触診が苦手という人への、おすすめの解決方法。

触診が苦手。

セミナー会場などで、「触診が得意だという方いらっしゃいますか?」
と、質問をすると、ほぼ100%目を逸らされます。。。

みなさんはいかがですか??

セミナーでも、理論や方法はわかるんだけど、
正直、その部分が触れない…

 

「触診が難しいですね。」

 

って声もよく聞くのが事実です。

 

いろんなセミナーに行って、
知識や技術を学ぶけれど、
”狙っている場所(位置や深さ)”をちゃんと”触れる”ことができているか分からない。
っていう不安ってありませんか。

 

私自身は、すごくありましたし、
勝手にできている、触れているって、
勘違いしていることも多くありました。

もちろん、今も不安になるときはありますが、
その時の解決方法を知っているので、確認することができています。

 

触診が上手い、下手。ってどういうこと?

 

そもそもですが、触診が苦手。
という認識をお持ちの皆様へ。

 

質問です。

 

「どうなったら、触診が上手になったと言えますか?」

 

 

ここが明確になれば、
苦手意識の克服に一歩近づきそうじゃないですか?

 

ゴールが見えてくると、
そこに向かってやることって、
見えてきますよね。

 

ちょっと考えて見てほしいのですが、

 

自分が、患者さんになったと想定して考えてみます。

 

 

腰痛があって、
仙腸関節付近、脊柱起立筋に圧痛があるとします。

どんな触り方をされたいですか?

 

 

僕だったら、
できるだけ早く、ピンポイントで痛みがあるところを、
探し当てて欲しいです。

グリグリといろんなところを押されたりはしたくないですね。
痛いし、不安だとしたらなおさらです。

 

そして、
筋の痛み、硬結があるとしたら、
その範囲や質などをきちんと共有してくれたら、
嬉しいです。

 

つまり、
患者さんの立場になってみて考えると、

 

自分の感覚を共有してくれる触り方。

 

というのが、上手な触診だと思うんです。

これを、IAIRでは、
Comfortable Touch(コンフォータブルタッチ)」略して「C−タッチ」と呼んでいます。

※comfortable:(肉体的に苦痛を与えない)快適な、気持ちのよい、(精神的・肉体的に不安がなく)安楽で、気持ちよくて、楽で、(安楽を与えることのできるほど)十分な、経済的にゆとりがあって、かなり裕福で、慰めを与える、落ち着かせる。(weblio辞書より引用:https://ejje.weblio.jp/content/comfortable)

 

その触れ方をベースにして、IAIRの講座はお伝えさせていただいています。

 

触診技術は、
<相手に対しての出力><相手からの体の反応を受信>するために、重要になります。

 

対象者の体において、どの組織で、どの深さで、どのように緩んだか。
というのは、相手の身体が決めるという話をしています。

 

これができることで、”最適な力、圧、スピード”がわかってきます。

 

これを、IAIRでは
触診セミナーで段階づけて、学んでいきます。

感覚を共有するためにできることって?

では、そもそも相手がどのような触り方が良いのかを知るために、
できることはなんだろう??となりますね。

それは、

「相手の立場になって考える。」

 

これって、大事なことですね。
でも、考えるって言っても限界があります。

では、どうするか??

とにかく、ご自身がたくさん「触られる」という経験をおすすめします。

実際に相手(患者さん)の立場になることって大事です。
普段の臨床現場においても、自分が触られることってあまり多くないですもんね。

同僚とちょっとした時間に、ROM-exの練習をするとか、
セミナーで学んだテクニックを伝達し合うとかそういう時間を少しずつ、
積み重ねていくのはどうでしょうか。

また、
セミナーに参加された時には、
是非インストラクターに触られてみてください。
いろんな気付きを得られるはずです。

そして、ペアの方と練習をする際に、
自分が感じている感覚を、出来る限りフィードバックしてあげてください。

 

先ずは、自分が上手な触診を体感するってことが、
触診が上手になるためには、
必要だと思うんです。

 

まずは、inputです。

 

そして、
その感覚を今度はout putです。
解剖や運動学の知識の必要性を痛感しますね。

ここでもさらに、おすすめとしては、
解剖を3Dで意識することです。これで私はいつも解剖を確認しています。
→おすすめアプリ。
ヒューマンアトラス ビジブルボディhttps://www.visiblebody.com/ja/anatomy-and-physiology-apps/human-anatomy-atlas

臨床においても、患者さんなどにも説明するときにも重宝します。

ちょっとずつの積み重ねが、必要な部分ってあります。

 

触診に苦手意識がある方。
まずは、触られる。ってことを体験してみることをおすすめします。

そして、解剖を3Dで意識することも大事です。

自分にとっても、相手にとっても、
心地良い、安心できる触診を自分なりに構築していきましょう。

確実に触診技術は上達します!

 

IAIRでは、このような視点での介入や評価の
ポイントなども、お伝えしています。

 

それでは、
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

write by 渡邉 哲

 

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIR創立祭やってます!!要チェックです!!

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1400名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■■iairjapan.jp(■■を@に変えてご使用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
渡邉個人Facebook:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94

Instagram:https://www.instagram.com/iairjapan/
Twitter:https://www.instagram.com/iairjapan/

*****************************************************

Scroll to top