ADLの根拠に基づくアプローチ ~トイレ動作に対する下肢への徒手的治療~


イベント詳細


ADLの根拠に基づくアプローチ
~トイレ動作に対する下肢への徒手的治療~

トイレ動作の身体機能的問題に対し徒手的治療で結果を出す。

 

キーワード「トイレ動作」×「徒手」

【内容】

・トイレ動作の動作分析
・トイレ動作獲得に向けた徒手的アプローチの理論(組織滑走法:TGA)
・トイレ動作獲得に向けた徒手的アプローチ(TGAの実技3つ)

「トイレ動作が自立できない」

それは、なぜですか?

  • 下衣操作ができない
  • トイレまでの移動ができない
  • 便座に乗り移りができない

など様々な問題点がある中、

 

「トイレ動作に対するアプローチ」は

実際のところ、「立位や移動能力の安定性」に介入していることが多いかと思います。

 

トイレ動作≠下肢機能、、

そんなところでしょうか、、

 

トイレ動作獲得への身体機能は3つに整理することができます。

それは、

 

1つめ、◯◯◯◯

2つめ、◯◯◯◯◯◯

3つめ、◯◯◯◯◯ 

です。

 

 

この3つ、

・トイレ動作獲得の可否と各身体機能が相関関係にあるカットオフ値

・PT・OT・STが実際に行っているトイレ動作獲得に向けた訓練

などから整理することができます。

 

その3つそれぞれの身体機能に対し、
結果の出せる徒手的治療の方法を学んでいただきます。

 

徒手的治療は、
国際統合リハビリテーション協会(IAIR)が推奨している
IAIR Conceptに基づいた「組織滑走法(TGA)」の理論、アプローチ方法をお伝えいたします。

 

 

組織滑走法(TGA:Tissue Gliding Approach)とは、

人体を巡る血液・脳脊髄液・間質液・リンパ液などの循環不全は組織に様々な影響を及ぼし、筋・筋膜のみならず、神経伝達・内臓の働きにも影響を与えることが明らかになってきています。

TGAは主に筋骨格にアプローチを行い、膜組織同士の滑走を生み出し膜組織に変化を出すことで毛細血管や神経組織の解放を可能にする、IAIRがリハビリ専門職専用に創り出したアプローチ法です。

URL:https://iairjapan.jp/about-tga

 

 

ADLに介入するPT・OT・STは、

 

「ADLに必要な身体構造の知識」

「ADL特有の各動作の知識」

 

を学ぶことでADL障害に対して結果を出すことができます。

 

ADLの中でもトイレ動作は、
対象者自身から「1人でトイレに行けるようになりたい」と言われたり、
PT・OT・STにとって獲得が重要なADLとされ、目標やゴールによく設定されます。

また、
介助者や家族、施設スタッフからも「トイレ動作の獲得」を希望することが多くあります。

 

 

ADLの構造を調べた報告では,

「食事動作の次に、整容動作の自立度が高くなる」と言われていますが、

排泄(トイレ動作)はむしろ生理現象、生理的欲求があり「自立への希望」が強く高いことでしょう。

それは、他のADLと比べて、介入の必要性が高くなると言い変えることができます。

みなさんも臨床場面で実際に強く経験していることでしょう。

 

 

そしてトイレという「場所」で排泄することは、

患者の意欲を高め、日常生活活動を向上させます。

・人の生活の基本部分
・尊厳に大きく関わる重要な行為
・どんな状態になっても他人に依存したくない行為

とも言えることではないでしょうか。

 

そんなトイレ動作に関して根拠に基づく知識とトイレ動作で結果の出せる治療技術を学びます。

 

TGAを用いた徒手的治療を下肢へ行うことで、

・トイレ動作の獲得に直結することができる
・トイレ動作がより安全に・安定して行うことができる
・下肢機能が改善する

などといった結果が起こります。

 


【研修会詳細】

日時:令和元年6月29日(土)10:00〜16:00
場所:プログレッソイベントルーム (松山市内、大街道駅徒歩5分)
URL:http://eventroom.jp
対象:作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
定員:30名
講師:作業療法士、IAIR認定インストラクター
受講料:8,640円(税込)
持ち物:動きやすい服装、筆記用具、講義資料(開催数日前にメール送信)、ヨガマットorバスタオル

内容:

・トイレ動作の動作分析
・トイレ動作獲得に向けた徒手的アプローチの理論(組織滑走法:TGA)
・トイレ動作獲得に向けた徒手的アプローチ(TGAの実技3つ)

 

愛媛:平成31年6月29日(土)
ADLの根拠に基づくアプローチ ~トイレ動作に対する下肢への徒手的治療~

愛媛:平成31年6月30日(日)
ADL障害に対する組織滑走法 ~肩関節を再考する~

大阪:平成31年7月13日(土)
ADLの根拠に基づくアプローチ ~トイレ動作に対する下肢への徒手的治療~

大阪:平成31年7月14日(日)
ADL障害に対する組織滑走法 ~肩関節を再考する~


Scroll to top