【習った手技をたくさん試したのに変化が出ない?? 〜それって手技の問題?〜】

今日のテーマは

「いろいろ試したのに変化が出ない時は

どうしたらいいのか?」

ということです。

 

ポイントは3つ。

1)動作を見ましょう。

 

2)目的を明確に。

 

3)経験という色眼鏡を外す。

 

この3つを抑えれば、変化が出なかった理由が

分かり、今後の介入に活かしていけます。

 

まずは1)動作をみる、というところ。

 

講習会で実技をたくさん学んでくると、

どうしても色々試したくなります。

特に実技練習で効果が出た手技なんかは、

すぐに患者さんに提供したくなります。

 

「この手技をすれば動作が良くなる!」

 

その思いが強すぎると、患者さんの動きを

見る前に身体に触れてしまいます。

 

つまり、何も考えずに手技だけやってしまう

という最悪なパターン。

 

【何の動作を改善させたいか?】という視点が

抜けてしまっています。

 

次に2)目的を明確にするということ。

 

なぜ、そこに介入する必要があるのか?を

明確にすることです。

 

つまり、【動作を見て】、【問題点を挙げ】、

【仮説を立てる】という作業が必要です。

 

何の動作を改善させるために、

何の評価をし、何を仮説として、

どんな治療選択をしたのか?

 

ここをはっきりさせましょう。

 

最後は3)色眼鏡を外すということ。

 

これはなまじ経験がある方に多いのですが、

こういう症状の方はここにアプローチ

すれば良くなることが経験上多いから

ここを介入ターゲットにしよう」という

経験則という名の思い込み。

 

この落とし穴、私もたまに落ちます…。

 

ハマれば一発で症状改善となりますが、

効果が出ないと変な汗を大量にかきます…。

経験という色眼鏡が、「こうだろう」と思い込んで、仮説検証作業を飛ばしてしまいます。

 

改善ポイントを3つ挙げましたが、

 

結論は

「何を目的に、何の治療をしたのか?

を明確にすること。そのためにも、

動作をきちんと見直しましょう!!」

ということです。

 

IAIRの講義スライドでも「本日の目標」に

「目的を明確に」というのが毎回書かれています。

 

また、IAIRのセミナーは2日間構成となっています。

(骨盤帯TGA1・2の様に)

 

2の日程では、1で学んだ手技を臨床で1ヶ月使って

どうだったか?をシェアしていきながら、

「なぜうまくいったのか?行かなかったのか?」

等々、臨床の中で生まれた疑問を解決する場

になっています(手技の復習もします)。

 

徒手療法を伝えるだけでなく、臨床の問題解決のために

仮説検証作業にも介入していきます。

 

そんなBクラスセミナーが9月より全国で開催

されていますので、ぜひご参加ください。

<PR>

IAIRーCafeや動画コンテンツを利用したい!

という方は、下記より会員登録を。

IAIR会員になると、セミナーの会員価格での

提供やその他特典があります。

 

札幌、福岡の骨盤帯TGAを皮切りに、Bクラスコース

が全国で開催されます。

徒手介入のhand’s on(Bクラス) と

ICFの概念を用いたhand’s off(Aクラス)

この両輪が回ってこそのリハビリテーションです。

単発受講も受け付けていますので、

この機会に、徒手介入から学んでみてはいかかでしょうか。

 

各地のセミナー日程はこちら

 

 

脳卒中患者さんの評価と治療を

体系的に学びたい方はコチラ↓↓

https://ccrajapan.jp

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

IAIR 理事

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top