動作の中で「踏ん張る」という相は存在しない。〜脳血管疾患の動作について〜

脳血管疾患は、リハビリテーションを行うにあたり
色々な要素が関わるため介入に難渋する代表的な
疾患です。

 

麻痺そのものの問題が多く取り沙汰されますが、
私達が実際に関わっているのは、「麻痺を
抱えた状態で、どうやって動くか?」

 

という問題です。

 

麻痺側に荷重をかける練習や、装具を使った
歩行練習など、麻痺側の不使用による活動性
の低下を防ぐための介入は必要不可欠ですが、

 

同時に、患者さんに「がんばって」動作をして
もらっていないでしょうか?

 

私達は正常動作を促すあまり、患者さんに動作を
「がんばって」行わせたり、「そこで踏ん張って!」
というような声かけをしがちです。

 

動作の中で「がんばる」「踏ん張る」をしてきた患者
さん
が行き着く先は「連合反応による筋緊張亢進」
の影響
を色濃くうけた動作パターンの学習です。

 

典型例は、上肢の屈曲パターンと足関節の内反底屈。
何か動作をするたびに筋緊張が亢進して、スムーズな
動作を妨げます。

 

また、四肢に限らず、体幹の緊張も高まってしまい、
可動性も低下していることが多いため、「がんばったり」
「踏ん張ったり」しないと動作が出来ない
状態にな
っていることが多くみられます。

 

果たして、目指す動作は「がんばって」「踏ん張った」
動作なのでしょうか?

 

本来目指すべきは、「楽でスムーズな動作」
楽でスムーズであるからこそ、日常生活の動作
として生きてきます。

 

【楽でスムーズな動作≠正常動作】

 

片麻痺という症状を抱えている以上、
正常動作は困難です。

 

達成したいのは「麻痺がある身体でも環境に適応
できるだけの柔軟性を持った動作」

 

患者さんが困っているのは、環境に適応しようとした
時に、そこに合わせて自在に動けないこと

 

環境が変化しても、同じパターンでしか動けないこと
なんです。

 

「がんばって」「踏ん張って」身に付けた動作は
そんな定形パターンになりがちです。

 

なぜ、患者さんの動きはぎこちないのか?

 

そこには筋力の要素だけではなく、可動性の要素は
ないのか?身体が硬いのは筋の伸長性そのものの
問題なのか、感覚入力の問題で硬くせざるを得ない
のか?などなど・・・。

 

様々な視点が必要ですが、その問題解決の
1つにIAIRコンセプト、組織滑走法®︎(TGA)
も含まれます。

 

TGAを既に学んでいる人は、
ぜひ脳血管疾患患者さんに活用してくださいね。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRのオンライン講座が始まりました!
セミナーの予習、復習としても使えますので
まだ見られていない方は、是非!

クリック↑

 

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Scroll to top