【正常歩行の「知識」だけでは歩行指導はできない?】

PTの皆さんなら馴染み深い、正常歩行。

ランチョ・ロス・アミーゴ方式の歩行周期と

ロッカーファンクションは有名です。

皆さんの臨床場面では、関節モーメント

観察から推察し、どの筋に筋力低下があるか?や、

 

患者さんの歩行分析をして、正常歩行と

比較して、「逸脱動作」を見つけ、

正常な動作を反復練習する。

必要なら装具をつけて。

 

だいたいこんなような感じで歩行に対して

アプローチしているかと思われます。

 

ここで一つ疑問があります。

 

この方法で、

果たして本当に歩行が良くなるのでしょうか?

 

「歩行が良くなる」という定義次第ですが、

「正常歩行」のフォームにすることが、

「歩行が良くなる」ことかどうか?

 

私達は疾患を持った方々の歩行を見たときに

「異常歩行」という定義づけをしています。

 

「異常」だから「正常」に戻す。

正解

そんな発想が根幹にあります。

 

そしてその「正常」は

教科書で言われている「正常歩行」。

 

なぜそこを目指すかと言われれば、

「正常歩行が最も力学的に効率が良いから」

と回答すると思います。

 

しかし、

患者さんがよりスムーズに、効率よく

歩行する事と「正常歩行」をする事は

イコールではありません。

 

私達は、今までの指導が自分自身の歩行や、

同僚の歩行を良くできるものなのか?

体感することはほとんどないはずです。

 

正しいとされる知識のままに介入したから

といって、正しい効果が出るとは限りません。

 

歩行指導をしているつもりで、ただ正常歩行の

知識を伝えているだけかもしれません。

 

今、自身が患者さんに伝えていることが、

患者さんの歩行が、よりスムーズに、効率

的なものになるものなのか?

 

仲間内で実際に指導し合ってみて体感するのが

近道かもしれません。

 

 

<PR>

コーチングを含めた、効率の良い歩行の指導と、

競歩から導き出した効率の良い歩行を自分自身に身に付けたい方はこちらへ

 

 

いよいよ9月からはIAIRコンセプトに基づく

各身体部位への治療のセミナーが始まります。

 

8月までのセミナーでIAIRを体験したら、

9月からが本番です!!

 

各地のセミナー日程はこちら

 

 

脳卒中患者さんの評価と治療を

体系的に学びたい方はコチラ↓↓

https://ccrajapan.jp

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

IAIR 理事

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top