骨盤の評価

腸腰筋への介入には、◯◯◯運動も効果的。

股関節の重要性を伝えたい。

みなさん、こんにちは!
IAIRの渡邉哲です。

 

先週も股関節の重要性について、
お伝えさせていただきました。

→ 股関節の可動域改善には、この解剖学的知識が必要。
https://iairjapan.jp/archives/9412

 

改めて、解剖の教科書などを読んだりすると、
やっぱり、股関節って大切だなって思いますし、
その中でも、

 

腸腰筋の存在、影響って、
とても大きいと実感したのでシェアしますね。

 

腸腰筋は、遅筋(赤筋線維)でできている。

 

こちらは、みなさんご存知の通り。

 

腸腰筋=インナーマッスル=姿勢保持筋

です。

 

そもそも、遅筋・速筋って覚えていますか?


(引用:http://www.shapeupgogo.com/entry/31817589

遅筋は、持久力に優れているので陸上でいうと長距離選手。
魚で言えば、カツオやマグロなど回遊魚。

 

速筋は、瞬発力に優れているので、短距離先取。
魚で言えば、ヒラメや鯛など素早い動きをする魚。

 

多くの方が、そのような覚え方をしているんじゃないでしょうか?
と、ボク自身はそのように認識していました。

 

それで、これが臨床でどのように繋がるのかってのが、
大事ですよね。

 

腸腰筋に着目している、
遅筋の特徴について、振り返っていきます。
ちょっと生理学的な視点を交えて。

 

 

遅筋(赤筋)、速筋(白筋)というくらいですから、
血管分布の量が違いますね。
遅筋の方が、血管の分布が豊富であり、
酸素をより多く取り込むことに長けています。

 

そのために、
筋肉を動かすエネルギーを作り出す器官である、
ミトコンドリアの量の多く含まれています。

 

そして、
安静時の筋緊張が増加し易い傾向もあるので、
遅筋は短縮しやすいのです。

だから、定期的な伸張、ストレッチが必要ですよね。

 

とはいえど、、、

ストレッチだけでは、効果的ではない。

 

のです。

なんでか?

 

それは、上にも書いたように、

筋肉を動かすエネルギーを、
酸素を多く取り込むこと。
有酸素代謝によって作り出しているから。

 

 

患者さんは、有酸素運動できているだろうか?

解剖学的位置関係を意識しての、
ストレッチはもちろん大事です。

 

その上で、
腸腰筋(遅筋線維)本来の筋活動、機能を発揮できるような、
環境を作っていくことも、
股関節へのアプローチにもつながるということですよね。

 

シンプルなんですけど、
見るべきポイントの一つになると思います。

 

もしかしたら、
柔軟性が上がらない理由の一つにも、なっているかもしれませんね。

 

腸腰筋のリリーステクニックは、
IAIRの筋膜セミナーでお伝えしていますので^^。

 

ぜひ、この解剖学的、運動学的知識をもって、
普段の臨床に活かして頂ければと思います。

 

 

IAIRでは、このような視点での介入や評価の
ポイントなども、お伝えしています。

 

それでは、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇お知らせ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

IAIRの公式LINEが始まりました!

まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も続々増加中です^^!

LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
常任理事 理学療法士  渡邉 哲

E-MAIL:tetsu-watanabe■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:https://iairjapan.jp

Facebookに登録する:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94

*****************************************************


Scroll to top