【高齢者の筋力低下、筋トレだけで解決していますか?】

ここ数年、フレイル、サルコペニアといった新しい概念に

より、高齢者のADL低下に対し、筋力トレーニング等

が推奨されています。

 

また運動器不安定症という診断名もあり、明確な受傷が

なくても、加齢による筋力低下、転倒、ADLの低下が

問題視される社会になっています。

 

ガイドラインでも推奨されていますが、

http://www.japanpt.or.jp/upload/jspt/obj/files/guideline/19_physical_vulnerability.pdf

 

いずれも、「筋力トレーニング」に対する報告になっており、

ADLに変化をもたらすかについては明記されていません。

 

ADLまでは飛躍しすぎかも知れませんが、せめて、

基本動作の改善ぐらいは目指したいものです。

 

実際のところ、皆さんも高齢者に対して筋トレを

処方することは多いと思いますが、継続した結果、

動作に変化を感じていますでしょうか?

 

私たちが、高齢者に対して筋力低下だと判断する

場合、多くは基本動作やADL能力の低下から、

問題点として筋力低下を抽出し、MMTで確定させます。

 

そのため、動作ができない=筋力低下と結びつけて

筋トレを処方します。

 

しかし、この筋力低下、本当に「筋力」の問題

だけでしょうか?

 

私たちが数値としてみている「筋力」。

ここには多くの要素が隠れていて、

「筋力を発揮するための要素」が足りないと、

数字として筋力に現れないことも多くあります。

 

筋力を発揮するにあたり、筋は収縮をします。

筋収縮時に起こっていることは、皆さん学生の時に習った

「アクチン」「ミオシン」の滑走。 

つまり、この滑走性が悪いと筋収縮がうまくいかない

ので「筋力」は発揮できません。

 

ただ、筋繊維のみ滑走性が悪くなるというのはあまり

想像しにくいので、当然周囲の結合組織の滑走性の低下は

みられるはずです。

 

ここからは経験則の域を脱しませんが、私達が高齢者の

筋肉に触れた時に感じる硬さ(スジっぽさ?)が組織の

滑走性の低下を示していて、

 

何らかの介入によってその硬さが和らいだ時、

患者さんの筋力発揮が良くなり、パフォーマンスの向上に

つながることが臨床経験として良くあります。

 

その介入方法が、IAIRコンセプトの組織滑走法

(TGA)です。

IAIRコンセプト

筋力発揮をするためには、組織の滑走性が良くなければ

なりません。その一助になる可能性のあるTGAを

学んでみませんか?

 

半日や1日の体験講座もありますのでTGAに触れてみたい方は

参加してみてくださいね。

<PR>

IAIRコンセプトに基づくTGA。

体験会を含めたセミナーの日程はこちら↓↓

各地のセミナー日程はこちら

 

 

脳卒中患者さんの評価と治療を

体系的に学びたい方はコチラ↓↓

https://ccrajapan.jp

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

IAIR 理事

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top