【療法士に技術は必要か?】

今回のテーマは

「療法士の治療技術」について。

 

先日の福留のコラムでも

何に触れているかを認識することが

大切ですよというものでした。

細かい話ではありますが、人に触れている

以上、重要な要素であります。

 

しかし、そんなに技術って必要なの?

という疑問をお持ちの方もいるかと思います。

 

答えは

 

「技術があるのが当たり前(必須)」です。

(*療法士が持ち合わせておくべき技術が

当たり前にできているということです。)

 

その理由の一つは

【仮説検証作業】にあります。

 

仮説検証作業の中に3つのポイント

「評価」「仮説」「治療」があります。

仮説検証作業のループを回すためには

この3つが各々成立している前提で

考察がされていきます。

 

なので、どんなに評価や仮説が素晴らしくても、

「治療」が技術不足で成立しないと、

仮説の検証になりません。

 

大工さんの言葉で、

「大工は2度見て1度で切る」

という言葉があります。

 

「一回でまっすぐ木を切る技術」がある前提

なので、違うところを切ったり、

違う形にしないように、

図面を2回確認して、間違いなければ、

スパッと切るそうです。

 

図面通りに家を建てるためには、正確な加工

施された木材が必要。

「大工が木をまっすぐ切る」ことができな

ければ図面通りの家は建ちません。

 

療法士に例えると、「治療技術がある」前提で、

何を検証する必要があるのか?を評価や仮説を

吟味して、治療方針が決まったら、

検証作業として治療をします。

 

図面=評価・仮説

まっすぐ切る技術=治療技術

です。

 

結局はじめに戻るのですが、

治療が成立しているのが前提だと、

評価結果や仮説が正しかったか

どうかが「検証」できます。

 

だから技術は必要なんです。

 

どうです?

 

ここまで読んでも「技術は必要か?」

なんて思いますか?

 

IAIRでは、最新の解剖学(筋膜の新常識)

に基づいた全身を診るコトができる徒手療法TGAの

Bクラスライセンスコースが始まっています。

 

「療法士が身につけるべき基本的な技術」

にお困りなら、IAIRでの受講をおすすめします。

 

様々な分野を経験している講師陣と

インストラクターが、皆様のお悩みを

解決いたします。

<PR>

IAIRーCafeや動画コンテンツを利用したい!

という方は、下記より会員登録を。

IAIR会員になると、セミナーの会員価格での

提供やその他特典があります。

 

札幌、福岡の骨盤帯TGAを皮切りに、Bクラスコース

が全国で開催されます。

徒手介入のhand’s on(Bクラス) と

ICFの概念を用いたhand’s off(Aクラス)

この両輪が回ってこそのリハビリテーションです。

単発受講も受け付けていますので、

この機会に、徒手介入から学んでみてはいかかでしょうか。

 

各地のセミナー日程はこちら

 

 

脳卒中患者さんの評価と治療を

体系的に学びたい方はコチラ↓↓

https://ccrajapan.jp

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

IAIR 理事

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top