ヘルニア

「ヘルニアを持っている方」に是非知ってほしい3つの情報 No196

「私、ヘルニアを持っているから腰痛があるんです」

ということ発言を聞くとが度々あります。

あなたは、いかがですか?

臨床で患者さん利用者さんから
そのような発言を聞くとは
ありませんか?

私生活ではいかがですか?

友人や知人から
そのような発言を聞くとは
ありませんか?

その方は、
その発言をする時に
安心されていますか?

***

ということで、今回は、
腰椎椎間板ヘルニアについて
是非、知っておいてほしい情報を
3つお届けいします。

 

◇椎間板ヘルニアと痛みは関係ないことが多い

このことは、以前もお伝えしてきました。

関連記事MRI上椎間板ヘルニアがあっても 痛みが無い人も多い!!

そのコラムでもお伝えしましたが、
是非、暗記しておきたいのが、
【腰椎椎間板ヘルニアの診断基準】
です。

再度、確認しておきましょう!

今回は、暗記法も考えてみましたので!!

===============

1:腰・下肢痛を有する(主に片側、ないしは片側優位)
 
 
2:安静時も症状を有する 
  
 
3:SLRテストは70°以下陽性
  (但し高齢者では絶対条件ではない)

 
4:MRIなど画像所見で椎間板の突出がみられ、
  脊柱管狭窄所見を合併していない
 
 
5:症状と画像所見とが一致する

===============
とガイドラインに記されています。

~~~~~~~~~~~~~~~

☆覚え方のコツは、2:1:2

初めの2つは、痛み

つぎの1つは、角度

つぎの2つは、画像

・良かったら覚え方のコツとして。

~~~~~~~~~~~~~~~

さて、ガイドラインの内容に
話は戻りますが、
確認したいのは、

「私、ヘルニアを持っているから腰痛があるんです」

という方が、

下肢痛があり、
安静時も症状がある、など
上記の診断にあてはまって
いるかどうか?

シンプルですが、

当てはまらない時には、
不必要な、不適切な解釈を
していることになります。

◇ノーシーボ

では、是非知っておいてほしい
二つ目の情報です。

それは、【ノーシーボ】

医療機関を受診し、
画像検査の結果から、
「あなたの痛みは、このヘルニアによるものです」

「ここが神経を押していて、痛みが出ています」

等と、

上記の
診断基準に当てはまっていないのに、
画像検査のみの結果から説明されると
その後、痛みを感じた時には、

「今感じている痛みは、椎間板ヘルニアのためだ」

と解釈し、痛みを長引かせていしまいます。
これは、

プラシーボ効果の逆で、ノーシーボ効果と
言われるものです。

ご存じのように、
「治る思えは、治る」がプラシーボ効果
ですが、

その逆で、
「痛くなると思えば、痛くなる」のが
ノーシーボ効果です。

「ヘルニアがあるから痛くなる、と思えば痛くなる」

という感じです。

似たような発言で

「季節の変わり目だから」

「台風が来ているから…」

「来週から寒くなるから…」

という発言を聞くこともあるかと思います。

確かに、気圧や気温の影響は、
カラダに影響を及ぼしますが、
どのように「解釈」しているかで、
その影響もだいぶ変わってくるでしょう。

過去の経験から、
そのような発言になっているとは思いますが、
本人は、正しい知識・情報を知らないだけ
かもしれません。

プラシーボ効果の反対の
ノーシーボ効果というものがあり、
それが、痛みの慢性化、難治化に
つながってりいることを知ったら

きっと

解釈、発言も変わってくることでしょう。

◇ペインマトリックス

そして、最後3つ目に
お届けしたいのは、

「ペインマトリックス」についてです。

ご存じですか?

「ペインマトリックス」

簡単に表現すると
脳の痛みを感じる仕組みに関連する領域。

そこの働きが強くなると
痛みが強くなり、

逆に、

働きが弱くなると
痛みが軽くなる

という性質があるとされています。

その領域いは、痛みに関連した

言葉

・画像

・イメージ

・記憶

・予想

・共感

などに
反応するようです。

先にあげた、

・「季節の変わり目だから」

・「台風が来ているから…」

・「来週から寒くなるから…」

というのが、まさに
当てはまりますね。

その他、

・コルセットを不必要に使う

・予防的に湿布を使う

・自分の腰痛の原因を探る時間が多い

・痛みに関連した口癖

・挨拶のときに痛みの話題が多い

そして、
今回話題にあげた
「あなたの腰痛は、このヘルニアのためです」などの

・医療従事者からの説明

など、

これらが、ペインマトリックの
働きを強くし、
痛みが強くなってしまうのです。

◇まとめ

以上腰椎椎間板ヘルニアについて
是非、知っておいてほしい情報として、

・椎間板ヘルニアと痛みの関連

・ノーシーボ

・ペインマトリックス

の3つについて、
簡単に説明してきました。

お気づきのように、
それそれは、独立したものではなく
お互いに関連していますね。

そして、

カギになっているのが、

医療従事者の
説明の仕方、

つまり、

【情報】

になってきます。

そういう意味でも

患者さんの痛みがなかなか軽減しない
快方に向かわないときに、
確認するべきことは、
どんな

・情報

が伝わっていて、

それを、患者さん利用者さんが

どのように解釈し、
どんな「思い込み」をしているこを
傾聴して、理解し、

・椎間板ヘルニアと痛みの関連

・ノーシーボ

・ペインマトリックス

などの知識・情報を
お伝えしていただければ、
患者さん、利用者さんの

言葉や行動の選択も変わってくると期待しています。

是非!

すべての人々の“ハッピー”のために。

参考書籍:
日本整形外科学会 日本脊椎脊髄病学会 監修
「腰椎椎間板ヘルニア 診療ガイドライン」
改訂第2版 南江堂

ILPTベーシックセミナーでは
慢性腰痛を切り口に、不必要な痛みを鎮める方法、
コミュニケーションの改善にすぐ役立つ知識、知恵を
楽しく、豊富にお伝えしています↓


****

複合的腰痛アプローチ
IAIR Lumber back Pain Technology(ILPT)主宰

赤羽秀徳

****

<<PR>>

【対話も用いて、腰痛改善プロセスをより輝く人生に活かす!】

 〜複合的腰痛アプローチ ILPTベーシックセミナー〜
 
・笑いもあり、とても楽しく講義を聞くことができ、そして勉強にもなり、
 セラピストとしてだけではなく、人との関わり方と言うところでと
 とても興味深く聞くことができました。
 
 あっという間の1日でした。本当にありがとうございました。
 
・腰痛に対してメカニカルな面だけでなく、そのひと、生活全体をみていくという視点が学べると思い参加しました。
 
・患者さん、利用者さん、同僚、家族等とのコミュニケーションを振り返るきっかけになりました。
 
・専門職としての発言や記載には責任があり、その自覚が薄れていた自分にも気づけました。

などの感想をいただいております。

詳細・受付は、こちらから
>>>https://iairjapan.jp/backpain
 

<<PR>>

時間や距離的な制約があり、ILPTセミナーに参加できない方は、
セミナー内容のポイント および
東大病院 特任教授の松平浩先生との特別対談を収録したILPT_DVD
で学んでいただき、明日から臨床に活かしていただくこともできます。

【一般の方からの感想です!】

長年腰痛に悩まされており、病院へ行っても、変形があるとか老化だとか言われるだけで解決にはならないと諦めぎみでした。
収録されているセミナーは専門家向けのものですが、NHKスペシャル「腰痛・治療革命」で注目の松平浩医師との対談も含まれており、パスワードで視聴可能になる特典映像も見ました。

明るくはっきりした口調で行われるセミナーでは、「腰痛に対する正しい情報を提供し、励ます態度をとること」
「ことばの使い方にも敏感で細やかな配慮をすべきこと」が強調され、徹底した「クライアントファースト」が印象的です。

このような指導を受けて学んでいる志の高い専門家たちがいるということを知って頼もしく思います。

科学は日進月歩だし、特に医療関係は真摯に勉強し続ける人に担って欲しいと常々思っています。対談も含めて、その点に信頼感と希望を感じました。

また「腰痛に悩む本人自身の主体性が重要であること」が強調されており、どこかゆがんでいようが年をとろうが、なんとかやっていけると強く勇気づけられました。

腰痛に悩む“素人”対象の具体的な指導も第二弾として期待します!

★IAIR会員の方はこちらから↓

★IAIR非会員の方はこちらから↓

<<無料メルマガ>>

ILPTセミナー・コースの予習、復習となるとともに、
【温かなコミュニケーション】のコツなどもお届けしています。

無料で登録できる【ILPT便り】はこちら↓

>>>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSrpbEvIRnM


Scroll to top