学生指導や新人教育において、評価の指導方法はどちらがいいか?

 

一般的なリハビリの介入の流れというと、

 

「評価→考察→治療」

 

という流れになるかと思います。

 

対象者の方の、
主訴や願望に対して、
身体的、精神的、動作全般の評価を行い、そこに関連しうる原因となっている箇所を考察し、
実際にその考察が正しいのか、介入を行い、再度評価する。

セミナーの時に、

 

「この3つの要素のうち、どれが最も大事だと思いますか?」

 

という質問をさせていただきました。

 

みなさんも、ちょっと考えてみてください。

・・・・

 

会場で、手を上げて頂いた中で、一番多かったのは、

 

「評価」

 

です。

みなさんはいかがでしょうか??
ほぼ8〜9割の方が、挙手してくれたと思います。

もちろん、どのフェーズも大事ですから、
優劣があると言うわけではありません。

評価に注力する教育を経験してきている。

養成校のときや、
新人の時など、先生や先輩から


「きちんと評価できないと何もわからないよ。」

という事を教えてもらったことはありませんか?

 

その評価にも2種類あって、

”ボトムアップ” と ”トップダウン”

がありますね。

そして、おそらく現場ではトップダウンでの評価が主だとい思います。

=============
動作分析・観察

問題点の抽出、仮設

検査測定

統合と解釈

治療

再評価
=============

という流れになります。

現場では、主流ですが、
答えから言うと、
学生指導や新人教育で、この関わりを最初から行うのは、
おすすめしません。

 

一番は、動作分析や観察には経験も必要ですし、
人によって意見が分かれることが多いから、
確実に混乱しやすいと思います。

 

その点をまずは、抑えておくことをおすすめします。

 

臨床現場では、評価をどのように捉えているか。

僕自身は、理学療法士ってこともあるけど、
「評価が大事、評価が大事。」って、
自分自身に刷り込んでた気がします。

だから、評価すること、観察することなどに、
重点をおいて、患者さんに関わってたと思います。

自戒の念を込めてですが、
「評価をするために、患者さんに接してしまっていた」時期があったことを思い出します。

さらに情けない話ではありますが、
評価実習の時に、深部腱反射検査を担当ケースに行わせていただいた時、
30分以上時間を賭けて行った記憶があります。。。
(大反省、バイザーも呆れて物が言えないようでした。)

解剖学や運動学などをベースに、評価に軸を置きながら、
患者さんの動きや生活をみることで、
ある程度の現象をつかめるようにはなってきましたし、
教科書や文献を通して、
考えられる要素、考察はできるようにはなってきたかと思います。

と、ここまでお読み頂いたなかで、
みなさん自身にも、

「評価をなぜするのか、評価が評価のためになっていないか」

というのは、
今一度考えておくことも必要では無いかと思います。

 

評価が大事と言われ、評価ができるようになったけど…

動作の制限や痛みが出てきてしまう原因は、
ある程度絞ることが出来るようになってきました。
ですが、当時の僕には

 

その問題を解決する術がないのです。

 

自分が考えた考察が合っていたと、証明することができなかったのです。

 

極端な例えで言うと、

「扉の鍵を開ければ開くことはわかっているけど、鍵をもっていない」

みたいなこと。

 

肩関節の最終屈曲位(140°)で、肩の前面に詰まり感を感じるという方の場合、

肩甲上腕リズムをベースに考えると、
肩甲上腕関節よりも、
肩甲胸郭関節や胸鎖関節、肩鎖関節の動きに制限があることが多いのは、
わかっているけど、それを変化させることができないってこと。

 

と、構造は同じかなと思います。

 

リハビリの流れを体得するためには???

 

結論からいうと、


変化を出す術(治療)を学び、
評価、考察、治療のサイクルを回す。

 

ですね。

臨床においては、

「治療ができる=評価ができる=考察の検証ができる」

ということであると考えています。

 

どれも大事なんです。

臨床の現場では、
この「評価⇔考察⇔治療」、
トライ&エラーの繰り返しです。

 

 

求められているのは、
そのサイクルをいかに早く回していくか。

 

その精度を上げていくことが大事。

 

そして、
その為にはなにより


自分自身が体感することが大切です。

 

体感することで、
人に伝えられるようにもなるし、
頭でわかっていたことが、体でもわかってきます。

ぜひ、評価や学生指導、新人教育などで、
お悩みの方はぜひ参考にしていてだければ幸いです。

IAIRでは、
臨床現場において、確実な結果を出せる療法士を育成することにコミットしています。
https://www.0553.jp/eventpay/list_view/?shop_code=4039511759765446

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

 

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

write by 渡邉 哲

 

→【IAIRセミナーページ】
https://iairjapan.jp/calendar

write by 渡邉 哲

◇◆◇◆◇◆お知らせ◆◇◆◇◆◇

IAIR創立祭やってます!!要チェックです!!

IAIRの公式LINEが始まりました!
まだ見られていない方は、是非遊んでみてくださいね。

お友達も1400名達成です^^!
LINE@特典のクーポンもございます^^

クリック↑

*******************************************************
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
E-MAIL:info■■iairjapan.jp(■■を@に変えてご使用ください)
HP:https://iairjapan.jp
Facebook:https://www.facebook.com/iairjapan/
渡邉個人Facebook:https://www.facebook.com/tetsu.watanabe.94

Instagram:https://www.instagram.com/iairjapan/
Twitter:https://www.instagram.com/iairjapan/

*****************************************************

Scroll to top