リハビリに退屈

毎日の業務に退屈している後輩くんの指導法【IAIR関東情報3月号】(2)

IAIR関東情報

いつも大変お世話になっております。
IAIRの齋藤です。
今週の関東地区 限定情報をお届けします。

 

【1】スキル習得が目的になっていませんか?

 

「やる気なさそうにリハビリをしている後輩を見て心配なんです」

最近、そんな相談を受けました。

 

中堅だけど、管理職ではない。
その後輩の指導担当でもないから、声をかけたものか……

詳しく聞くとそんな不安も口にしていました。

 

相談の経過はひとまず割愛。

 

実はその後輩くんは「退屈」していました。

  • 仕事に慣れてきたことで、毎日同じ事の繰り返しに疑問。
  • 勉強会に行くようになり、刺激を受け、やる気に漲っていたのもつかの間、すぐにつまらなそうにする。
  • 仕事自体はきっちりこなしている。
  • 結果も出てる。

なのに「退屈」していました。

 

なぜかわかりますか?

 

理由は「スキル習得が目的」になっていたのです!

 

最初の頃は「患者さんをどうにかしたい!」と張り切っていたのですが、次第にあちこちの勉強会を巡るようになると、勉強したり、技術を習得する事が楽しくなってしまいました。

そのせいで、最初の目的を忘れてしまったのです。

 

結果「退屈」していたのです。

 

何かいい例はあるかな?
ドラクエとかFFでレベルを上げ過ぎたらラスボスが弱すぎて、盛り上がる前に倒しちゃった……的な?

 

ゲームのようには行かないものですが、少なくともその後輩くんはそんな気分になっていたそうです。

もちろん、最初の目的に立ち戻ることと、ある事をお伝えしたら、やる気を取り戻したそうです。

 

そのある事とは「出来ることと、出来ないことをはっきりさせよう」です。

 

スキル習得が目的化し退屈している人の多くは「出来ないこと」を補おうとするあまり、全部自分でやろうとしました。
その過程で、いつの間にか自分の出来ないことに蓋をし、好きで得意な部分を伸ばす事に注目しはじめたのです。

ええ、それ自体は良い事です。

ですが、得意なことを伸ばして、更に理論武装して、人の話を聞かなくなる傾向があります。

 

幸運にも、後輩くんはそこに片足を突っ込みかけたところで戻る事ができました。

 

さて、改めて皆さんはどうですか?

 

退屈になる余裕も無いほど日々に追われ、むしろ不安になっているのでしょうか?

 

実は、退屈している人にも、不安になっている人にも、おすすめの講義があります。

 

一番いいのは、IAIR認定セラピストコースがおすすめです。
毎月継続して1年間しっかり学ぶ事で、療法士としての技術と考え方の両方を練り上げていきます。

  • 退屈している人には、学ぶ目的を毎月再確認しつつ、新たな技術を系統立てて学び続けられます。
  • 不安になっている人には、余裕が無くなる原因の一つである結果の出せる技術と、出した結果から統合と解釈をする方法を繰り返し、出来るまで学べます。

そう、学べるのですが……コース開始は9月からなんです。

なので、IAIR体験型入門セミナーシリーズがおすすめです。

 

近日開催の一覧をご覧ください。

 

IAIRでお伝えしている「組織滑走法」をリハビリの現場で活用し、患者さんの生活にどう繋げるのかを9月までに領域別に学んでいけます。

まずは試しに、参加してみてはいかが?

 

 

【2】オススメ講座情報

組織滑走法™️(TGA)を全身で行うために、系統立てて学んでみませんか?
もちろん、部位別に学ぶこともできます!

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 骨盤アプローチ1・2
・仙腸関節と股関節に介入するためのTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で確実な結果が出せる 脊柱アプローチ1・2
・頚部、胸部、腰部の可動性を改善するTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

臨床で結果が出せない原因が分かる リハビリセラピストTUNE UPセミナー
・アプローチを行う為の効率的な身体の使い方を学びます。
>>> 申込みはコチラ

評価と調整の為の触診”達人のタッチ”
・リハビリを行うにあたっての最適なタッチを習得します。
>>> 申込みはコチラ

頸部体幹調整の為の筋膜、軟部組織アプローチ1・2
・体幹を効果的に使う為のTGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる上肢アプローチ1・2
・上肢の問題を解決するための各種TGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

リハビリの臨床で結果が出せる 下肢アプローチ1・2
・下肢の問題を解決するための各種TGAを学びます。
>>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定対策
・B-class検定前に各TGAの復習を行います。
>>> 申込みはコチラ

B-class Therapist 検定
・筆記試験と実技試験を通じB-classの習得を確認し、認定します。
>>> 申込みはコチラ

B-classコース申し込みはコチラ

B-class検定合格者は、以下のA-class講義に進学できます。
シングルファクターからマルチファクターへの関わりに比重が置かれます。
不定愁訴や、その方の生活、習慣、環境面に関わると共に、生理学、生化学的な背景をリハビリテーション評価につなげ、よりその人らしい人生となるようアプローチできる療法士を目指します。

 

会場でお会いできる事を楽しみにしております!

 

【3】今週のIAIRコラム

◆ 徒手療法、運動療法でフォーカスするポイント

◆ 【臨床におけるフレームワークの重要性】

◆ 【会員向け】2018→2019 IAIR会員制度更新について。

◆ 俺はもうダメだ……あとは任せる!【5年目を過ぎた療法士の君へ】(特別版)

◆ 歩きや走りにおいて、大切な足部のはたらき。

◆ 機能障害と活動制限の関連性を紐解く方法。

◆ 膝の痛みに対する効果的な運動療法「股関節からの戦略」

 

会員限定オンラインサロン開始!

IAIR-Cafe

現在、今年度のIAIR会員の皆様向けに、オンラインサロンを開始しました。
IAIR理事によるLIVE動画、サロン参加者のみに提供される最新情報、近い地域で行われる飲み会やお茶会などのオフ会、イベント情報などを提供します。

まずはIAIR会員になってみませんか?

IAIR会員の詳細はコチラ

 

IAIR公式LINE@はじめました!

セミナー情報や、LINEのお友達限定クーポンや
イベントを開催しております!
今すぐクリックして友達になってください!
友だち追加

 

その他のお知らせ

今月のセミナー予定はこちら

よくあるご質問と回答はこちら
https://iairjapan.jp/faq

ご質問・リクエストなどはこちらから
https://iairjapan.jp/contact

 

迷惑メールフォルダに自動振り分けされてませんか?

IAIRメールマガジンが「迷惑メール」に入ってしまうと、
これからお届けする大切な情報がご視聴いただけなくなります。

これからお送りするコラムやテクニック、
動画や会員限定情報を見逃さないためにも、
是非メールの振り分け設定をしてください。

現時点では「迷惑メールフォルダ」に入っていない場合でも、
最近のメールソフトのセキュリティ対策が強すぎるため、
今後「迷惑メールフォルダ」に入ってしまう場合があります。

詳しい情報は下記に載っています。
1〜2分で済む簡単な作業ですので、
是非流れにそって設定をお願いいたします。
迷惑メール対策はコチラ

 

IAIR関東限定メールに登録したい方はコチラ

登録はコチラ >>> https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMeAbnu

 

Scroll to top