シロクマ実験

慢性痛 ~心理学で有名な“シロクマ実験”からの学び!~

“してはいけない!”と思っていても

 ついつい・・・
 
“してしまう!”ことってありませんか?
 

例えば・・・

食べ過ぎてはいけない、と分かっていても
ついつい食べ過ぎてしまう。など

あるいは、ある人に、

「それはしないでね!」
と【何回も注意】するのに、
期待通りにならない。

(子どもなど)

など。

いかがでしょうか?

そのような経験はありますか?

自分でもやめようと思っても、やめられない。
 
関わる人に、
あることをやめてほしいのに、やめてくれない。

実は、

その理由がわかる
心理学では有名な“シロクマ実験”があります。

これを知っていると、

自分の行動

そして、

相手の行動

の理解がより深まるでしょう。

 

◇シロクマ実験とは?

 

ご存じですか? “シロクマ実験”

(すでに、ご存じの方は一緒に復習してきましょう!)

この実験を行ったのは、

アメリカの心理学者である
ダニエル・ウェグナー氏。

記憶力を試す
「シロクマ実験」を行いました。

実験参加者を、A・B・Cの3つのグループに分け、

すべての
グループにシロクマの1日を
追った同じ映像を見せ、

それぞれのグループに
以下のように指示しました。
Aグループ:
 
「シロクマのことを覚えておくように」
  
Bグループ:
 
「シロクマのことを考えても考えなくてもいい」

Cグループ:
 
「シロクマのことだけは絶対に考えないでください」

という、指示。

そして・・・

一定の時間が経ったあと、
実験協力者に映像について
覚えているかを尋ねたとのこと。

その結果・・・

この実験において、
最も映像について詳しく
覚えていたグループは、


どのグループだと思いますか?

A

B

C

最も映像について詳しく覚えていたグループは、

「絶対に考えないで下さい」と言われた
Cグループであったとのこと。
 

いかがでしょうか?

正解できましたか?

◇シロクマ実験の説明としての皮肉過程理論

このシロクマ実験のポイントは、
「禁止される」とむしろ「やめにくくなる」
ということ。

代表的な例として、
たばこがあげられています。

「タバコをやめようと考えることで
よりタバコのことを考えてしまい、
タバコが吸いたくなる」

という例です。

その説明のために【皮肉過程理論】を提唱されたようです。

その理論とは、

「何かを考えないように努力すればするほど、
かえってそのことが頭から離れなくなる」

という現象を説明する理論。

皮肉過程理論では人間の思考過程を、
実行過程と監視過程に分けて考え、

「考えない」という命令を実行するために
思考を監視する監視過程を実行するためには
「考えること」を覚えて置く必要があるとし、

考えないという目的の達成のためには
考える必要があるとした理論である。

とのこと。
理解できましたか?

皮肉過程理論。

説明文にするとちょっとややこしいですね。

私が普段、対象の方に期待の行動を
お伝えするときに、意識しているのは、

禁止事項 より 実行する事を明確に!

お伝えすることです。

そしてその時、理由メリット等もあわせて
お伝えしてます。

◇シロクマ実験を活かしたシンプルな例

いくつか具体例を挙げてみましょう。

=====

・不安にならないで

安心して下さい。

なぜなら、・・・だからです。

=====

・腰痛のことは気にしないで

腰痛を感じたら、これできそうですか?

その時、もし・・・だったら大丈夫ですよ。

=====

・転ばないように注意して下さい。

足元に注意して歩いて下さい。

段差がありますから。

=====

<子どもの例>

・散らかさないでね。

使ったらここにしまってね。

次に使うときお母さんが使いやすいから。

=====

などなど

◇自分の言葉を意識してみませんか?

今回は、心理学で有名なシロクマ実験を
紹介いたしました。

私は、臨床や私生活で
活かせる実験だと感じております。

他人との関わりの場面

そして、

自分とも対話する中で、

・禁止事項の発言なのか、
 
・具体的な行動の発言なのか
という観点で、
使っている言葉を意識して頂くだけでも、
その後の行動や感情にも
変化が起こると思います。

このようなことも、
ILPTベーシックセミナーではお伝えしています↓

すべての人々の“ハッピー”のために。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

****

複合的腰痛アプローチ
IAIR Lumber back Pain Technology(ILPT)主宰

赤羽秀徳

****

追伸1

【腰痛だけじゃない!人生がより楽しくなる対話的技法】

 ~複合的腰痛アプローチ ILPTベーシックセミナー~
 
・「腰痛だけではなく、人間関係のことなど、視点が180度変わりました」
 (PT5年目川名さん)

・「臨床だけでなく、自分の生き方や他人の関わり方についても見直す良いきっかけとなりました」
 (横山さん PT1年目)

などの感想をいただいております。

詳細・受付は、こちらから
>>>https://iairjapan.jp/backpain

追伸2

時間や距離的な制約があり、ILPTセミナーに参加できない方は、
セミナー内容のポイント および
東大病院 特任教授の松平浩先生との特別対談を収録したILPT_DVD
で学んでいただき、明日から臨床に活かしていただくこともできます。

【一般の方からの感想です!】

長年腰痛に悩まされており、病院へ行っても、変形があるとか老化だとか言われるだけで解決にはならないと諦めぎみでした。
収録されているセミナーは専門家向けのものですが、NHKスペシャル「腰痛・治療革命」で注目の松平浩医師との対談も含まれており、パスワードで視聴可能になる特典映像も見ました。

明るくはっきりした口調で行われるセミナーでは、「腰痛に対する正しい情報を提供し、励ます態度をとること」
「ことばの使い方にも敏感で細やかな配慮をすべきこと」が強調され、徹底した「クライアントファースト」が印象的です。

このような指導を受けて学んでいる志の高い専門家たちがいるということを知って頼もしく思います。

科学は日進月歩だし、特に医療関係は真摯に勉強し続ける人に担って欲しいと常々思っています。対談も含めて、その点に信頼感と希望を感じました。

また「腰痛に悩む本人自身の主体性が重要であること」が強調されており、どこかゆがんでいようが年をとろうが、なんとかやっていけると強く勇気づけられました。

腰痛に悩む“素人”対象の具体的な指導も第二弾として期待します!

★IAIR会員の方はこちらから↓

★IAIR非会員の方はこちらから↓

追伸3

 

ILPTセミナー・コースの予習、復習となるとともに、
【温かなコミュニケーション】のコツなどもお届けしています。

【ILPT便り】の配信を希望される方は、
こちらをクリックすると簡単に無料で登録できます。

>>>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSrpbEvIRnM

【IAIR各地のセミナー情報】

からだの症状に対して短時間で解決できる方法を
学ぶコースが各地で開催されています!

お近くの会場をご確認ください。

https://iairjapan.jp/calendar

Scroll to top