起き上がりの動作分析 〜上部胸椎の注目ポイント〜

前回は体幹が回旋していくための要素として、
下側(支持側)になった肩甲骨が前方突出がポイントとなる、とわかってきました。
まだ読んでいない方はこちらから

起き上がりの動作分析 〜肩甲帯の評価ポイント②〜

では、その肩甲骨の前方突出が安定すると、体幹はどこが回旋していくのでしょうか?

本日はその回旋要素を整理していきましょう。

 

1 起き上がりの第2相の動き

動作を確認してみると上部体幹の回旋運動が生じています。

この上部体幹の動きがあるからこそ、
・head controlにより重心を前方に移動した起き上がり
・on elbow
などの次の動作につながっていきます。

 

2 体幹の動き

では、具体的にどの部位が回旋して来るのでしょうか?

(引用:姿勢の教科書より)

こちらのグラフを確認していくと第9胸椎より上の胸椎の回旋要素が強いことがわかります。

つまり、体幹が回旋する時に注目するべき視点は第9胸椎より上が動いているのか?ということになります。

3 回旋に必要な評価

上位胸椎の回旋を見ていくことが大切ですが、
脊柱の回旋動作を評価する際に意識しておかないといけないのが
”カップリングモーション”です。

カップリングモーションとは
椎間関節は関節面が傾斜しているために、側屈や屈伸運動の際に回旋運動が加わる部位がある。このように、ある一定の軸での回旋運動の際に、それと異なる軸の回旋運動が起こること。
となっています。

つまり回旋動作を見る際には
・屈曲、伸展
・側屈
の動きも確認していくことが大切です。

4 まとめ

起き上がりの際に上部体幹の回旋が必要です。
そのためには
・第9胸椎より上位の動きを見ておくこと
・カップリングモーションを考慮し、回旋以外にも屈伸、側屈を評価しておくこと

が大切になってきます。

ぜひ臨床で意識していただき、動作分析から評価へつなげていきましょう。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

作業療法士 加藤淳

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRのオンライン講義が始まりました!
セミナーの予習、復習としても使えますので
まだ見られていない方は、是非!

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
加藤個人note:https://note.com/jaka

*******************************


Scroll to top