起き上がりの動作分析 〜肩甲帯の評価注目ポイント②〜

前回まで取り上げてきた起き上がりの初期に必要な要素として
・頭頸部が軽度屈曲、回旋
・上側になる肩甲骨が前方突出
がポイントとなります。
まだ読んでいない方はこちらから

起き上がりの動作分析 〜頸部の注目ポイント①〜

起き上がりの動作分析 〜頸部の注目ポイント②〜

起き上がりの動作分析 〜肩甲帯の評価ポイント①〜

 

起き上がりにて頸部の屈曲・回旋が起こり、上側の肩甲骨が前方突出した次はどのような動作が必要なのでしょうか?確認していきましょう。

動作を確認してみると上部体幹の回旋運動が生じています。

つまり、頸部の次に動作分析で注目していくべきポイントは
上部体幹が起きてきているか?ということになります。
本日はこの上部体幹が回旋するための必要な機能を考えていきましょう。

 

1 上部体幹の動き

写真でもわかる通り、上部体幹が屈曲・回旋しています。

特に回旋要素が強く生じており、この回旋がしっかりと生じることで、
屈曲パターンを利用した起き上がりが可能となり、
on elbowがよりスムーズになります。

 

2 安定した回旋運動をするためには?

では上部体幹の回旋がどのようにしたら安定するのでしょう?

ポイントとなるのが下側になった肩甲骨の安定した動きです。

下側つまり支持側になった肩甲骨が安定していることにより、
体軸回旋がスムーズに生じてきます。

つまり、起き上がりの際に、上部体幹がスムーズに回旋するためには
支持側になった肩甲骨の安定した動きが大切になります。

 

3 肩甲骨の動きとは?

安定した肩甲骨の動きとはどのような動きでしょうか?

肩甲骨に注目すると、下の写真のように
肩甲骨の上を胸郭が滑るように回旋しています。
この動きは肩甲骨が前方突出した動きになります。

つまり、上部体幹が回旋するためには、
肩甲骨の前方突出に必要な
・肩甲胸郭関節の可動性
・前鋸筋の筋力
・菱形筋、僧帽筋中部線維の筋力

を評価しておくことが大切になります。

 

4 まとめ

起き上がりの際に、
上部の体幹の屈曲・回旋が生じることはその後の動きがスムーズになるために必要な動作です。

この上部体幹の動作には下側になった肩甲骨の安定した動きが大切になります。
ぜひ、臨床では動きのある反対側にも注目して分析していきましょう。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

作業療法士 加藤淳

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRのオンライン講義が始まりました!
セミナーの予習、復習としても使えますので
まだ見られていない方は、是非!

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
加藤個人note:https://note.com/jaka

*******************************


Scroll to top