【呼吸器疾患のリハビリテーション〜SpO2の測定と意味〜】  

普段のリハビリの中でバイタルチェックに使う機器は、
血圧計、体温計と並び、最近はパルスオキシメーターも
一般的になってきました。
特に呼吸苦のある患者さんにはマストな評価機器です。

 

ただ、いつも何気なく数値を見て98%だから大丈夫!
90%切ったから大変。とSpO2の数字だけで、
一喜一憂していませんか?一体何の評価をしているか
がわかりませんよね?

 

 

まずはSpO2は何をみているのか?について整理しましょう。

 

 

SpO2は「経皮的動脈血酸素飽和度」といい血ガス
のように侵襲せず、「経皮的に」動脈血の酸素飽和度
を測定した数値です。

 

 

SpO2≒SaO2(血ガスの動脈血酸素飽和度)
といわれており

 

 

この値は、「ヘモグロビン(Hb)の何%に酸素が
結合しているか」をみた数字です。

 

 

動脈血の酸素飽和度なので単純に見れば、例えば
98%という数字は、「動脈血内のHbに十分な
酸素が結合している」ということになります。

 

 

ただ、ここに落とし穴があります。

 

 

先ほども述べたように、SpO2は「Hbの
何%に酸素が結合しているか」をみた数字。

 

 

つまり、動脈血内のHbの量」が違うと、
動脈血内の酸素量が違うということ。
SpO2は「酸素量」をみるデータではない
ということです。

 

 

貧血などでHb量そのものが低下していると、
SpO2が98%以上でも、動脈血内の酸素量に差が出ます。

 

 

あり得ない例えですが、わかりやすくするために。

同量の動脈血内に

Hbが2個の検体Aと、
Hbが4個の検体B

があった場合、SpO2が同じ98%でも
「酸素量」はHb量の多い検体Bの方が多いです。

 

つまり検体Aの動脈血より、検体Bの動脈血の
方が、より多くの酸素を組織に届けることが
できます。

 

 

 

最低限、SpO2をバイタルチェックの参考値にするなら、
Hb量も同様に確認しておく必要があります。

 

 

SpO2は十分なのに、運動するとすぐ息切れする。
そんな症状がある場合はHb量を確認してみると
良いかもしれません。
(既往に貧血を招く疾患がないかもチェック)

 

 

ただし、これも1つの指標でしかありません。
基本的にはワッサーマンの歯車から考えて、
肺そのものの問題か?酸素を運搬する循環器系の
問題か?筋骨格系の問題か、どこに問題があって、
「呼吸苦」という症状を出しているか?
を推察していく必要があります。

 

 

ワッサーマンの歯車についてはまた後日。

 

 

まずは、日々測定しているSpO2が目の前の患者さんに
とって、何を意味しているのかを考えるところ
から始めましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRのオンライン講座が始まりました!
セミナーの予習、復習としても使えますので
まだ見られていない方は、是非!

クリック↑

 

 

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top