【ROM-exは初歩的な介入方法?】

GW真っ最中ではありますが、この時期、新人さんや

臨床実習生さんへの指導で意外と忙しいかと思われます。

 

 

 

まだまだ、患者さんにも慣れず、一挙手一投足が

ぎこちない姿が目に浮かびます。

 

 

 

学生さんや新人指導に関わる際、最近はCCS

(クリニカルクラークシップ)を重視されてきており、

 

 

 

SVとなるセラピストの補助をしながら

現場での働き方、考え方を学んでいくことが

増えてきています。

 

 

 

その中で、指導する側からよく提示されることが、

とりあえずROM-exからやってみましょうか?」

という提案。

 

 

 

全てのPT、OTが必ずと言っていいほど

初歩的介入の一環としてROM-exを提示すること

が多いのですが、

 

 

 

学生さんや新人さんが、果たして

ROM-exをこなせているでしょうか?

 

 

 

「ROM-exやってみましょうか?」というと

ぎこちなーく上肢を持ち、または下肢を持ちつつ

首を傾げながらROM-exを始めます。

 

 

 

学生さんなら、自信がないのは当然でしょう。

 

 

 

ただ、新人さんは実習を終えてきているので、

「ROM-exぐらいできるでしょ。」と思うのは

指導者側の思いこみ。

 

 

 

学生さんに聞くと、「学校ではROMテストと

MMTは練習したけど、ROM-exは習っていない」

という回答がほとんど。

 

 

 

新人さんも、ROM-exを実習中に習っていなかったり、

「ストレッチですよね?」と最終可動域付近でグイグイ

押してみたり…。

 

 

 

実は私たちが初歩的介入だと思っている

ROM-exですが、体系的に学び、実践する機会が

ほとんどないのが実情です。

 

 

 

そうゆう私も若い頃にROM-exをちゃんと学んだことはありません。

自己流だったのに後から気がついて修正していきました。

 

 

 

初歩的な介入と思われがちなROM-exですが、

実際には色々なことを意識して行う必要があります。

 

 

 

筋の走行(起始停止)や、関節構造と運動方向

などの解剖、運動学的なことや、

図)ビジブルボディー〜ヒューマンアナトミーアトラス2017〜より引用

 

 

組織のエンドフィールや、タッチの仕方など、

介入するにあたって、自分自身が感じておかなければ

ならないことなどです。

 

 

 

上記は一部にすぎません。

 

 

 

逆に、ROM-exには私達セラピストにとって身体に触れる上で

基本となる要素がたくさん含まれていて、どの要素をとっても

必要不可欠な要素ばかりです。

 

 

 

IAIRでお伝えしている徒手的介入法である

組織滑走法(TGA)も、実践するためには

ROM-exに含まれる全ての要素を必要としています。

 

 

 

ROM-exは私たちセラピストの基本中の基本です。

そこをおろそかにしたままでは、どんな治療法も

使いこなせません。

 

 

 

まだ今年度も始まったばかり。

基本を改めて見直し、足場を固めるには良い時期です。

 

 

 

この時期に、新人さんも、その指導者さんも、

改めて、ROM-exを再考してみませんか?

 

 

 

[PR]

IAIRでは5〜8月までの間、「ROM-exと触診セミナー」、

「動作分析セミナー」「疾患別の介入方法が学べるセミナー」

などが全国で開催されます。

 

GW明けで気合を入れ直すなら5月開催のセミナー参加

がオススメです!

 

全国のセミナー日程はこちら

↑クリック

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

IAIR 理事

理学療法士 中嶋 光秀

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1300名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■iairjapan.jp(←■を@に変換してご利用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
中嶋個人Facebook:https://www.facebook.com/mituhide.nakajima

*******************************


Scroll to top