10年目療法士の真実

IAIRが自信を持ってリハビリテーションに携わるセラピストに知識、技術、コンセプトをお伝えしているライセンスコース。

先日そのコースを終えられた10年目療法士のリアルについて今回はお伝えいたします。

 

10年目療法士の生態

ある程度の経験と知識を持ち、キャリア的にも中堅と呼ばれる年代。

自分がトライするより、後輩を育成したり、係や委員会活動も仕事として求められるでしょう。

プライベートでも結婚や出産、育児に奔走される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな真っただ中に居るであろう10年目療法士が、コースを終えての所感を教えてくれました。(本人にも了承を得ての転載です)

 

「気づきと実践が人生を変える」

約10年前、私は理学療法士としてのキャリアをスタートしました。

新しい世界に飛び込み、目の前が明るく開けたようでした。

ですが、希望に満ちた日々は、徐々に閉塞感溢れるものになっていきました。

 

「理学療法士は、エビデンスが全てだ」

「理学療法士は、医療福祉の枠組みで働くべきだ」

「理学療法士の国家資格を取ったんだから、一生、その資格で食うべきだ」

「理学療法士は、患者のADLだけ見てればいい」

「理学療法士は、飽和の時代を迎えた」

「理学療法士の給料は、頭打ちかもしれない」

 

気が付けば、細くて脆いロープの上で、危ういバランスの中、綱渡りをしていました。

ロープからの落下。それは人生が破綻する事を意味していました。

しかしある日、期せずしてロープから落ちてしまいました。

ですがそこに、人生の破綻はありませんでした。

 

そこには新たなる大地が、広々と広がっていました。

療法士の未来は暗くない。可能性はいくらでもある。

教えてくれたのは、あなたでした。

 

あなたと出会い、リハビリ以外の学びも増え、多くの素晴らしい出会いがありました。皆さん素晴らしい方ばかりです。

来年、私は個人事業主となり、療法士として活動することは少なくなりますが、あなたやIAIRから学ぶ事は続けていきます。

 

「気づきと実践が人生を変える」

仰るとおりでした、福留さん!!

追伸 JAZZバー、また行きたいっす

 

 

私は本当に素晴らしいと感じました。

私がじゃなくて、こんな選択をした彼がです!

(めちゃめちゃ嬉しかったのは正直なところです笑)

 

そして、こんな閉塞感を感じているのは彼だけではないと思います。

リハビリの世界に未来を感じられない人もいるでしょう。

そう、何を隠そう私自身もIその一人で、IAIRで学んで人生が変わった人間なんです。

 

IAIRで学んだことで人生が変わった人はまだまだいます。

全てのインストラクターが、元は受講生です。

今、保険の枠に留まらない働き方をしている人、職種を変えて社会貢献している人、もちろん医療介護の現場で活躍している仲間も大勢います。

 

IAIRで学んだ多くの療法士が、人生を自ら変革しようと行動しています。

そのきっかけにもなる機会を今自分が提供していることに、私は誇りを持っています。

「療法士で良かった」

「IAIRで学んで良かった」

「リハビリって楽しい」

そう思ってもらえるような機会にしたいと、今回の彼の投稿で益々強く感じるようになりました。

もっともっともっと精進しようと思いました。

 

私の方こそ、感謝しかありません。

「渡邉さん、ありがとう!!」

またJAZZバー行きましょう!(笑)

 

令和元年初っ端のコラム、ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。

個人的な感想も入っておりますので、どうぞご容赦ください。

そして、IAIRは療法士の起業を推奨しているというわけではありません。

あくまでも、リハビリの現場で働く療法士の臨床教育を理念に活動しています。

受講される療法士の「成長」を真摯に願っている臨床教育機関です。

***************************

一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

理事 理学療法士 福留良尚

E-MAIL:yoshihisa.fukudome■iairjapan.jp(←■を@に変換してください)

HP:https://iairjapan.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/

個人ページ:https://www.facebook.com/yoshihisa.fukudome

***************************


福留 良尚

View posts by 福留 良尚
国際統合リハビリテーション協会常任理事 IAIR九州専任講師 理学療法士 コンディショニングサロン仁愛クリニカルルーム代表 3児の父 
Scroll to top