CCRAとは

脳卒中に特化した理学療法士、作業療法士、言語聴覚士向けのセミナー団体です。

re structure

〜基礎を再構築する〜

脳卒中後遺症者のリハビリが自信を持って行え、信頼されるセラピストの育成を行う

病院や企業と提携し全国の脳卒中リハビリ難民をゼロに

CCRAセミナー

体験セミナー
1日
立ち上がり動作を例として姿勢と動作の評価や介入の行い方を学ぶ。
basicコース
2日間×3回
様々な姿勢について、多角的に評価・介入できる方法を学ぶ。
advanceコース
2日間×4回
歩行や上肢活動などの動作について評価・介入できる方法を学ぶ。
1dayセミナー
1日
脳科学、脳画像、高次脳機能障害などテーマごとに学ぶ。

CCRA認定講師

福田 俊樹

CCRA代表。CCRAメイン講師。

回復期病院にて10年脳卒中のリハビリに従事しその後、脳梗塞リハビリセンターに入社。現新宿センター長。徒手療法、神経生理学アプローチ等様々な手技を学び、今まで20000回以上、脳卒中後遺症のリハビリを行ってきている。また、臨床以外にもIAIRのセミナー活動や脳梗塞リハビリセンターにて脳卒中を取り巻く社会環境への働きかけも行っている。

Facebook

福留 良尚

CCRAインストラクター、CCRA九州支部代表。

理学療法士資格取得後、総合病院に入職。脳卒中のリハビリテーションに、急性期から生活期と幅広く臨床経験を重ねる。様々な技術講習に参加して徒手によるアプローチの研鑽を続け、現場では「担当になって」と直接声を掛けられるほどに。現在はIAIRの講師活動をする傍ら、一般の方への施術も提供している。

Facebook

岡澤 頼宏

CCRAインストラクター、関西支部代表。理学療法士。

CVA、整形、内科疾患、外科術後など様々なリハビリを急性期から生活期まで経験した後、現在の療養型病院に勤務。主に訪問リハビリに従事し、CVAを始めとする様々な症例を経験する。生活期の現場でも結果が出せることを数多く体験する。地域においてもリハビリ職種が活躍できることを、もっとセラピスト自身に知ってもらいたいと活動している。

Facebook

Scroll to top