基礎講座立ち上がり

【東京】基礎研修「立ち上がりの動作分析」編


イベント詳細

このイベントは 21 4月 2019 から 21 4月 2019 まで開催しています。 次回の開催は 2019年4月21日 10:00 AM です。


日時:2019年4月21日(日) 10 : 00 ~ 16 : 00

定員:20席

会場:砂町文化センター和室  (〒136-0073 東京都江東区北砂5丁目1−7)

受講料:8,640円(税込) 返金保証付き!

立ち上がりの動作分析

*お申し込みの前に参加規約を必ずご確認ください。申込をされた時点で同意されたとみなします。

 


 

研修会概要

本研修会では、 実技を中心に、動作分析の着目点を解説します。
抽出された問題点から、仮説を立て検証をしていきます。

研修会で得られるもの

本研修会を受講することで、

  1. 動作の際どこに着目すれば良いのかがわかります。
  2. 動きの着目点がわかります。
  3. 問題点の抽出とアプローチがスムーズに行えるようになります。

 

コンセプトとテクニックの概要

IAIR concept

IAIR conceptとは、基本的な西洋医学・運動学・解剖学・生理学に加えて、心理面や個人的背景を含めた個別的な物語りを重要視し、複雑に絡み合ったクライアントの要因を抽出して「統合と解釈」していく方法です。
そのために必須のアプローチ法が組織滑走法( TGA : Tissue Gliding Approach )です。

 

次世代のリハビリ専門職向け徒手アプローチ【TGA】

人体を巡る血液・脳脊髄液・間質液・リンパ液などの循環不全は組織に様々な影響を及ぼし、筋・筋膜のみならず、神経伝達・内臓の働きにも影響を与えることが明らかになってきています。
TGAは主に筋骨格にアプローチを行い、膜組織同士の滑走を生み出し膜組織に変化を出すことで毛細血管や神経組織の解放を可能にする、IAIRがリハビリ専門職専用に創り出したアプローチ法です。
TGA

TGAの原理と方法

触診によって得られるこわばった軟部組織の感触は、膜組織間での滑走が生まれないことによる抵抗感が生み出しているとIAIRでは考えてます。深層・表層の膜組織同士の滑走を促す筋骨格へのアプローチを行い、絞扼された毛細血管や神経組織の解放を目指していく方法です。研修会当日はアプローチ法の紹介と実践、そしてそれに様々な学術的解釈を添えて展開していきます。

【 講 習 会 詳 細 】

日程:2019年4月21日(日)
講義時間:10:00〜16:00
定員:20席(会場によっては人数に変動があり、その際は先着順とさせていただきます)
会場:砂町文化センター和室  (〒136-0073 東京都江東区北砂5丁目1−7)
受講料:8,640円(税込)
講師:IAIR認定講師
講義内容

AM:評価と仮説の立案
  • IAIRコンセプトについて
  • ヒトを見るについて
  • TGAについて
  • 動作分析の着眼点
  • 立ち上がりの三層
PM:仮説の検証のためのTGA
  • 腹部ポンピング
  • 腹腔TGA
  • 脛腓関節TGA
  • 肩甲胸郭関節TGA

立ち上がりの動作分析

*お申し込みの前に参加規約を必ずご確認ください。申込をされた時点で同意されたとみなします。


Scroll to top