(認)Aクラスコース Exercise for TGA

IAIR認定Aクラスライセンス取得コース

Exercise for TGA

私たちは各々の現場において、様々な影響を受けながらクライアントに対してリハビリテーションを行っています。

例えば視覚や聴覚など五感から入力される情報は、必ずしも自分の意思とは関係なく身体に影響を与えることが報告されています。

 

皆さんも感じたことがあると思いますが、

 

  • 他人がどんな施術をしているか無意識的に見てしまう
  • 病棟の匂いが独特で気になったことがある
  • 上司がリハビリ室に入ってくると途端に緊張してしまう
  • 音響によって気分が変わる

 

などがそれに当たります。

 

さらに言えばクライアントの会話内容によっても、自分の意識とは関係なく体勢が崩れてしまうことは多々あります。

そんな時にも我々はいつものパフォーマンスで高品質なリハビリテーションを実施することが求められるのですが、残念なことに無意識的に変わってしまった自分の状態に気づくことができる人は多くありません

ここまでB-classを受講しているあなたであれば、自分自身の状態がクライアントに与える影響の大きさは体感されているはずです。

 

この講習会で皆様にお伝えすることは以下のものです。

  • TGA実践のための体を準備するExercise
  • クライアントを理解するために「自分自身を理解する」方法

 

 

これこそがA-classを受講する最も重要な部分と言っても過言ではないと考えます。

あなたが無意識的にブレてしまうその要因を排除する方法をこの日学び、習得することができるからです。

 

ここまでB-classで学んできた情報を咀嚼し、高いレベルまで引き上げる最も有効な方法をこの日、あなたは習得することができます。

 

  強化学習申込はコチラ

 

*お申し込みの前に参加規約を必ずご確認ください。申込をされた時点で同意されたとみなします。

 

【Exercise for TGA】

触診技術を高め、TGA実践に適した「心身」を準備するためのExerciseを学ぶ

【講義内容】

  1. 「考える」と「感じる」
  2. TGA実践のために
  3. Comfortable touch
  4. Warm up!(Tune upセミナーで行なったセルフワーク)
  5. Exercise 6種目
  6. Reflection

Exerciseを続けることで、TGA実践時に得られる情報が変化していきます。

 

【受講生様の声】

ワークを通して自分自身の生活習慣や身体を改めて見つめ直すようになった

理学療法士 5年目

(Aクラス全般を受講して)自信がついたが、一番はセルフコンディショニングを行う事で治療効果が上がった

理学療法士 3年目

ボディワークでヨガをしていましたが、身体がまだまだ固く治療していると次第に力が入りやすくなっていましたが、ワークを行うことで解消されました

理学療法士 7年目

今までは治療しようとしている自分がいましたが、自分の身体の使い方をより意識するようになりました

作業療法士 4年目

自身の身体に対する気遣いが多くなった

作業療法士 2年目

【講習会詳細】

講義時間:10:00〜16:00

定員:20席(会場によっては人数に変動があり、その際は先着順とさせていただきます)

受講料:¥29,800(税別)

講師:IAIR A-class認定講師

  強化学習申込はコチラ

 

*お申し込みの前に参加規約を必ずご確認ください。申込をされた時点で同意されたとみなします。

 

>>Exercise for TGAを学んだ次はコチラ>>>

https://iairjapan.jp/cranial-tga

*Bクラスコース修了者(検定受講者)以外の方はお申し込み頂けません。


IAIRは受講生さんの技術習得率を非常に重視しております。

受講される方に対して習得率を上げる為に以下の事柄を推奨いたします。

  • 受講時学んだ技術は必ず臨床で使用して下さい。
  • 各種DVD教材、講義資料を用いて受講前の予習、受講後の復習を行って下さい。
  • 同僚の方と一緒に受講し、職場で毎日10分でもいいので練習会を行って下さい。

*上記の内容に関しては義務ではありませんが、実践する事でかなり習得率が高まることを保証いたします。


認定セミナー

  • No Events