慢性腰痛

【慢性腰痛】を生む、医療従事者からの説明とは!?

ぎっくり腰などの急性腰痛の方に
 
A「痛みが強いでの家で安静にしてください」
 
と指示した場合と
 
B「痛みはあって辛いかもしれませんが、
 可能な範囲でいつも通りの活動を維持してください」
 
と指示した場合
 
一年後のぎっくり腰の再発率は、
どちらが高いでしょうか?

やはり、痛みが強い時は、安静か?

動いた方がいいのか?

患者さんの価値観やその時の病態を把握した上で
活動に対するアドバスは、患者さんの予後に
大きな影響を及ぼします!

答えは、

A「痛みが強いでの家で安静にしてください」

です。

安静を指示した場合は、
活動を維持するように指示された群よりも
一年後のぎっくり腰の再発率は、

なんと!

【3.6倍のリスク】がある

という報告があります。

いかがでしょうか?

慢性腰痛を生まないために
医療従事者からの説明って
改めて大切ですよね。

◇医療従事者からの画像所見の説明も、慢性腰痛を生む可能性がある!

安静か活動かという以外には、

「画像所見の説明」

慢性腰痛を生む可能性があると
されています。

すでに、ご存じだとは思いますが、
画像所見と症状は、必ずしも関連がある
わけではないといわれています。

画像上の異常所見を強調して説明すると

「恐怖回避思考・行動」を助長して

活動性が低下し不活発となり、
気分も落ち込み抑うつとなり、
さらには、
仕事に支障をきたすこともあります。

 

◇ゆがんだ認知である破局的思考が原因

この「恐怖回避思考・行動」を生んでいるのは、
歪んだ認知である「破局的思考」とされています。

破局的思考は、

痛みを感じたときに、
過度に否定的に捉える認知・思考です。

この破局的思考は、
痛みに対する認知的要因の中でも
特に重要なものであり

対象の方が、
この思考パターンにどの程度
当てはまっているかを
把握しておくことは、

慢性腰痛のアプローチ法を
選択する際にも大変重要な
こととされています。

◇破局的思考を評価する

破局的思考の評価は、
痛みを感じているときの
本人の考えや感情を確認するもので、
13項目から構成されています。

各項目について
0から4の5段階で

0:全くあてはまらない

1:あまりあてはまらない

2:どちらともいえない

3:少しあてはまる

4:非常にあてはまる

を解答していきます。
ここでは、はじめの5問を紹介します。

=============

1.痛みが消えるかどうが、ずっときにしている
 

 

 
2.もう何もできないと感じる 
 

 

 
3.痛みはひどく、けっしてよくならないと思う
 

 

 
4.痛みを恐ろしく、痛みに圧倒されると思う
 

 

  
5.これ以上耐えられないと感じる
 


=============

*破局的思考尺度は、についてさらに詳細に知りたい方は、
こちらの論文も参考になります。

◇破局的思考への介入のポイント

破局的思考が強いと

軽度の痛みであっても、
大きな悲劇だととらえてしまい、
できる能力を持っていても

過度の恐怖からその動作や
活動を避けてしまい

恐怖回避思考・行動のパターンに
陥っていることが多いと感じています。

そのようなケースへの対応例として
大切なことを、二つ紹介します。

まずは、

1.正しい知識を教育

その代表として、

重篤な問題がなければ、
安静よりも活動を維持すること

2.段階的にチャレンジ

恐怖を抱いている動作は
避けているとより恐怖が
強くなっていきます。

これも、
重篤な問題が無い場合以外は、
段階的にその動作にチャレンジしていく
ことが解決の近道でしょう。

どのような、ステップを設定するか、
療法士としての知恵を発揮したい場面ですね。

◇まとめ

 

長引く痛みを生む
恐怖回避思考・行動の始まりには、

痛みに対する「破局的思考」が関与しており
その思考は、「医療従事者からの説明」が
きっかけになっていることもありました。

・不必要な痛みを生まない

・不必要な破局的思考を生まない ために

情報を提供する側は、
一つ一つの情報を
より一層丁寧にそして慎重
提供していきたいですね。

是非すべての人々の“ハッピー”のために。

このようなことも、
ILPTベーシックセミナーではお伝えしています↓

参考文献:松平浩・竹下克志「そうだったのか!腰痛診療」南江堂

****

複合的腰痛アプローチ
IAIR Lumber back Pain Technology(ILPT)主宰

赤羽秀徳

****

【腰痛だけじゃない!人生がより楽しくなる対話的技法】

~複合的腰痛アプローチ ILPTベーシックセミナー~

・「自分の声かけや指導の仕方で腰痛や廃用の患者様をつくってしまっていたなと感じました」(NNさん PT7年目)

治療デモの感想です↓

・身体を楽にしてもらってありがとございます。驚きました!

・問診だけでも、自分の考えが分かってすっきりしました。(MYさん PT12年目)

などの感想をいただいております。

詳細・受付は、こちらから
>>>https://iairjapan.jp/backpain

<<PR>>

時間や距離的な制約があり、ILPTセミナーに参加できない方は、
セミナー内容のポイント および
東大病院 特任教授の松平浩先生との特別対談を収録したILPT_DVD
で学んでいただき、明日から臨床に活かしていただくこともできます。

【一般の方からの感想です!】

長年腰痛に悩まされており、病院へ行っても、変形があるとか老化だとか言われるだけで解決にはならないと諦めぎみでした。
収録されているセミナーは専門家向けのものですが、NHKスペシャル「腰痛・治療革命」で注目の松平浩医師との対談も含まれており、パスワードで視聴可能になる特典映像も見ました。

明るくはっきりした口調で行われるセミナーでは、「腰痛に対する正しい情報を提供し、励ます態度をとること」
「ことばの使い方にも敏感で細やかな配慮をすべきこと」が強調され、徹底した「クライアントファースト」が印象的です。

このような指導を受けて学んでいる志の高い専門家たちがいるということを知って頼もしく思います。

科学は日進月歩だし、特に医療関係は真摯に勉強し続ける人に担って欲しいと常々思っています。対談も含めて、その点に信頼感と希望を感じました。

また「腰痛に悩む本人自身の主体性が重要であること」が強調されており、どこかゆがんでいようが年をとろうが、なんとかやっていけると強く勇気づけられました。

腰痛に悩む“素人”対象の具体的な指導も第二弾として期待します!

★IAIR会員の方はこちらから↓

★IAIR非会員の方はこちらから↓

<無料メルマガ>

ILPTセミナー・コースの予習、復習となるとともに、
【温かなコミュニケーション】のコツなどもお届けしています。

無料で登録できる【ILPT便り】はこちら↓

>>>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSrpbEvIRnM


Scroll to top