【「効率的な歩行」の指導〜歩行周期の前に見るべき 力学的視点〜】

片麻痺の歩行訓練をはじめとして、

歩行を語る上で欠かせない、力学的要素。

 

歩行周期、ロッカー機能に関節モーメント。

 

いわゆる下肢に対する視点が多いのも特徴です。

 

足りない機能に対して、装具で補ったり、

筋トレしたり、TENSで電気刺激をしたり。

 

最近では医療機器メーカーから歩行補助具として

歩行(もしくはその機能の一部)をモーターで

アシストする機器も出てきています。

 

これらはいずれも、歩行中の「下肢の機能」について

フォーカスしています。

 

当然、歩行のためには、立位保持できるだけの筋力と、

歩行するために関節可動域が必要です。

 

それらが協調して働くことでロコモーターの役割を

果たします。

 

だだ、「効率的な歩行」を考えた場合、

下肢の筋力や可動域、ロッカー機能に終始していても、

「効率的な歩行」にはたどり着きません。

 

「効率的な歩行」というフレーズで考えた場合、

何が効率的なのか?というと「エネルギー」です。

 

エネルギー効率の良い歩行は結果的に

フォームも良いですし、スピードの変化もつけられ、

疲れにくい。

 

良いことづくめです(笑)

 

では、私たちが歩行の中で使っている

「エネルギー」

とは何でしょう?

 

それは位置エネルギー運動エネルギーです。

その元となるのは重力です。

 

力学的には「倒立振子モデル」というもので、

歩行のエネルギーを簡素化して見ることができます。

*進行方向は→です

 

歩行のエネルギーが位置エネルギー(運動エネルギー)

によるものであれば、

 

重視する点は、いかに高い位置に重心があるか

(位置エネルギーが高い)になります。

 

つまり、開始肢位である「立位」の時点で、

重心を高い位置でキープできているか?

が「効率の良い歩行」の肝になります。

 

膝が伸びて、腰や背中もすらっと伸びて、

頭も前かがみではない、直立姿勢。

 

究極はここから歩き出すのがベストですが、

患者さんによって、体の機能はまちまちです。

 

効率的な歩行を目指すなら、

「可能な限り重心を高くした立位」

の獲得を目指した方が早いかもしれませんね?

 

<PR>

コーチングを含めた、効率の良い歩行の指導と、競歩から導き出したトレーニングとしての歩行を自分自身に身に付けたい方はこちらへ

 

 

いよいよ9月からはIAIRコンセプトに基づく

各身体部位への治療のセミナーが始まります。

 

IAIRコンセプトであるハンズオンとハンズオフ

の概念を学ぶなら、この9月からのスタートが

オススメです!

 

各地のセミナー日程はこちら

 

 

脳卒中患者さんの評価と治療を

体系的に学びたい方はコチラ↓↓

https://ccrajapan.jp

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

IAIR 理事

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top