選択肢が多くて悩む

ワカラナイ→とりあえず調べる、で解決できなかった方へ【IAIR関東情報5月号】(4)

IAIR関東情報

いつも大変お世話になっております。
IAIRの齋藤です。
今週の関東地区 限定情報をお届けします。

━━━━━━━━━━
【1】ワカラナイ→とりあえず調べる、で解決できなかった方へ
【2】ピックアップ講義
【3】認定講座情報
━━━━━━━━━━

★☆IAIR関東体験型入門セミナー☆★

IAIRと一緒に技術と悩みを解決しませんか?
あなたと同じ悩みを持つ仲間が見つかります!

 


【1】ワカラナイ→とりあえず調べる、で解決できなかった方へ

これまで受講された方が書いてくださったアンケートには
「技術不足」、「知識不足」、「何から手をつけていいかわからない」
という悩みがよくみられます。

 

その対処法に「本で調べる」、「とにかくセミナーに出まくる」と書いておりました。

 

ですが、やみくもに調べても、研修会に出まくっても解決しません。

 

以前、CCRA代表の福田がこんなエピソードを紹介してくれました。
全文紹介しますね。

 

先日、職場でこんな話をしていました。

後輩「この患者さん、体幹の立ち直り反応がでるようになったんですよー」
福田「いやいや、立ち直り反応は全ての患者さんにあるから」
後輩「でも、座位保持で押すと崩れてしまっていたのが踏みとどまれるようになったんですよ」

後輩とのズレはどうして生じているでしょうか、
立ち直り反応ってそもそも何だと思いますか?

 

普段、あなたが反応を見る方法にヒントがあります。
※端座位での立ち直り反応の評価とします。

  • 方法1
    転倒せず行けるところまで自分で体重を左右にそれぞれ乗せていってもらう
  • 方法2
    転倒せずに身体を保てるギリギリのところまでこちらで押していく
  • 方法3
    抵抗感のない範囲で身体を動かせる範囲までこちらで動かしていく
  • 方法4
    急激な外乱を加える

あなたはどの方法で見ていますか?

 

実はこれは全てそれぞれ別の反応をみています。

  • 方法1
    転倒せず行けるところまで自分で体重を左右にそれぞれ乗せていってもらう
    自動運動下でのバランス能力
  • 方法2
    転倒せずに身体を保てるギリギリのところまでこちらで押していく
    外乱を加えられた際のバランス能力
  • 方法3
    抵抗感のない範囲で身体を動かせる範囲までこちらで動かしていく
    座位での姿勢コントロール能力
  • 方法4
    急激な外乱を加える
    外乱を加えられた際のバランス能力

 

どれも見ているものが違うでしょう?

 

目的に合わせて方法を選択しなければいけません。

福田はよく方法3を見ます。

 

例えば、歩行で麻痺側立脚期に体幹が麻痺側に崩れてしまう方がいます。
麻痺側に崩れる原因を特定する際に、「方法3」を用いると

  • 体幹が崩れたら体幹の問題
  • 崩れなかったら下肢の問題

と推測することができるようになります。

一見「方法1」も似ていますが、

1だとバランスをとれる範囲目一杯見ているので、
姿勢保持筋のみならず、動作に利用する筋肉も動員されており、
動作中の姿勢コントロールを評価するということに関しては不適切といえます。

 

あなたのいつもとっている評価。
その評価にどのような意味があるか、今一度考えてはどうでしょう?

  • みんな評価しているから
  • 先輩に言われたから、

といって、実は必要ないものかもしれませんよ。

 

さて、以上となりますが、今回お伝えしたい肝心なことは、
「誰に何を質問するのか?」です。

 

確かに本には様々な事が書かれています。
ですが、経験に基づく応用は
臨床で実際に行ってきた人に聞くのが一番です。

 

セミナーや研修会でも、参加したからには、
是非質問をして、悩みの解決のチャンスにしてくださいね。

 


【2】ピックアップ講義

筋膜アプローチの方法がたくさんあって、
どれを選んでいいか困る!という方にオススメです。

筋膜は、近年常識が変わった事をご存知ですか?

IAIRでは、リハビリ職の為の筋膜アプローチ法を新たに開発しました。

こちらから、そのアプローチ法をご覧ください。

iairjapan.jp/events/event/tga_tokyo

TGA

 


【3】認定講座情報

組織滑走法™️(TGA)を全身で行うために、系統立てて学んでみませんか?
もちろん、部位別に学ぶこともできます!

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 骨盤アプローチ1・2
・仙腸関節と股関節に介入するためのTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱アプローチ1・2
・頚部、胸部、腰部の可動性を改善するTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストTUNE UPセミナー
・アプローチを行う為の効率的な身体の使い方を学びます。
>>> 申込みはコチラ

評価と調整の為の触診”達人のタッチ”
・リハビリを行うにあたっての最適なタッチを習得します。
>>> 申込みはコチラ

頸部体幹調整の為の筋膜、軟部組織アプローチ1・2
・体幹を効果的に使う為のTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる上肢アプローチ1・2
・上肢の問題を解決するための各種TGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる 下肢アプローチ1・2
・下肢の問題を解決するための各種TGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定対策
・B-class検定前に各TGAの復習を行います。
>>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定
・筆記試験と実技試験を通じB-classの習得を確認し、認定します。
>>> 申込みはコチラ

B-classコース申し込みはコチラ

B-class検定合格者は、以下のA-class講義に進学できます。
シングルファクターからマルチファクターへの関わりに比重が置かれます。
不定愁訴や、その方の生活、習慣、環境面に関わると共に、生理学、生化学的な背景をリハビリテーション評価につなげ、よりその人らしい人生となるようアプローチできる療法士を目指します。

詳細はこちら>>> https://iairjapan.jp/a-class-license

 

会場でお会いできる事を楽しみにしております!

 


会員限定オンラインサロンに参加しませんか?

IAIR-Cafe

現在、今年度のIAIR会員の皆様向けに、オンラインサロンを開始しました。
IAIR理事によるLIVE動画、サロン参加者のみに提供される最新情報、近い地域で行われる飲み会やお茶会などのオフ会、イベント情報などを提供します。

まずはIAIR会員になってみませんか?

IAIR会員の詳細はコチラ

 


IAIR公式LINE@はじめました!

セミナー情報や、LINEのお友達限定クーポンや
イベントを開催しております!
今すぐクリックして友達になってください!
友だち追加

 


その他のお知らせ

今月のセミナー予定はこちら

よくあるご質問と回答はこちら
https://iairjapan.jp/faq

ご質問・リクエストなどはこちらから
https://iairjapan.jp/contact

 


迷惑メールフォルダに自動振り分けされてませんか?

IAIRメールマガジンが「迷惑メール」に入ってしまうと、
これからお届けする大切な情報がご視聴いただけなくなります。

これからお送りするコラムやテクニック、
動画や会員限定情報を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。

現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメールソフトのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。

詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、
是非流れにそって設定をお願いいたします。
迷惑メール対策はコチラ

 


齋藤 信

View posts by 齋藤 信
精神科作業療法に従事する。そのなか、臨床実習指導と院内改善指導に携わり、統合的な視点で医療の質向上をマネジメントする取組みを10年にわたり行ってきた。 IAIRに参加することで、病ではなく人をみる視点を手に入れ、同時に組織も人と同じく、病を抱えていることに気づく。共に育む「共育」をテーマに、療法士一人一人が組織に関わるための多角的な視点を持てるよう、人財育成とマネジメントに関する発信を行っている。
Scroll to top