新人歩行体幹

イベント詳細


【PT限定】歩行時に必要な体幹機能の評価とアプローチ法

【日 時】2018年7月14日(土)10:00~16:00
【定 員】40名
【会 場】板橋文化会館 第1・2和室【東京都板橋区大山東町51-1】

お申し込みはコチラ


日々の臨床でこんな悩みはありませんか?

  • リハビリを何から始めていいのかわからない
  • 歩行分析のポイントがわからない
  • 体幹の問題なのはわかるけど評価がわからない
  • 体幹機能に対するアプローチ方法がわからない
  • 歩行分析で体幹の問題をなんとなくでしかわからない
  • 結果の出るアプローチ法を知りたい

一つでも当てはまる場合は今すぐ参加をご検討ください。

 

歩行時に必要な体幹の機能

石井らは

「足部の接地面が不安定など下肢アライメントが変化せざるをえない環境下においては、体幹部分でそれに対応できる機能を備えることが臨床上重要になると考える。」

歩行時における体幹アライメントと下肢アライメントの関係Vol.32 Suppl. No.2 (第40回日本理学療法学術大会 抄録集)より引用

と述べています。

このことからもわかるように体幹の機能が歩行の安定性に大きく寄与しています。

 

歩行にアプローチするためには

歩行動作を改善するためには

機能改善→動作の改善→ADLの改善

の3つのステップが必要です。

 

自転車で例えると

  • 自転車の動きのチェック(チェーンの緩み、ハンドル、ブレーキの掛かり具合など)→機能改善
  • 自転車の乗り方の学習(サドルに座って、ペダルを漕いで、など)→動作の改善(リハ室内での歩行訓練はここの段階です。)
  • 日常的に自転車を使う→ADLの改善

となります。

つまり、歩行にアプローチするにはまず機能の改善が必要です。

 

体幹機能に影響するのは?

体幹機能に影響する因子として3つ挙げられます。

  1. 体幹深層筋の機能障害
  2. 上肢の機能障害
  3. 下肢の機能障害

 

今回の研修ではこの3つのポイントにアプローチする方法をお伝えします。
また歩行分析でみるポイント・評価の方法・アプローチの優先順位なども合わせてお伝えしていきます。

 

詳細はこちら

日時:2018年7月14日 10時〜16時

会場:板橋文化会館 第1・2和室【東京都板橋区大山東町51-1】

http://www.itabun.com/access/index.html

費用:8,640円(税込)

定員:40名

お申し込みはコチラ

講義内容

AM

  • 歩行分析で基本となる3つの見るべきポイント
  • 体幹に影響を及ぼす3つの原因(上肢・下肢・体幹深層筋)
  • 体幹機能の評価と解釈(Finger floor distance (FFD) 検査)

PM

  • 問題点に対するアプローチ法
  • 上肢・下肢・体幹深層筋に対するアプローチ

 

*お申し込みの前に参加規約を必ずご確認ください。申込をされた時点で同意されたとみなします。

お申し込みはコチラ
メールマガジンについて:
IAIRの講習会を受講された方、DVDを購入された方にはメールマガジンを配信させて頂いております。こちらでは講習会受講者の方への重要な連絡事項をお伝えする手段としても使用いたしておりますので、コラム等お読みになりたくない内容に関しては出来ればメールを削除する事でご対応下さい。配信を希望されない方は、いつでも解除できますので、ご安心ください。

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account