【療法士のキャリア戦略 専門家orマルチプレイヤー?】

6月になり、そろそろ今年度の働き方にも慣れた頃。

気になる講習会に参加しようかな?

という時期だと思います。

 

新人さんや若手のセラピストにインタビューすると、

 

「いろんな事を学んで、幅を広げたい」

 

という回答を聞く事が多くあります。

 

学生さんも、就職先を選ぶ際に、「総合病院」

を選択肢にあげることもよく耳にします。

ただ、その「幅広い学び」は何のため?いつまで?

でしょうか。

 

私たちの働くフィールドは主に病院、施設、地域に

分けられます。それぞれに特色があり、学ぶべき内容も

異なります。もちろん、疾患別のリハビリも様々です。

 

そのため、「全てのことを一通りかじる」

までには、かなりの年数がかかります。

 

そして、すべて一通りかじり終わった後には、

「広く、浅い知識と技術しかない」自分に出会います。

 

そう。IAIRに出会う前の私です。

気が付いた時にはもう13年目でした。

 

マルチプレイヤーといえばカッコいいですが、

組織の中では、「何でも屋さん」

何でも屋さんには、いろんな仕事が来ます。

でも、「あなたしかできない仕事」は来ません。

 

それは「専門性がない」からです。

 

皆さんも、家で何か困りごとがあった時、

「専門家」に頼みますよね?

 

水のトラブル〇〇、鍵の〜とか。

 

決して「町の何でも屋さん」には連絡しないはずです。

 

これと同じことが、皆さんの職場でもおきます。

 

誰かの隙間を埋めることはできても、

「あなた」でなければならないわけじゃない。

 

チームスポーツだとレギュラーが故障すれば

どのポジションでもサポートに入れるが、

レギュラーの怪我が治れば、控えに戻る。

 

このポジション、中堅〜ベテランに差し掛かった

セラピストにとって、組織内での位置としては

どうでしょうか?

 

昇格、昇進等を考えた時どうでしょう。

 

非常に厳しい現実が待っています。

 

マルチプレイヤーの対極にあるのが、

「専門家」です。

疾患別、部位別に特化していますので、

「あなたにしかできない仕事」がきます。

 

ただ、専門家としてのめり込みすぎると、

同時に弱点もはらみます。

 

それは「特化した仕事しかできない」

ということ。

 

極端な例ですが、「自分は○○専門なので

それ以外は診ません」というセラピストが

いるとかいないとか…。

 

こんなセラピストばかりの組織なら、

融通がきかなくて困ってしまいます。

 

では、理想的な状態とはどんな状態でしょうか?

 

サッカー用語でいう、「ポリバレント」です。

「一つの専門的なポジション」を有しながらも、

試合の動きの中で、守備的にも攻撃的にも

なれる選手のことを指します。

マルチプレイヤーとポリバレントは違います。

 

いろんな役割ができることは共通していますが、

一番の違いは、「専門性ありき」で、そこを軸に

多方面の動きができるということです。

 

若いうちに、「いろいろ学ぶ」事は大切です。

ただ、それは、「自分にあった学び」を探している

間だけです。

 

できれば、1〜2年の内に最初のゴールを決める事です。

「どんな自分でありたいか」

 

まずは「自分が得意なことはコレだ!!」

という軸を一本立てることが大切です。

 

その軸の中での学びを続ける内に、どうしても、

他の学びを取り入れなければならない場面が

出て来ます。

 

深い穴を掘ろうとしたら、どんどん入り口を

広くしないといけなくなるイメージです。

 

最終的には、幅広い知識、技術が必要になります。

 

ただ、初めからそこを目指すと、頓挫します。

 

まずは、自分なりの「私はコレができる」

を作ること。

 

「この疾患が得意」「この部位なら任せて」

「この治療法なら私は得意」

 

それぞれの特徴があるはずです。

 

そこから伸ばしていくことが、ポリバレントな

セラピストへの近道。

 

「私ならこう診る」という自信をつけたい方は

IAIRの講師陣が応援します。

 

IAIRコンセプトの「ひとをみる」というマクロな視点から、

徒手的な関わりのミクロな視点まで、

 

皆さんにとっての「リハビリテーションの枠組み作り」

を自信を持ってお伝えします。

 

 

<PR>

いよいよ9月からはIAIRコンセプトに基づく

各身体部位への治療のセミナーが始まります。

 

8月までのセミナーでIAIRを体験したら、

9月からが本番です!!

 

各地のセミナー日程はこちら

 

 

脳卒中患者さんの評価と治療を

体系的に学びたい方はコチラ↓↓

https://ccrajapan.jp

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

IAIR 理事

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top