一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会認定講習会

複合的腰痛アプローチ

IAIR Low back Pain TechnologyILPT)腰痛治療セミナー

このような方におすすめ

あなたは普段、腰痛のリハビリでこのように感じたことはありませんか?

✔︎「筋力も、可動域も、動作も改善しているのに、なぜ、痛みを訴えるのだろう?」

✔︎「その場では改善するのに、なぜ、しばらくすると元に戻ってしまうのだろう?」

✔︎「即時効果は出るのに、なぜ効果が持続しないのだろう?」

✔︎「長引く腰痛、いろんな手技を行ってもなかなか完治しない?」

✔︎「習得した手技をどのように腰痛治療に活かせばいいのだろう?」

✔︎「注射や薬でも治らず、自分もどうしようもなく流されてしまう?」

✔︎「同じアプローチをしているのに、なぜ結果に差がでるのだろう?」

✔︎「何故、あの患者さんの腰痛は突然改善したのだろうか?」  など

どれか一つでも当てはまる方のために、悩みを解決するセミナーを行っております。

当セミナーでは、患者さんとの信頼関係を築きつつ、常に患者さんの希望(願望)を確認し、患者さん自身の、症状、生活習慣、思考・行動習慣、および人間関係の不具合などに対する「自己評価」を促すことによって、腰痛の自己管理など心身の健康につながる「行動」「自ら選択」できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法を紹介しております。

その技法は、子育て夫婦関係、など身近で大切な人との関わり方をより良くするためにも幅広く活用できるものです。

【セミナー内容】

1.腰痛総論の講義

①保存的治療の最新の動向

自己管理できる腰痛?しうる腰痛?の判断

2.腰痛の保存的治療システムの紹介

3.私生活にすぐ役立つ“温かな人間関係”の築き方の講義

4.実技・講義:

   ILPTの腰痛改善への有効性

5.受講生を対象とした治療デモンストレーション

 

*セミナー受講後、さらに学びを深めたい方は、

国際統合リハビリテーション協会認定ILPTプラクティショナ―・ライセンス取得コースでより詳細に学べます。

【セミナー開催詳細】

時間  :9時50分~16時50分

対象  :Dr、PT、OT、ST

定員  :30名 (先着順とさせていただきます)

受講料 :12,852(税込)

【各地のセミナー開催日程・開催場所】

★富山    6/18 (日) サンシップとやま

★札幌    6/25 (日) 札幌市産業振興センター

★東京    7/ 2 (日) 練馬区立区民・産業プラザ

★大阪    7/16 (日) クレオ大阪中央館

★伊勢崎  8/26 (土) 伊勢崎市民プラザ

★仙台    9 /3 (日) 仙台共立第2ビル

★名古屋  9/10 (日) ウインクあいち

★花巻   10/15 (日) なはんプラザ

★松山   10/22 (日) ひめぎんホール

★横浜   11/ 3 (祝) かながわ労働プラザ

★諏訪   12/ 3(日) かんぽの宿 諏訪


お申し込みはこちら

【 ILPT腰痛治療セミナー 参加者の声 】

幸福な人生を送るヒントが見つかりました!」

「治療だけでなく、私生活の中でも生かしていきたいと思います」

腰痛以外の分野にもかなり活用できるものでした」

「腰痛の考え方が180度変わりました」

「今回の内容は目から鱗で、感動ばかりでした」

「腰痛治療の一連の流れを知れたので活用したいです」

「患者さんにも、この違いを体験して欲しいと思いました」

「腰痛を、腰を触らずして軽減できる方法がたくさんあるので、必ず明日の治療から役に立つと思います」

即効性に驚きました!」

「私の関わり方で、腰痛をつくりあげていたかもしれなと気づきました」

予想以上の学びとが得られました」

「とても分かりやかったです」

さらに感想をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ

>>>>> http://akahalabo.com/archives/1771

【IAIR認定  ILPTプラクティショナー ライセンス取得コース 】の紹介

ILPT腰痛治療セミナー受講者はILPTプラクティショナーライセンス取得コースの受講が可能となります。このコースは、より効率的かつ多角的な腰痛の治療が、システマチックにできるセラピストを育成することを目的としたものです。

      

このコースの主目標は、ILPTの原則を「私生活」や「臨床」で有効に活用できるように、基本的な知識とスキルを習得することです。

[このコースで学べること、習得できること]

  • 「疾患」ではなく、「ヒト」を治療対象として診られるようになります。
  • 患者さんの「あきらめ」「希望」に変えられるようになります。
  • セラピストが治療に携わるべき腰痛がどうかの判断ができるようになります。
  • 患者さんの「気づき」を促し、「セルフコントロール」をめざした治療法が習得できます。
  • 個々の患者さんの状態に合わせた、運動の種目、強度、頻度の決定やアドバイスができるようになります。
  • ILPTの応用法をより具体的に習得でき、多様な患者さんの治療ができるようになります。
  • 温かな人間関係の築き方を学び、その実践を心がけて生活できるようになります。

 

IAIR認定ILPTプラクティショナー ライセンス取得コースはこちらから

 

iltptitle

滋賀県 理学療法士 7年目 山田さん

 「腰痛治療の悩みが多くあり、受講しました」

「高齢の方でも効果が出るのが大きなポイント!」

福井県 理学療法士 1年目 伊藤さん

「自分の腰痛をまず、治したかった」

「患者さんの痛みの本質が分かるようになりました!」

滋賀県 理学療法士 3年目 兵頭さん

「自分の頭痛、腰痛が改善しました」

「人と人との関わり方の大切さを学びました!」

山梨県 理学療法士 平井さん

「夕方、仕事にならない位痛かった自分の腰痛が改善しました!」

東京都 理学療法士 高木さん

「一言でいうと、劇的に臨床が変わりました!」

長野県 理学療法士 井上さん

「多方面から腰痛をみられるようになりました!」

沖縄県 理学療法士 垣添さん
沖縄県 理学療法士 親川さん

福井県 作業療法士 渡邊さん 

福井県 作業療法士 三好さん 

岐阜県 理学療法士 森前さん 

[講 師]

赤羽 秀徳

・国際統合リハビリテーション協会(IAIR)理事

・IAIR認定アドバンスインストラクター

・IAIR認定複合的腰痛アプローチ

IAIR Low back Pain Technology(ILPT) 腰痛治療セミナー 主宰

・(一社)赤羽総合腰痛研究所 代表理事

・理学療法士

・博士(工学)

・選択理論心理士

・ウィリアム・グラッサー国際協会 会員

・日本選択理論心理学会 会員

・認定NPO日本リアリティーセラピー協会 会員

・国際マッケンジー協会認定療法士

<学歴・学位>

1990年 東京理科大学工学部建築学科卒業【学士】

1994年 国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院理学療法学科卒業【理学療法士】

2001年 日本大学大学院理工学研究科博士前期課程 医療・福祉工学専攻修了【修士(工学)】

2004年 日本大学大学院理工学研究科博士後期課程 医療・福祉工学専攻修了【博士(工学)】

<職 歴>

1994年~2009年 東京大学医学部附属病院リハビリテーション部

2002年~ 首都大学東京非常勤講師

2010年3月~ 2016年3月 お茶の水整形外科機能リハビリテーションクリニック

2011年~ 複合的腰痛アプローチ法 ILPT腰痛治療セミナー 主宰

2015年5月 (一社)赤羽総合腰痛研究所 設立

<受講講習実績>

■マッケンジー法(A,B,C,D,Eコース)

■日本ドイツ徒手医学会(ベーシックコース、アドバンスコース)

■腰椎・骨盤・股関節複合体のリハビリテーション(Discover the Pelvis : Level 1 ,Level 2)

■An integrated approach for restoring function &relieving pain

(The Thorax : Level 1 , Level 2,Discover the Lower Extremity)

■骨盤底筋群の機能と機能不全(ベーシックコース、アドバンスコース)

■宗形テクニック(ベーシックAコース)

■マリガンコンセプト(下肢編、上肢編)

■オーストラリアマニュアルセラピー(ベーシックⅠ,Ⅱ,Ⅲ アドバンスⅠ,Ⅱ,Ⅲ)

■日本ペインリリース(初級・中級A・中級B・上級)

■認知運動療法(ベーシックコース、アドバンスコース)

■リアリティーセラピー(集中基礎講座、基礎プラクティカム、集中中級講座、上級プラクティカム、集中上級講座)

■IAIRブラッシュアップコース ベーシック

■IAIRブラッシュアップコース アドバンス  など

<学会での症例報告>

■「マッケンジー法が著効した腰椎分離すべり症の一症例」第43回日本理学療法士学術大会

■「A chronic lumbar disc herniation patient on whom the McKenzie exercise was remarkably effective」 第10回アジア理学療法学会

など

<講演・シンポジウム>

■「手術室勤務と腰痛-腰痛体操の実際」,日本手術医学会総会 1998年

■「腰痛のセルフケアサポート:日常生活の指導ポイント」,『エキスパートナースフォーム2005 ニッポンの痛みを鎮めよう』,エキスパートナース/照林社,2005年

■「日常生活動作および姿勢の指導を中心とした腰痛の再発防止と自己管理」『第19回腰痛シンポジウム』エーザイ株式会社,2008年

■「腰痛に対する理学療法(運動療法)の現状と可能性」 第58回(社)全日本鍼灸学会学術大会埼玉大会 2009年

■「メカニカルな要因の有無による非特異的慢性腰痛のサブグループ化の提案」第17回日本腰痛学会,2009年

など

<テレビ出演歴>

■「腰痛に負けない!」 NHK教育 『きょうの健康』 2009年11月12日放送出演

<著書(共著含む)>

■『整形外科領域の痛み』中村耕三(編),真興交易

■『人間工学の百科事典』大久保堯夫(編),丸善

■『よくわかるリハビリテーション』江藤文夫(編),ミネルバ書房

■『臨床理学療法マニュアル』,江藤文夫 他(編),南江堂

■『新看護学10 成人看護2』医学書院

■『運動器の痛み プライマリケア』菊地臣一(編),南江堂

など


  • IAIR認定セミナー予定

    • 予定なし

 

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?