歩行時に必要な足部の安定性

歩行時に必要な足部の安定性

安定した歩行の際必要になってくる足部の機能といえば「アーチ」。

土踏まずに代表される内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチ。

この3つが機能することで歩行の安定化に寄与することは皆さんもご存知のはずです。

しかし、アーチがあれば良いことは知っていても、
歩行とどんな関係があるのか?を考えたことがありますでしょうか?

では考えていきましょう。

アーチには2つの役割があります。

【立脚初期から中期にかけての衝撃吸収】
トラス機構と呼ばれ、アーチと足底腱膜の三角形の
構造で荷重時の衝撃を分散します。

【立脚後期にかけての足部の剛性アップによる推進力の向上】
ウィンドラス機構と呼ばれ、足指の背屈により、
足底腱膜が緊張し、アーチをより高くすることで
足の剛性を高め、推進力の伝達を良くします。

これらはアーチ構造がしっかりしていることが前提であるため、アーチに必要な骨についてみてみましょう。


【内側縦アーチ】

踵骨、舟状骨、内側楔状骨、第1中足骨までのライン

【外側縦アーチ】
踵骨、立方骨、第5中足骨のライン

【横アーチ】
後足部:舟状骨、立方骨、踵骨
楔状骨部:3つの楔状骨、立方骨
中足骨部:1~5中足骨頭

実は3つのアーチには舟状骨、立方骨、3つの楔状骨が
必ず含まれており、
この部分の剛性が衝撃吸収や推進
力向上の機能の良し悪しを決めます。

 

剛性の弱い代表的な足は「扁平足」です。

足の剛性が低いと、HC〜Mstまでの衝撃吸収低下と、
下腿の過度な前傾を
Mst〜Tstでの推進力の低下を
生み出してしまいます。

 

アーチ全体が潰れているのでトラス機構やウィンドラ
ス機構を「構造」で使えないため、疲れやすく、
足部のトラブル出やすいです。
(パタパタ歩きで遅い、ふくらはぎが張る傾向)

よくある失敗例は、見た目に内側縦アーチが低いから、
インソールで内側縦アーチを高くしよう!
という単純な発想。

インソール部分を踏んでしまいそこが痛くて歩けなくなるのがオチです。

そこで、一つ評価をします。

通常、足部は外側荷重になると、内側縦、横アーチが
高くなる
ように反応します。(過剰になると凹足)

つまり、外側縦アーチでしっかり支えられれば、
他のアーチの剛性を担保できるはず。

患側の足で外側荷重した時に、アーチと足の剛性の増加
がないなら外側縦アーチの問題の可能性が高いです。

外側縦アーチの頂点になるのは立方骨なので、
ここの高さが肝になります。

徒手介入としては下肢TGAでお伝えしている立方骨への
アプローチが有効です。

簡易インソールとして、数ミリの高さで立方骨の下に
高さを出してもOKです
(お試しならティッシュを折ったものでも可)

外側縦アーチの安定化が図れたら歩いてみてください。

蹴り足がしっかりしたり、パタパタした足音が減り、
歩行スピードが上がるはずです。

まとめると、
衝撃吸収と推進力向上に繋がるトラス、ウィンドラスの2つの機構を働かせるためには
アーチの安定が必要で、主に外側縦アーチが重要。

以上になります。

足部の運動性については前回のコラムを参照してください。
https://iairjapan.jp/archives/41552

厳密にはまだアーチに関わる箇所はありますが、
今回はここまで!

 

<PR>

IAIRのセミナーでは、「学習を継続」しやすくする仕組みとして、1講義2日構成で間に1ヶ月間時間を設けています。1日目のセミナーで学んだ技術を臨床で活用したのち、2日目のセミナーでブラッシュアップしていきます。

一度受講された講義は再受講制度もあるので2年3年と復習に通う方もいらっしゃいます。

令和2年もいよいよ始まりました。今年はIAIRで学んでみませんか?

各地のセミナー日程はこちら

 

脳卒中患者さんの評価と治療を
体系的に学びたい方はコチラ↓↓

https://ccrajapan.jp

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

IAIR 理事
理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRのオンライン講義が始まりました!
セミナーの予習、復習としても使えますので
まだ見られていない方は、是非!

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top