内側側副靭帯と外側側副靭帯

3つの線維の内側側副靭帯と外側側副靭帯【IAIR関東情報7月号】(1)

IAIR関東情報

いつも大変お世話になっております。
IAIRの齋藤です。
今週の関東地区 限定情報をお届けします。

━━━━━━━━━━
【1】3つの線維の内側側副靭帯と外側側副靭帯
【2】ピックアップ講義
【3】認定講座情報
━━━━━━━━━━

 


【1】3つの線維の内側側副靭帯と外側側副靭帯

皆さんこんにちは。
IAIR関東の藤田智史です。

 

膝の内外側の安定性に関与する内外側の側副靭帯ですが、
2つの側副靭帯のうち内側側副靭帯の方が複雑であり、
損傷の頻度はは外側側副靭帯の20倍に達する。1)

とされています。

今回はそれらを紹介していきますね。

内側側副靭帯

起始:大腿骨内側上顆、内転筋結節の直下

停止:脛骨内側面、浅鵞足後方近位1/4

・幅:1.2 -2.5cm  ・長さ:8 -12cm

内側側副靭帯は頭方では狭く、関節半月上で幅が広がり、
その後はそれより幅の狭い浅層と深層の2層に分かれる。

<浅層>大腿脛骨線維。

<深層>(両者との内側半月に付着)
・大腿半月線維
・脛骨半月線維         1)より参考

 

「不幸の三徴候」の1つでもあり、繊維的には複雑ですね。
(前十字靭帯損傷・内側側副靭帯損傷・内側半月板損傷)

 

写真では下腿が浮いてしまっていますが、

踵を床につけて固定した状態で膝を外反して
内側裂隙にて内側側副靭帯を触診できます。

内側裂隙部分が最も触診しやすい位置となります。

 

内側側副靭帯に関与する多くの線維

半月板に付着しているだけでなく、

停止は浅鵞足にあり、

起始部付近の内転筋結節には
・大内転筋・内側側副靭帯・膝の関節包・内側膝外支帯・内側広筋・腓腹筋内側頭

と多くの線維が付着するとされており1)損傷の頻度が多い原因でしょうかね。

様々な部分が関与していますが、

・腓腹筋内側頭・鵞足の1つである半腱様筋(内側ハムストリングス)
の交点は癒着のしやすい部位でもありIAIRのあのテクニックも有効そうですね。

 

外側側副靭帯

起始:大腿骨外側上顆の後尾方部

停止:腓骨頭の後外側斜面
(大腿二頭筋に覆われている)

 

特徴

・丸い
・膝の関節包と1㎝離れている。
・関節包にも関節半月にも付着しない。
・弓状膝窩人体の外側に位置する。
・大腿二頭筋と腸脛靭帯によって補強されている
・内側側副靭帯よりも強靭である。
・伸展及び外旋位で緊張する。
・屈曲位では内側側副靭帯より早く緩む。
そのため、膝の外側部が自由になり膝の屈曲時内旋が起こりやすくなる。 1)より

 

<触診>
触診は膝を内反させ、関節裂隙の外側部で大腿骨から腓骨頭に
走っている繊維を探します。

腓骨頭までたどれる線維があるかと思います。

 

外側側副靭帯と膝屈曲時の影響

この外側側副靭帯の特徴の1つである

屈曲位では内側側副靭帯より早く緩む。
そのため、膝の外側部が自由になり膝の屈曲時内旋が起こりやすくなる。

ですが、外側側副靭帯は腓骨頭にも付着しているため

腓骨頭に問題があっても膝の屈曲時のスクリューホームムーブメントが
阻害され、膝への悪影響を引き起こしてしまうことになりますね。

 

膝の解剖触診などの記事のまとめ

内側半月板と○○筋と骨運動
鵞足部の触り分け
縫工筋を指標に探す神経~股関節外側部と膝関節内側部の知覚~
内転筋管での神経絞扼の評価方法の1例など

 

参考、引用文献・画像

1)ジャン=ピエール・バラル / アラン・クロワビエ 共著:
新マニピュレーション・アプローチ<下肢> 科学新聞社 2014年

2)Visible Body Muscle Premium

お読みいただきありがとうございました!

 

藤田 智史

 

 


【2】認定講座その前に……

毎回IAIRコラムを読んでくださりありがとうございます。
ですが、そろそろ読んでいるだけでは物足りなくありませんか?

僕たち講師陣の思考を疑似体験した後は、是非実際に体験してほしい!
そんな機会を7月からどんどん増やしてみました!

認定講座を決断する前に、実際に体験に来ませんか?

 

 

 


【3】認定講座情報

組織滑走法™️(TGA)を全身で行うために、系統立てて学んでみませんか?
もちろん、部位別に学ぶこともできます!

骨盤TGA1・2
・仙腸関節と股関節に介入するためのTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

体幹背部TGA1・2
・頚部、胸部、腰部の可動性を改善するTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストボディワーク1
・アプローチを行う為の効率的な身体の使い方を学びます。
>>> 申込みはコチラ

評価と調整の為の触診セミナー
・リハビリを行うにあたっての最適なタッチを習得します。
>>> 申込みはコチラ

頸部体幹調整の為の体幹前面TGA1・2
・体幹を効果的に使う為のTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

上肢TGA1・2
・上肢の問題を解決するための各種TGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

下肢TGA1・2
・下肢の問題を解決するための各種TGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定対策
・B-class検定前に各TGAの復習を行います。
>>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定
・筆記試験と実技試験を通じB-classの習得を確認し、認定します。
>>> 申込みはコチラ

B-classコース申し込みはコチラ

B-class検定合格者は、以下のA-class講義に進学できます。
シングルファクターからマルチファクターへの関わりに比重が置かれます。
不定愁訴や、その方の生活、習慣、環境面に関わると共に、生理学、生化学的な背景をリハビリテーション評価につなげ、よりその人らしい人生となるようアプローチできる療法士を目指します。

詳細はこちら>>> https://iairjapan.jp/a-class-license

 

会場でお会いできる事を楽しみにしております!

 


会員限定オンラインサロンに参加しませんか?

IAIR-Cafe

現在、今年度のIAIR会員の皆様向けに、オンラインサロンを開始しました。
IAIR理事によるLIVE動画、サロン参加者のみに提供される最新情報、近い地域で行われる飲み会やお茶会などのオフ会、イベント情報などを提供します。

まずはIAIR会員になってみませんか?

IAIR会員の詳細はコチラ

 


IAIR公式LINE@はじめました!

セミナー情報や、LINEのお友達限定クーポンや
イベントを開催しております!
今すぐクリックして友達になってください!
友だち追加

 


その他のお知らせ

今月のセミナー予定はこちら

よくあるご質問と回答はこちら
https://iairjapan.jp/faq

ご質問・リクエストなどはこちらから
https://iairjapan.jp/contact

 


迷惑メールフォルダに自動振り分けされてませんか?

IAIRメールマガジンが「迷惑メール」に入ってしまうと、
これからお届けする大切な情報がご視聴いただけなくなります。

これからお送りするコラムやテクニック、
動画や会員限定情報を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。

現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメールソフトのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。

詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、
是非流れにそって設定をお願いいたします。
迷惑メール対策はコチラ

 


Saito Makoto

View posts by Saito Makoto
精神科作業療法に従事する。そのなか、臨床実習指導と院内改善指導に携わり、統合的な視点で医療の質向上をマネジメントする取組みを10年にわたり行ってきた。 IAIRに参加することで、病ではなく人をみる視点を手に入れ、同時に組織も人と同じく、病を抱えていることに気づく。共に育む「共育」をテーマに、療法士一人一人が組織に関わるための多角的な視点を持てるよう、人財育成とマネジメントに関する発信を行っている。
Scroll to top