療法士の自信

療法士の自信を取り戻すたった一つの方法【5年目を過ぎた療法士の君へ】(20)

今回でこのシリーズもとうとう20回目。

現場で色々見えてきて、アレコレ考えてしまう、5年目を過ぎているあなたの助けになっているでしょうか?

今日はこれまでも何度か話題になった「自信を取り戻す」話。

療法士が自信を失った時、復活を遂げるキッカケになったたった一つの事を紹介します。

 

◆最初に答えを言えば……

原点回帰

最初に答えを言ってしまえば、療法士が自信を失った時、復活を遂げるキッカケになった事とは……

「原点回帰したこと」

です。

うわ、また出たよ、原点回帰論!とか言わないでください。

そこにはちゃんとした理由があるんですから。

 

◆なぜ原点回帰が有効か?

理由

理由がある、と言ったからには根拠がハッキリしているんだろうな?

とツッコまれそうですね。ドキドキしてきました。

大きく分けると2つ。

  1. 療法士になった理由を再確認できる。
  2. そもそも療法士って何?を再確認できる。

この二つが確認できる事で、療法士人生を何度でもやり直せます!

 

◆療法士になった理由がわかれば自信が取り戻せるのか?

自信

では、なぜ療法士になった理由がわかれば自信が取り戻せるのでしょう?

何、答えはもの凄くシンプルです。

「誰が何と言おうと、あなたの体験した過去にケチをつけられるやつはいない。それでもケチをつけようというなら、そいつが何様だ」

ってことです。あなたが体験した過去は、あなたにしか体験し得なかったものです。

その結果として、長い学習期間と国家試験を経て、療法士になったんです。

そこに文句を言えるのは、あなただけです。

あなた以外の誰かが何かを言ったところで、的外れもいいところです。

「あなたは、どんな体験から療法士を志したのですか?」

 

◆そもそも療法士って何?を再確認できれば自信を取り戻せるのか?

在り方

そもそも療法士って何ですか?

では、理学療法は?作業療法は?言語聴覚は?

これらを明確に記述しているものがあります。

「各療法の定義」

です。

それぞれの内容は各自で調べるとして……そこには、理学療法の定義、作業療法の定義、言語聴覚療法の定義が記載されています。5年目を過ぎた頃から、自分の行なっているリハビリが、本当に自分の資格に見合った内容なのか自信がなくなります。

もっとできたんじゃないか?という疑念かもしれません。

でも、そこで不安になってはダメ!

不安は自分の中からしか生まれません。不明瞭な情報があるからこそ、不安になるんです。

だったら……自分のリハビリの大元の定義を見直してみましょうよ。

2018年には作業療法の定義が新しくなりました。時代の変化、社会の変化、生活様式の変化にあわせてOTの皆さんが尽力して改訂しました。

そこに、どんな想いがあたのかを紐解いていくだけでも、あなたの作業療法士としての在るべき姿が浮き彫りになります。

おっと、そうだ。先日2/15にOT協会さんがJ-STAGEにて「作業療法」の公開を始めましたね。

そこで新定義の経緯を公開してますので、参考に読んでみましょう。

今、現場で行なっている事、在るべき姿、するべき行動が全て書かれてますよ。

 

◆まとめると……

今日の話をまとめると……

  • 原点回帰しよう。
  • 療法士になった理由を思い出そう。
  • 療法士の定義を確認しよう。

です。

僕たち療法士が自信を失っている間も、患者さん、クライエントさんの人生は動いています。

僕らが時を止めてはいられませんね。

原点回帰して、改めて進み始めましょう!

IAIR副会長齋藤信
IAIR 齋藤 信

追伸

TGA体験

IAIRでは、成長を約束しています。そこでIAIRの目指す療法士像も紹介しています。

ですが、それは各療法士の定義を侵すものではありません。

むしろ改めて「療法士でよかった!リハビリできてよかった!」と実感していただけるでしょう。

そんな講義が近日開催されます。まずは以下のリンクをチェックしてみましょう!

IAIRコンセプトに基づくTGA体験講座はこちら
>>> https://iairjapan.jp/infoseminner

TGAの紹介はこちら>>>https://iairjapan.jp/about-tga

 

 

TGA(組織滑走法™️)が受講できる講義はこちら

  • 中国

    • イベント無し

 

Scroll to top