足関節から見る立ち上がり② 〜離臀につなげるために〜

立ち上がりの離臀では、足部が安定しながら背屈していくことで重心が前方に移動し可能となります。
前回は筋電図で確認していきました。まだの方は『足関節から見る立ち上がり 〜離臀につなげるために〜』からご確認されてみてください。

では、今回は動作分析の結果、背屈運動が困難な患者さん・利用者さんにはどのような細かい評価をしていけばいいのか?を考えていきましょう。

 

①背屈運動が困難なのは可動性?筋力?

この場合は関節が安定して動く条件を評価していきましょう。
評価としては
・関節の動き(ROM):足部の可動性
・筋の活動(MMT):前脛骨筋など足部を安定させる筋
を正確に測定していくことが大切になります。
この次に、
可動域の場合は、その関節が動くための運動学をベースに評価を勧めていきます。
筋力の場合はどの筋に筋力低下が生じているのか?を細かく評価していきます。

② 背屈の他動ROMが低下していた場合

この場合は足部の中でも距腿関節が背屈する時の運動学を整理していきましょう。
距腿関節が背屈するためには、大きく分けて以下の3つの関節が可動していることが大切となります。
・近位脛腓関節
・遠位脛腓関節
・距腿関節
では次にこの3つの関節がどのように動いているのか?を整理していきましょう

③ 背屈運動の運動学

距腿関節は距骨が後方に滑り込むことで背屈が可能となります。つまり、この滑り込むだけのスペースと距骨が滑走することが大切になります。

腓骨が前上方に移動→遠位脛腓関節が開くように動く→距骨が後方へ滑走する→距腿関節の関節軸を中心に背屈運動が生じる

というような順番で関節運動が生じています。

④ まとめ

どうだったでしょう?動作分析の結果、背屈が困難なケースがいたら、ROMにて背屈を測定し、可動性がない場合は
・近位脛腓関節
・遠位脛腓関節
・距腿関節
この3つの関節のどこに問題があるのか?を評価していことが大切です。
このように『動作分析では、動くべき関節を観察し、動いてない場合はその関節が動くための条件を運動学で整理して評価していく』という様にしていただければしっかりと自分でも学習できます。ぜひ明日から運動学・解剖学に注目して臨床に望んでみてください。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

作業療法士 加藤淳

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRのオンライン講義が始まりました!
セミナーの予習、復習としても使えますので
まだ見られていない方は、是非!

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
加藤個人note:https://note.com/jaka

*******************************


Scroll to top