臨床に活かしませんか?感謝の効果!

こんにちは。

赤羽秀徳です。

先月4月19日に、メールマガジン(ILPT編)
をお届けしました。

『免疫力アップのために!伝えませんか?~感謝~ 』
その後、
いくつかの感想をお寄せいただいたり、
「感謝」についての研究報告も知りたいという
声をいただきましたので、

今回は、
その感想と、研究報告をご紹介
していきたいと思います。

カラダとこころがより健康になる
ヒントになれば幸いです。

まずは、〔The Rose〕をお聞きになった感想を
お二人分、ご本人の了解を得ておりますので
ご紹介させていただきます。

初めは、ILPTプラクティショナーのMさんからです。

★「メルマガ拝読しております。

ローズ、聴いてびっくりでした!

あの曲、私が昨年出産した後に、
知り合いから送られてきて、
涙した曲でした。

深い深い愛…

歌詞を書き起こして、
手帳に書いておこうと思います。

いつもありがとうございます」

Mさん、ありがとうございます。

=======
深い深い愛…
=======

出産後であり、より一層深い愛を
感じたことと思います。

次は、

ILPTプラクティショナーのYさんからの感想です。

★「このメロディー好きです。

昨年の子供のピアノの発表会で、
ダウン症のお兄さんが〔The Rose〕を弾いてました。

一生懸命さとメロディーの美しさに大きな感動をして、
思わずピアノの楽譜を買って弾いてました。
歌えたらいいな、
合唱出来たらいいなと思ってました。

歳を重ねるのはいいことです。
自分のこれまでの道のりを見ているよう。
また、子供の成長の軌跡を見るようです。

今は動きの見えないように見える姿の中にも、
それぞれの葛藤の中に生きている。

いつか、自分の花を咲かせるための
期間を過ごしてるような気がします。

農家の娘だから分かります。

それぞれの季節に大切な意味があることを。
冬の寒さや夏の暑さがあるからこその
実りや紅葉が訪れることを。

人も自然の動物だから、
不必要な操作をしたくありません。

あるがままを見守れる大人になりたいと思ってます
(進化の途中です)。

自分への自信のなさから、
動く事やチャレンジする事に躊躇してた日々。
他人に目を向けられなかった日々。
社会に出てからの葛藤。

葛藤の中や他者との関わりの中から、
自分を愛することを学んでいった事。

今、自分に正直な好きな事に歩みを進めていける事。

こんなことが出来るようになった
これまでの全てに感謝できるようになりました。

愛は花で、君はその種。

そういう目で周りを見渡せることが出来たら、
今を幸せに生きる事が出来ると思いました」

Yさん、ありがとうございます。

Mさん同様に、
深い愛、思い描く愛が
伝わってきます。

==========
愛は花で、君はその種。
==========

あなたは
どんな感想を持ちましたか?

さて、前回は、感謝が免疫力を上げる
という概念のみお伝えしましたが、
もっと、詳細も知りたいという
声を多くいただきましたので、
「感謝」の効果について少し詳細に
ふれていきましょう。

◇感謝日記の効果

ロバート・エモンズ博士が、
「感謝日記」の効果の報告
をしております。

身体的、心理的、社会的、
効果として、以下のことが
分かったようです。


————————–

【身体的効果】

・免疫力が向する

・痛みと痛みによる苦悩が軽減する

・血圧が低下する

・より多く運動し、健康をよりケアする

・十分な睡眠時間が得られ、目覚めが良くなる

————————–

【心理的効果】

・ポジティブ感情がより高くなる

・活発になる

・より多くの喜びや楽しさを感じる

・より楽観的で幸福感が高まる

————————–

【社会的効果】

・より親切、寛大、思いやりを持つようになる

・より寛容になる

・より外交的になる

・孤立感や孤独感が軽減する

————————–

以上

いがでしょうか?

免疫力

痛み

血圧

運動

睡眠

楽観的

寛容

など

臨床でこれらの悩みに対して
対応することも少なくないと思います!

それらの対処法として、

「感謝」という習慣の実践が
有効とのこと。

一日を通して、体験することを
「当たり前」のことと思わず、
「感謝」できることを探して
日記などに書き留めてみては
いかがでしょうか?

◇見方が変わると世界が変わる

【見方が変わると世界が変わる】

私の好きなことばの一つです。

見方は、無限に自分で変えられます!
「感謝」することを積極的にみつけよう、

という見方になると、

見える世界、気づける世界が
日々変わっていくでしょう。

言葉にするとシンプルですが、

しってる

してる

は、大違いです。

=========
感謝の習慣
=========

損することはないので、
もし、良かったら是非。

腰痛に悩む方にもおススメ。

★ILPTベーシックセミナーでは
慢性腰痛を切り口に、不必要な痛みを鎮める方法、
コミュニケーションの改善にすぐ役立つ知識、知恵を
楽しく、豊富にお伝えしています↓

https://iairjapan.jp/backpain

****

対話的腰痛アプローチ
Interactive Low back Pain Technology(ILPT)主宰

赤羽秀徳

****

<<PR>> 
▼【対話も用いて、腰痛改善プロセスを「温かな人間関係」に活かす!】

☆対話的腰痛アプローチ ILPTベーシックセミナー☆

・一緒に参加した同僚2人で、セミナー内容を臨床でアウトプットしながら効果のほどに驚いております(PT4年目)
 
・今回の内容は目から鱗で、感動ばかりでした(PT4年目)
 
・自分の言葉、態度が“腰痛を生み出している”と痛感しました(PT8年目)
 
考え方すべてが変わった!(OT 5年目)
 
・腰痛だけでなく、他の疾患の方に対するアプローチの仕方なども大変参考になるセミナーでした(PT1年目)
 
・即効性にきました(PT3年目)

・実技で、こんなに目に見えて、健常者が変わっていくのがびっくりしました。とても効果があるのが分かりました。明日から使っていきます。(OT4年目)

などの感想をいただいております。

詳細・受付は、こちらから
>>>https://iairjapan.jp/backpain
<<PR>>

【腰に触れる前に知っておきたい!腰痛改善法の大原則】

時間や距離的な制約があり、ILPTセミナーに参加できない方は、
セミナー内容のポイント および
東大病院 特任教授の松平浩先生との特別対談を収録したILPT_DVD
で学んでいただき、明日から臨床に活かしていただくこともできます。

【一般の方からの感想です!】

長年腰痛に悩まされており、病院へ行っても、変形があるとか老化だとか言われるだけで解決にはならないと諦めぎみでした。
収録されているセミナーは専門家向けのものですが、NHKスペシャル「腰痛・治療革命」で注目の松平浩医師との対談も含まれており、パスワードで視聴可能になる特典映像も見ました。

明るくはっきりした口調で行われるセミナーでは、「腰痛に対する正しい情報を提供し、励ます態度をとること」
「ことばの使い方にも敏感で細やかな配慮をすべきこと」が強調され、徹底した「クライアントファースト」が印象的です。

このような指導を受けて学んでいる志の高い専門家たちがいるということを知って頼もしく思います。

科学は日進月歩だし、特に医療関係は真摯に勉強し続ける人に担って欲しいと常々思っています。対談も含めて、その点に信頼感と希望を感じました。

また「腰痛に悩む本人自身の主体性が重要であること」が強調されており、どこかゆがんでいようが年をとろうが、なんとかやっていけると強く勇気づけられました。

腰痛に悩む“素人”対象の具体的な指導も第二弾として期待します!

★IAIR会員の方はこちらから↓

★IAIR非会員の方はこちらから↓

<<無料メルマガ>>

ILPTセミナー・コースの予習、復習となるとともに、
腰痛改善にも必須の【温かなコミュニケーション】のコツなどもお届けしています。

無料で登録できる【ILPT便り】はこちら↓

>>>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSrpbEvIRnM


Scroll to top