脳幹網様体賦活系

”脳幹網様体賦活系”の特性を慢性腰痛改善に活かそう!

突然ですが、質問です。

「最近急に〇〇が気になってきた!」

と感じることはありませんか?

あるいは、過去に、
「そういえば、ある時から急に〇〇が気になってきた!」
ということはありませんか?

例えば、

「車を購入してから、自分と同じ車種の車の多さに驚いた!」

とか

「子供が生まれてベビーカーを使うようになって・・・」

など

世の中の現実は、同じなのに、
自分が「意識」することが変わると、
同じ現実でも見え方、感じ方が
変わってくるといわれています。

この特性を知っていると
慢性腰痛の改善に役立つことが
多くあります!!

是非、この特性を知っていただき、
臨床に活かしていただけえばと思います。

では、この特性は、
脳のどのような機能と
関係しているのでしょうか?

そして、

その機能を有効に活かすために
療法士は、どのような【関わり方】を
するのがより良いのでしょう?

今回は、そんなことを
一緒に確認していきませんか?

◇脳幹網様体賦活系の特性とは?

さて、

今回のコラムのタイトルにもありますが、
「脳幹網様体賦活系」は聞いたことが
ありますか?

もし、あれば、その働きの特性を
臨床に活かせていますか?

脳幹網様体賦活系は、
シンプルに言うと
脳への情報フィルターの
役割があるとされています。

私たちは、主として

視覚

聴覚

嗅覚

味覚

触覚

という五感を通して
現実の世界で起きている情報を
インプットしていますが、

その情報がすべて脳に
到達しているわけではないようです。

シンプルに言うと、その時一番興味があり、
「意識」している情報をキャッチしやすくなる
ということです。

例えば、

大勢の集まりの場で
周りから沢山の話し声が聞こえてきても、
自分と会話している人の声が
一番聞き取れるのも脳幹網様体賦活系
が関与しているといえるでしょう。

全ての情報が脳にインプットされると
情報過多になり混乱してしまいますので
非常に有り難い機能だと思いませんか?

◇慢性腰痛を訴える方に興味をもってほしいこと

さて、
慢性腰痛を訴える方に
一番興味もってほしいことは
どのようなことでしょうか?

シンプルに分けると

・「痛み」のことか?
・健康につながる「行動」のことか?

どちらが改善につながりそうですか?

「痛み」に注目している人は、
痛みを理由に、本当はできる
はずの運動や活動

そして、

社会参加もしなくなってしまう傾向が
多くなるでしょう

このような方は、

「痛い、今日も痛くてしょうがない」

「自分にできることは何もない」

「ベッドで寝ていた」

などの発言が多いかもしれません。

一方、

健康につながる「行動」に
注目している人は、

「痛みはあるけれど、これならできる」

「少しずつできることが増えている!」

「自分でも体操してみる」

などと、発言も変わってくるでしょう。

ここで、注意してほしいのは、
その人が悪いのではないこと。

そもそも、患者さん、利用者さんが
何に注目し、興味を持つようになるかは
【医療従事者の説明の仕方】
によるものが大きいと指摘されています。

(*ニュージーランド事故補償公団 編 「急性腰痛と危険因子ガイド」 2010)

◇医療従事者の関わりで一番大切なこと

患者さん、利用さんとの関わりの中で、
注意すべきこと、大切にすべきことは
多々あると思います。

その中で、私が一番大切にしていることは、

  
 ・相手の関心に関心をもつこと

(自分がやりたいことではなくで)

言葉にすると、シンプルですが、
忙しいとついついその時間が
短縮されて「アドバイス」の量が
増えてしまうかもしれません。

関わりのなかで、相手がからだやこころの
の変化に「気づき」「感動」

「痛み」そのものよりも、運動することや
健康につながる「行動」に関心がわいてくると
アドバイスの量は必然的に減り
「自立」もうながされやすくなるでしょう。

◇まとめ

医療従事者の説明の仕方一つで、
患者さん、利用者さんの
脳幹網様体賦活の情報の取捨選択が
大きく変わるでしょう!

その結果、

ご本人の行動様式、そして、腰痛の改善度にも
大きな影響を及ぼしていくと感じています。

日々の臨床の中で、より一層
1つ1つの言葉を吟味して
使用していくとの重要性を
いつも感じています。

あなたは、どんなことに気をつけて

【関わって】いますか?

****

対話的腰痛アプローチ
Interactive Low back Pain Technology(ILPT)

主宰 赤羽秀徳

****

追伸

もし、関わり方に自信がなく、学びたいと思うなら
それが学べる環境に参加するのが早道です。

独学だと時間と労力がかかります。

恐れが無くこころがスッキリする環境がおススメです。

▼【対話も用いて、腰痛改善プロセスを「温かな人間関係」に活かす!】

☆対話的腰痛アプローチ ILPTベーシックセミナー☆

考え方すべてが変わった!(OT 5年目)

・今回の内容は目から鱗で、感動ばかりでした(PT4年目)

自分の言葉、態度が“腰痛を生み出している”と痛感しました(PT8年目)

腰を触らずして軽減できる方法がたくさんあるので、必ず明日の治療から役に立つと思います(OT6年目)

などの感想をいただいております。

Web開催の詳細・受付は、こちらから↓

<<PR>>

【腰に触れる前に知っておきたい!腰痛改善法の大原則】

時間や距離的な制約があり、ILPTセミナーに参加できない方は、
セミナー内容のポイント および
東大病院 特任教授の松平浩先生との特別対談を収録したILPT_DVD
で学んでいただき、明日から臨床に活かしていただくこともできます。

【一般の方からの感想です!】

長年腰痛に悩まされており、病院へ行っても、変形があるとか老化だとか言われるだけで解決にはならないと諦めぎみでした。
収録されているセミナーは専門家向けのものですが、NHKスペシャル「腰痛・治療革命」で注目の松平浩医師との対談も含まれており、パスワードで視聴可能になる特典映像も見ました。

明るくはっきりした口調で行われるセミナーでは、「腰痛に対する正しい情報を提供し、励ます態度をとること」
「ことばの使い方にも敏感で細やかな配慮をすべきこと」が強調され、徹底した「クライアントファースト」が印象的です。

このような指導を受けて学んでいる志の高い専門家たちがいるということを知って頼もしく思います。

科学は日進月歩だし、特に医療関係は真摯に勉強し続ける人に担って欲しいと常々思っています。対談も含めて、その点に信頼感と希望を感じました。

また「腰痛に悩む本人自身の主体性が重要であること」が強調されており、どこかゆがんでいようが年をとろうが、なんとかやっていけると強く勇気づけられました。

腰痛に悩む“素人”対象の具体的な指導も第二弾として期待します!

★IAIR会員の方はこちらから↓

★IAIR非会員の方はこちらから↓

<<無料メルマガ>>

ILPTセミナー・コースの予習、復習となるとともに、
腰痛改善にも必須の【温かなコミュニケーション】のコツなどもお届けしています。

無料で登録できる【ILPT便り】はこちら↓

>>>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSrpbEvIRnM


Scroll to top