセンスコースの中の1講義です(2日間)

B-classライセンスコースでの申込はコチラ

安心と信頼の全額返金保障制度

お近くの会場で受講できます。

  • 体幹TGA(BackSide)開催スケジュール

    • 北海道:2019.10.6(日)、11.2(土)
    • 東京:2019.10.13(日)、11.9(土)
    • 仙台:2019.10.20(日)、11.23(土)
    • 名古屋:2019.10.20(日)、11.16(土)
    • 大阪:2019.10.27(日)、11.23(土)
    • 九州:2019.10.27(日)、11.23(土)

 

Q.よくある質問 リンク

お問い合わせ セミナーに関するお問い合わせは、フォームからお気軽にご連絡ください。

B-classライセンスコースでの申込はコチラ

 


  • 体幹TGA(BackSide)開催スケジュール

    • 北海道:2019.10.6(日)、11.2(土)
    • 東京:2019.10.13(日)、11.9(土)
    • 仙台:2019.10.20(日)、11.23(土)
    • 名古屋:2019.10.20(日)、11.16(土)
    • 大阪:2019.10.27(日)、11.23(土)
    • 九州:2019.10.27(日)、11.23(土)