【脊柱圧迫骨折のリハビリテーション〜禁忌について考える〜】  

脊柱圧迫骨折の禁忌事項といえば
体幹の屈曲を伴う動き。

 

 

「圧迫」と名のつくように、椎体に上下からの
圧迫ストレスがかかった時に、骨密度が低いと
椎体が圧壊します。

 

この上下からの圧力は、主に体幹屈曲動作時に
高まり、有名な物としては姿勢における椎間板に対する
圧力を示した研究があります。

まずはこの圧迫ストレスを避けることです。

 

 

次に考えることは、骨折部の安静です。
屈曲動作の他にも、胸椎に圧迫骨折があれば
回旋動作も禁忌になります。

 

 

では、なぜ禁忌事項を守る必要があるのでしょうか?

 

 

そこには「骨折の治癒過程」が関わっています。
簡単にいうと骨折の治癒過程には

・炎症期

・修復期(仮骨形成期)

・リモデリング期

の3つがあり、

 

修復期(化骨形成期)が過ぎる骨折から約4週後
までは機械的な刺激に耐えうるまでの骨構造は
得られていません。

https://core.ac.uk/download/pdf/96989573.pdf

〔千葉医学 86:83 ~ 91,2010〕
骨折骨癒合研究の最近の進歩 ― 分子細胞生物学の視点から ―

 

つまり、この時期に骨折部に過剰な運動が入ると、
骨癒合の遅延を招き、偽関節などを
引き起こす原因となります。

 

 

これらのことから、圧迫骨折の急性期〜回復期にかけて
は特に注意が必要となります。
(骨粗しょう症の合併で通常よりも治癒は遅延するはず)

 

 

ただ、血流増加による骨折部への栄養付加や
軸方向への機械的刺激は骨折治癒を促す因子になるので
完全安静は急性期で痛みの強い時期のみにした方が
良いと思います。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsma1939/57/3/57_3_269/_article/-char/ja/

[昭和医学会雑誌57巻3号]
骨折治癒過程における仮骨の役割と機械的刺激について

 

 

骨折の治癒過程を知ることで、禁忌はなぜ禁忌なのか?
いつ、何に気を付けておけば良いのかがわかると思います。

 

 

運動の開始時期や、負荷量、運動方向の指示は
Drとの相談になる部分がありますが、

 

 

療法士も今骨折の治癒過程のどの期にいるのか?
骨密度や痛み、基本動作やADLの状況を見ながら
Drとのやりとりができると、良いかもしれません。

 

 

在宅や施設でも既往に圧迫骨折を持っている方
もいるかと思います。

 

 

今どの期にいるのか?、痛みが増えているか?
骨折を繰り返しているか?などのリスクチェックを
しながら過度の屈曲運動や座り過ぎなどを避けること
を念頭に入れつつ、運動・生活指導、援助ができると
よいかと思います。

 

 

禁忌だからといって怖がりすぎず、なぜ禁忌なのか
、今はどの時期なのかを知って、バランスよく
トレーニングを取り入れていきましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRのオンライン講座が始まりました!
セミナーの予習、復習としても使えますので
まだ見られていない方は、是非!

クリック↑

 

 

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top