肝臓リスク管理編

こんにちは、IAIR会長の森本です。

 

前回の続きですね。

 

前回をまだお読みでない方はコチラ。

https://iairjapan.jp/archives/9625:知ってるようで知らないカルテ情報・生化学データ総論

 

 

リハビリテーションを始めるにあたって、重要になるリスク管理。

 

皆さんも気をつけていることかと思います。

 

しかし、生化学データを見逃していると、せっかく重要視していたのに結局、、、なんてことも。

 

今回はあの「沈黙の臓器」と呼ばれる、肝臓を見ていきましょう。

 

 

◆肝機能障害による「易疲労性」を考える

肝機能を見る指標となるのがγ-GTP(ガンマと読みます)。これは有名です。

酒飲みの方が気をつけているやつですね。

 

他にも見てほしいところがいくつか。なぜかというと、γ-GTPだけで肝機能!というのはまだ早合点、だからです。

 

具体的に挙げていくと、GOT(AST)、GPT(ALT)、ALP、LDH、コリンエステラーゼなど。

内臓の中で働く酵素のことなんですが、これらが上昇します。

*前回同様、基準値などはネットや教科書でお調べください。ここではリハビリテーション職としての考え方をお伝えします。

 

肝臓機能には解毒作用は言うまでもなく、

  1. 筋肉に変えるモノを作って血液に出したり
  2. とっさに動きたい時の栄養プールを持っていたり

します。

 

ところが、我々がいつも言う、身体が硬いことはよくないですよ、というのと同じように、内臓も柔らかさがなくなると機能が低下します。

 

わかりやすい名前が肝硬変

 

漢字そのまま「肝臓が硬く変化した状態」です。

 

で、硬くなると機能低下するわけだから、

  1. 筋肉が作られなくなったり
  2. とっさに動く元気がなくなったり

します。

 

これを私たちは

 

 「易疲労性」

 

と言ったりしますよね。

 

肝機能障害に気づいてない我々リハビリテーション職が

 

「この人すぐ疲れるからもっと体力つけさせないとね!」

 

とエルゴメータートレーニングをクライアントに処方すると、、

 

とんでもないことになりますよね。

 

◆肝機能障害に対してのリスク管理はどうしたらいいか

肝臓をそれ以上硬くさせない、または少しでも柔らかくさせることが重要になります。

 

ここで注意点もあります。

 

後戻り出来ない臓器でもあるので、どうしようもない場合ももちろんあります。

この場合は、食事回数を増やしていく、などが有効になります。栄養プールが機能していないので、貯蔵できないからですね。

一回の摂取量を少なめにして、食事回数を増やす、という方法です。

 

が、施術や栄養療法でかなり変化を出すことも可能です。

 

この辺りを考慮してクライアントに触れているか、これはIAIRならではではないでしょうか。

 

と、いうわけで、肝臓データも見ていきましょう!そしてそのデータとからだの特徴と照らし合わせていきましょう。

ここが重要ですからね、リハビリテーション職として。

 

ここで少し出た酵素の話は、心臓にも繋がります。次回以降、心臓の話もしていきますね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

会長 森本 義朗

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account