EBM三位一体説

療法士が持っていると役立つ3つの能力【IAIR関東情報3月号】(3)

IAIR関東情報

いつも大変お世話になっております。
IAIRの齋藤です。
今週の関東地区 限定情報をお届けします。

 

【1】療法士が持っていると役立つ3つの能力

療法士が持っていると役立つ3つの能力とは、

  1. 「サイエンスベースでリハビリができる」
  2. 「相手の意図を汲むコミュニケーションがとれる」
  3. 「毎日仮説検証を繰り返す経験が積める」

の3つです。

 

詳しく説明しますね。

 

「療法士」と書きましたが、実は医療人全体に関わる話。

 

EBMが提唱されて30年。

 

SackettらはEBMを

「個々の患者のケアに関わる意思を決定するために、最新かつ最良の根拠(エビデンス)を、一貫性を持って、明示的な態度で、思慮深く用いること」

と定義しています。

 

つまり、EBMとは

個々の患者においてケアに関わる意思の決定を行う為の方法論」であって、
「何らかの疾患を持った患者一般について、何らかの一般的判断を行うこと」ではありません。

 

前者は「EBM:科学的根拠に基づく医療」であって、
後者は「エビデンス」なんですね〜

 

つまり、EBMをベースにリハビリを行うということは、

  1. 「エビデンス」
  2. 「患者の意向」
  3. 「医療者の臨床技能」

の三つがカギになります。

 

さあ、タイトルに戻ってみましょう。

「療法士が持っていると役立つ3つの能力」でしたね。

  1. 「エビデンス」→「サイエンスベースでリハビリができる」
  2. 「患者の意向」→「相手の意図を汲むコミュニケーションがとれる」
  3. 「医療者の臨床技能」→「毎日仮説検証を繰り返す経験が積める」

先の3つが冒頭の3つとつながるのです。

 

ちなみに、この三つを同時に学ぶ方法があります。

 

それが、IAIRコンセプトに基づいた組織滑走法(TGA)です。

 

本来なら認定講座で系統立て継続して学ぶのが効果的ですが、
認定講座開始は9月から。

そこでオススメなのが、体験講座や疾患別講座です。

 

もし、現場でなんだかうまくいかないな、と感じているなら、

  1. アプローチが合ってない!
  2. 相手とコミュニケーションが取れていない!
  3. 仮説検証が不十分!

のどれかです!

 

IAIRの体験セミナーで解決してみませんか?

 

★☆IAIR関東体験型入門セミナー☆★

IAIRと一緒に技術と悩みを解決しませんか?
あなたと同じ悩みを持つ仲間が見つかります!

 

 

【2】オススメ講座情報

組織滑走法™️(TGA)を全身で行うために、系統立てて学んでみませんか?
もちろん、部位別に学ぶこともできます!

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 骨盤アプローチ1・2
・仙腸関節と股関節に介入するためのTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱アプローチ1・2
・頚部、胸部、腰部の可動性を改善するTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストTUNE UPセミナー
・アプローチを行う為の効率的な身体の使い方を学びます。
>>> 申込みはコチラ

評価と調整の為の触診”達人のタッチ”
・リハビリを行うにあたっての最適なタッチを習得します。
>>> 申込みはコチラ

頸部体幹調整の為の筋膜、軟部組織アプローチ1・2
・体幹を効果的に使う為のTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる上肢アプローチ1・2
・上肢の問題を解決するための各種TGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる 下肢アプローチ1・2
・下肢の問題を解決するための各種TGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定対策
・B-class検定前に各TGAの復習を行います。
>>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定
・筆記試験と実技試験を通じB-classの習得を確認し、認定します。
>>> 申込みはコチラ

B-classコース申し込みはコチラ

B-class検定合格者は、以下のA-class講義に進学できます。
シングルファクターからマルチファクターへの関わりに比重が置かれます。
不定愁訴や、その方の生活、習慣、環境面に関わると共に、生理学、生化学的な背景をリハビリテーション評価につなげ、よりその人らしい人生となるようアプローチできる療法士を目指します。

 

会場でお会いできる事を楽しみにしております!

 

【3】今週のIAIRコラム

◆ 足関節捻挫受傷急性期からの回復に、アイシングは効果が認められない?

◆ 【一度に沢山介入しない 〜効果判定を明確に〜】

◆ 分析を深掘りする8つの質問!【5年目を過ぎた療法士の君へ】(22)

◆ 慢性痛 ~心理学で有名な“シロクマ実験”からの学び!~

◆ 学生指導や新人教育において、評価の指導方法はどちらがいいか?

◆ 毎日の業務に退屈している後輩くんの指導法【IAIR関東情報3月号】(2)

◆ 肩関節リハビリテーション 肩甲上腕リズムの運動学

 

会員限定オンラインサロン開始!

IAIR-Cafe

現在、今年度のIAIR会員の皆様向けに、オンラインサロンを開始しました。
IAIR理事によるLIVE動画、サロン参加者のみに提供される最新情報、近い地域で行われる飲み会やお茶会などのオフ会、イベント情報などを提供します。

まずはIAIR会員になってみませんか?

IAIR会員の詳細はコチラ

 

IAIR公式LINE@はじめました!

セミナー情報や、LINEのお友達限定クーポンや
イベントを開催しております!
今すぐクリックして友達になってください!
友だち追加

 

その他のお知らせ

今月のセミナー予定はこちら

よくあるご質問と回答はこちら
https://iairjapan.jp/faq

ご質問・リクエストなどはこちらから
https://iairjapan.jp/contact

 

迷惑メールフォルダに自動振り分けされてませんか?

IAIRメールマガジンが「迷惑メール」に入ってしまうと、
これからお届けする大切な情報がご視聴いただけなくなります。

これからお送りするコラムやテクニック、
動画や会員限定情報を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。

現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメールソフトのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。

詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、
是非流れにそって設定をお願いいたします。
迷惑メール対策はコチラ

 

 

IAIR関東情報をメルマガで受け取りませんか?

◆ メルマガ登録はコチラ >>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMeAbnu

 


齋藤 信

View posts by 齋藤 信
精神科作業療法に従事する。そのなか、臨床実習指導と院内改善指導に携わり、統合的な視点で医療の質向上をマネジメントする取組みを10年にわたり行ってきた。 IAIRに参加することで、病ではなく人をみる視点を手に入れ、同時に組織も人と同じく、病を抱えていることに気づく。共に育む「共育」をテーマに、療法士一人一人が組織に関わるための多角的な視点を持てるよう、人財育成とマネジメントに関する発信を行っている。
Scroll to top