足関節から見る立ち上がり 〜離臀につなげるために〜

前回までは骨盤に注目してお伝えしていました、立ち上がりの動作分析。立ち上がりを分析する際に注目してもらいたいのが
①骨盤の前傾が出来るか?
②足関節の背屈が出来るか?
③股関節の伸展が出来るか?
でした。詳細はこちらから『【動作分析】立ち上がりを分解』

今回からは足部に注目していきましょう。
なぜ足部なのか?この足部をどう評価していけばいいのか?を紐解いていきましょう。

① なぜ足部なのか?

立ち上がり動作で骨盤前傾が行われた後に実施されるのが、離臀です。
この離臀は、足関節が最大背屈になり、重心が前方移動することで生じます。つまり、足部が安定して背屈できることで前方移動をスムーズに実施できる条件となります。

② 筋の活動はどうなっているのか?

では、実際に足部は動いているのか?を確認していきましょう。立ち上がり時の筋電図は以下のようになっています。

(引用:椅子からの立ち上がり動作に関する運動分析より)
この筋電図では、立ち上がりの際に最も働いているのが前脛骨筋となっています。つまり、筋活動に注目しても足部の安定性して背屈することが重要であると言えます。

③ 足部の何を見ればいいのか?

この場合は関節が安定して動く条件を評価していきましょう。
評価としては
・関節の動き(ROM):足部の可動性
・筋の活動(MMT):前脛骨筋など足部を安定させる筋
を正確に測定していくことが大切になります。

④ まとめ

立ち上がりの際に離臀ができない人がいた場合は、まずは足部の可動性と安定性を測定していきましょう。
その評価方法として養成校で学んできた
・ROM
・MMT
が非常に有効です。臨床に出ている今だからこそ、評価に注目し仮説をたて、検証をする。この流れを大切にしてみてください。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

作業療法士 加藤淳

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRのオンライン講義が始まりました!
セミナーの予習、復習としても使えますので
まだ見られていない方は、是非!

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
加藤個人note:https://note.com/jaka

*******************************


Scroll to top