見逃しがちな踵と靴の話

歩行分析の中でも特に注目される

ロッカー機能。

 

中でも、ヒールロッカーは歩行における最初で

かつ最も重要な機能。

 

なぜかというと、ヒールロッカーをきっかけにして

アンクル、フォアフットと連続して機能していくので、

最初で躓くと途中で修正できないからです。

 

そのため、歩行訓練をする際はヒールロッカーを

いかに機能させるか?が重要になっています。

 

ヒールロッカーを機能させるためには踵接地が

必要なため、「踵から着いて歩きましょう」という

声かけもよく耳にします。

 

ただ、多くは「踵から接地する」ことに注力しすぎて、

「踵がどう接地しているか?」については、

見えていないように感じます。

 

裸足を想定すると、

踵接地の際、距腿関節の向きがどうなっているのか?

によってその後のアンクル、ヒールロッカーの軌道が

決まってきます。

 

要するに、踵接地時の内外果を見たときに、

外果が内果より上にあるか?下にあるか

を確認するだけで、その後の足部の軌道がわかります。

 

外果が下にある時は、踵は内反位を取るため、

足全体は底屈内反の傾向になり、

中足部の剛性が高まります。

 

そのため、アンクルロッカーに移行する際のスピードが

遅くなり、かつ、フォアフットロッカーへの移行に必要な

前足部の柔軟性を欠くので、下腿が前傾しにくくなる

のでバックニーで代償したりします。

 

逆に外果が上にあるときは、踵は外反位をとり、

足部全体は背屈外反傾向となり、

中足部の剛性が減ります。

 

中足部の剛性が低くなると、ヒールロッカーから

アンクルロッカーにかけてのスピードが速くなりすぎ、

かつ、フォアフットロッカー時に必要な前足部での

支えも弱くなるので、下腿の前傾が出過ぎて

立脚後期での膝折れを起こす可能性があります。

 

このように、踵の向きが足全体の剛性の方向性

決め、ロッカー機能やその後の機能的

代償のパターンを作り出していきます。

 

ここまでは、足部に詳しい方であれば、

想定しているところ。

 

もう一声見て欲しいところが、「靴」。

 

踵、減ってませんか?

よく外減りしてる靴を見かけますが、

それだけで足が内反傾向になります。

アンクルロッカーへの移行が遅くなるので、

膝に負担がかかる可能性が増えます。

 

踵のクッションが良すぎる靴もアンクルロッカー

への移行を遅くする可能性があるため

注意が必要です。

 

また、ヒールカップの柔らかすぎる靴

も要注意。

踵を中間位でホールドしてくれないので、

もともと足の剛性が低い人は、外反接地

をしやすくなり、外反扁平を作りやすく

なります。

 

そうなると前足部の剛性が低くなるので、

歩くと前足部が疲れるという症状がある方は

靴のヒールカップ硬さを確認してみてください。

(踵にしっかりとはめて靴を履いている前提です)

 

足の機能に合わせて靴を選んだり、

今履いている靴が、患者さんや、自分の体

にどのような影響を与えるのか?

 

いろんな靴を履いたり、あえて踵にウエッジを

入れてみたりして試してみましょう。

 

<PR>

ウォーキング療法士のコラムが掲載されている

「walking life」でも靴の情報が掲載されているので、

参考にしてみてはいかがでしょうか?

https://walkinglife.jp

 

「ウォーキング療法士に興味がある」という方は

下記をクリック!

ウォーキング療法士

 

現在開催中のAクラスセミナーを始め、9月からは

全身を徒手的に介入するBクラスコースが始まります。

徒手介入のhand’s on(Bクラス) と

ICFの概念を用いたhand’s off(Aクラス)

この両輪が回ってこそのリハビリテーションです。

この機会に、徒手介入から学んでみてはいかかでしょうか。

 

各地のセミナー日程はこちら

 

 

脳卒中患者さんの評価と治療を

体系的に学びたい方はコチラ↓↓

https://ccrajapan.jp

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

IAIR 理事

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top