ウオーキング療法士による健康経営サポート報告。

2019年10月1日(火)

ウォーキング療法士による企業様への健康経営サポートを実施してまいりました。

こんにちは、ウオーキング療法士の渡邉です。

今回は、福島県福島市にあります税理士法人ケーエフエス様へ訪問です。

デスクワークが中心であり、
肩こり、頭痛、腰痛を訴える社員の方が多くらっしゃるということで、
普段の生活や仕事場面でも活かせるように、姿勢やウオーキングに着目してみました。

話の中では、
実際に普段からみなさんがどのように体を気遣っているのか、など、できるだけ生活に寄り添った形で、お話しを進めてきました。

 

企業様での研修では、
「出来る限り、シンプルに、かつ、お土産をもって帰っていただきたい。」
という思いで、構成を考えております。

↓以下。

また、以下の質問もさせてもらい、
身近なところから、体を動かすことを意識してもらうようにお伝えしています。


さて、みなさんは答えられますでしょうか???

ウオーキングの定義として設けているのは、たった2つです。

1、歩くときにどちらかの足が、地面・床に接地していること

2、脳や体に意図をもって、負荷をかけて歩くこと

一方、散歩というのは、
健康や気晴らしを目的に、「ぷらぷら」と歩くこと。です。

 

この両者は、似て非なるものですね。

 

また、巷では1日1万歩歩くのが良いという情報も聞かれたりもしますが、
実は、、、、違います。

 

こちらの記事も参考にどうぞ。
「1日1万歩で健康になるは、大きなウソだった」

 

座学として、参加者同士でのディスカッションも行いながら、楽しく学んでいきます。

 

その後は、いざウォーキングの実践です。

 

効果的な身体操作に関してですが、
本当に簡単にお伝えすると、

 

まっすぐな姿勢を作り、重心を高く、前方にかけて、腕を振って歩く。

 

ということになります。

 

まずは、基本として、頭の上で手を組んで、そのまま天井に向かって、伸ばしていきます。

 

この1つを意識するだけでも、
みなさん、歩くときの姿勢が綺麗になるのを実感していただけます。

ちょっとしたことを意識するだけで良いんですよね。

最後には、
「歩くことを通じて、自分の身体に興味を持ってほしい、大切に扱ってほしいです!」
と熱くお伝えしてまいりました。

ウォーキングをすることが目的ではなく、ウォーキングは、あくまで手段の一つと考えています。

 

健康を維持し、仕事はもちろん、プライベートも充実した日々を過ごしていけることが目的と考えています。
不調を感じる方は、感じないように。
健康だと感じている方は、より健康でいられるように。

 

人それぞれの状態、目標に合わせて、介入できるのもウォーキングであると思います。

 

そういった視点ももって、臨床に望むといろんな発見も出てくることも面白いです。

ウォーキング療法士の詳細は、こちらから。

ウォーキング療法士

ウォーキング療法士としては、企業研修や地域でのウォーキングイベントなど様々な活躍の場面もあります。

予防や健康増進に対して興味のある方はぜひウォーキング療法士認定講座にご参加をお待ちしています!!

 

国際統合リハビリテーション協会
ウォーキング療法士 渡邉 哲


Scroll to top