仙腸関節の安定性と運動性 今すぐできる運動

仙腸関節には、上半身の重量を支える機能と、下肢からの力(床反力)を体幹へ伝えるという機能があります。

端的に言えば、安定性と運動性です。

しかし「仙腸関節は動くのか?」という議論もあります。

 

仙腸関節は動くのか?

女性で出産を経験したことがある方、また男性でも立ち会ったことがある方は感じたことがあるかもしれません。

出産時には、仙腸関節が非常に大きく動きます。

実際に触れた経験から、そのダイナミックな動きに圧倒されたほどです。

 

仙腸関節は年齢によっても可動性が変化します。

    1. 胎児~10歳頃までは関節面は平坦で可動性が大きい
    2. 10代になると関節面に凹凸が出現する
    3. 40~50歳代で腸骨の関節面の隆起が増加し、関節軟骨の線維化と侵食が始まる
    4. 70歳代では骨棘が大きくなり、関節内の線維性癒着が進行する
    5. 80歳までには完全に骨化することもある

若年者であれば、関節面は平坦で可動性が大きいですが、加齢とともに凹凸が増えて可動性が低下していきますので、高齢で骨化している場合には、ほとんど動かないと言っても良いでしょう。

 

つまり、動く人もいれば(ほとんど)動かない人もいるということになります。

 

仙腸関節の安定性

運動性については理解できましたので、次は安定性です。

前述の通り、仙腸関節(骨盤帯)には上半身の重量を支えるという機能があります。

それを可能にしているのが、仙骨のうなずき運動によるフォームクロージャ―と、起き上がり運動時のフォースクロージャーという機能です。

 

フォームクロージャー

仙骨がうなずき運動をすると、骨盤周囲の靭帯の張力が増加し、構造的に安定した位置になります。

骨盤前傾位を想定して頂けるとイメージしやすいかもしれません。

構造的に安定する反面、その姿勢が長く続くと靭帯や周囲の筋膜に引き伸ばされるような力が加わるため、張力を失う可能性も出てきます。

結果、不安定な状態となるわけです。

 

フォースクロージャ―

こちらは仙骨が起き上がり運動をする際に働く安定化機能です。

フォームクロージャーとは反対となり、筋や筋膜が緊張することで安定性を確保しています。

しかし、こちらも同じような姿勢が続くと、筋は疲労し機能低下を起こすことがあります。

 

フォームクロージャー・フォースクロージャーどちらも、静止姿勢における安定化機能ですが、人間は動く生き物です。

状況に合わせて使い分けが出来る状態でなくてはなりません。

 

仙腸関節の機能改善

仙腸関節は、運動性にも安定性にも機能することが分かりました。

では、その機能を改善するために必要なことは何でしょう?

前述の通り、靭帯や筋によって安定していても不動であっては機能低下を起こします。

 

リハビリの問題点として挙がるのは

  • 可動域制限
  • 筋緊張の亢進
  • 筋力の低下

ですが、不動による影響はこの全ての根本になってきます。(※脳や神経系の問題がある場合は少し変わってきます)

 

同一姿勢が続く、体を動かす機会が少ない、コルセットに頼り切っている、こんな状態が続くと仙腸関節周囲の組織は動きが少なくなり(滑走不全)、結果痛みや動作の問題へと繋がっていきます。

仙腸関節の動きを引き出すために、是非トライしてほしいのはうつ伏せです。

 

うつ伏せでの運動

うつ伏せになることで、先ず余計な緊張を抜くことが出来ます。

そして、腕の力を使って少しずつ上半身を起こしてみてください。

更に、今度は膝を曲げて腰部の筋肉を伸ばしてみましょう。

この動きを繰り返すだけでも効果的です(※痛みのない範囲で)

 

そして、骨盤と脊柱の動きを組み合わせた運動も推奨しています。

骨盤前傾・脊柱伸展運動

骨盤後傾・脊柱屈曲運動

これも組み合わせていただくことで、不動となっている骨盤周囲の筋や筋膜の動きが改善してくる可能性があります。

 

徒手的アプローチ

徒手による技術では、先ず動きを引き出すことから始めます。

ほとんど動きのない関節ですが、安定性と運動性の両方を改善していくには、周囲の筋も含めて動きが必要です。

9月からスタートするB-classライセンスコースでは、骨盤帯をスタートに全身に対するアプローチ【TGA】を学ぶことが出来ます。

リハビリの現場では、このような徒手による技術が求められます。

 

それでは最後まで読んでいただけて感謝です。

************************

一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

理事 九州地区 理学療法士

福留 良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:https://iairjapan.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/yoshihisa.fukudome

***********************


福留 良尚

View posts by 福留 良尚
国際統合リハビリテーション協会常任理事 IAIR九州専任講師 理学療法士 コンディショニングサロン仁愛クリニカルルーム代表 3児の父 
Scroll to top