骨盤の評価

股関節って、やっぱり大事です。

みなさん、こんにちは!
IAIRの渡邉哲です。

 

昨日、IAIR会議の為に東京だったので、
普段生活している福島県よりも数十倍の人混みを、
歩いてきました。

 

そこで、やはりやってしまうのが、
人間観察という、動作分析ですね。

 

年齢層も男女比も国籍も様々ですが、
街行く多くの方に共通しているのは、

 

股関節の伸展のフェーズが少ない。

 


(引用:http://trendnoki.com/4326.html

立脚中期(MId stance)での伸展が、
正常歩行としては、
股関節伸展10°はあるのですが、
ほとんど方が、マイナス(屈曲位)ですよね。
(参考:基礎運動学5版)

 

可動域だけで話すとすると、
高齢者の方と大きく変わらないですよね。

 

逆に若々しく、さっそうと歩いている方は、
しっかりと股関節の伸展が出ていますね。

 

 

股関節の可動域を広げる為に、意識すべきこと。

 

 

上記のように、
歩行で股関節の伸展が出ていないからといって、
伸展方向へのROM-exをすればokというわけではありません。

 

 

ただ一概には言えませんが、
要因の一つに、”腸腰筋の短縮”があると思います。

 

だからといって、
やみくもに腸腰筋のストレッチをすればいい、
というわけではないですよね。

 

まずは、股関節、関節構造体としての動きを、
スムーズに引き出すということが必要です。

 

 

そこで考えると良いのが、
関節の緩みの位置です。

 

関節には、それぞれの骨と骨の密着度により、
緩みの位置と締りの位置というのが分けられています。

 

 

まず、ゆるみの位置というのは、
Loose-packed-position(LPP)といい、
関節面が最も離開している状態で、
関節におけるストレスが最小になる角度です。

 

逆に、しまりの位置というのは、
Close-packed-position(CPP)といい、
靭帯や関節包が緊張し関節面が密着し、
固定されている状態で、
最も関節が安定している肢位でもあります。
(※参考:基礎運動学第5版)

 

 

 

そして、股関節における緩みの位置は、

 

「 屈曲30°、外転30°、軽度外旋 」

 

です。

 

伸展の可動域が少ない(腸腰筋が短縮している)
から、伸展方向にストレッチを行ったところで、
一時的な効果は認められます。

 

まずは、股関節が関節構造体としての、
動きを引き出してあげることで、
伸展方向にも動きが引き出しやすくなります。

 

股関節テクニックをバージョンアップさせる。

 

IAIRの下肢セミナーでお伝えしている、
股関節テクニックですが、

 

上記のゆるみの位置を意識して行うだけで、
股関節への効き目が全く変わってきます。

 

 

この背中に抱えて行うテクニックは、
目的が「骨頭を引き抜く(股関節のクリアランスを確保する)

下肢をセラピストの背中で抱えて
股関節が、屈曲・外転・外旋する方向に、
誘導してくると、さらに緩むやすくなるのです。

 

シンプルなんですけど、
見るべきポイントの一つになると思います。

 

ぜひ、この解剖学的、運動学的知識をもって、
普段の臨床に活かして頂ければと思います。

 

IAIRでは、このような視点での介入や評価の
ポイントなども、お伝えしています。

みなさんも町中や病院、施設内を歩く時は、
少し意識してみるといろんな発見があって面白いのではないでしょうか!?

 

それでは、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇お知らせ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

IAIRの公式LINEが始まりました!

まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も続々増加中です^^!

LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
常任理事 理学療法士  渡邉 哲

E-MAIL:tetsu-watanabe■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:https://iairjapan.jp

Facebookに登録する:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94

*****************************************************

お問い合わせ

国際統合リハビリテーション協会へのお問い合わせフォーム

Sending

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account